2008年12月26日

人生とは床にワックスを・・・


Life is not having been told that the man has just waxed the floor.

人生とは、床にワックスを塗ったばかりだと教えてもらえないこと。
(オグデン・ナッシュ)


Do not be deceived; God is not mocked, for whatever a man sows, that he will also reap.

思い違いをしてはいけません。神は、人から侮られることはありません。人は、自分の蒔いたものを、また刈り取ることになるのです。
(ガラテヤの信徒への手紙)

● 編集後記

2008年12月19日

なぜおんどりはロビンソンなのか・・・


"Why did the farmer call his rooster Robinson ?"
"Because it crew so."

「なぜその農夫はおんどりをロビンソンと呼んだのか?」
「おんどりがひどく鳴いたから」
(なぞなぞ)

※crewはcrow(鳴く、ときをつくる)の過去形で、crew soの読みは「クルーソー」、ダジャレです。


He who lies down with dogs will rise with fleas.

朱に交われば赤くなる。
(ことわざ)

2008年12月12日

今日、証明されていることは・・・


Success is simple. Do what's right, the right way, at the right time.

成功とは単純なものだ。正しいことを、正しい方法で、正しいときに行えばいい。
(アーノルド・H・グラソー)


What is now proved was once only imagined.

今日、証明されていることは、かつては想像上のものでしかなかった。
(ウィリアム・ブレイク)

2008年12月05日

人類の大きな悲劇とは・・・


One of the great tragedies of mankind is that morality has been hijacked by religion.

人類の大きな悲劇とは、道徳性が宗教にハイジャックされたことにある。
(アーサー・C・クラーク)


If you can't stand the heat, get out of the kitchen.

熱いのが嫌なら、台所から出て行け。
(ハリー・S・トルーマン)


※台所がどこを指すか、お分かりですね。麻生さんも熱そうです。

2008年11月28日

結婚記念日のお祝いを発明したやつを・・・


What ought to be done to the man who invented the celebrating of anniversaries? Mere killing would be too light.

結婚記念日のお祝いなどというものを発明したやつを、どんな目に遭わせようか。ただ殺すくらいでは軽すぎる。
(マーク・トウェイン)


I have enough money to last me the rest of my life unless I buy
something.

私には余生を送るのに十分な蓄えがある。ただし、買い物をしなければの話だが。
(ジャッキー・メイソン)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。