2011年03月31日

一時休止のお知らせ


メルマガを始めて、ほぼ4年が過ぎました。また、このほど正式にニューヨーク・タイムズの電子版が有料化されました。いい頃合いです。この辺でちょっと立ち止まってみます。

Letter to Our Readers: Times Begins Digital Subscriptions
( New York Times )

On Monday, The New York Times took a major step forward as we introduced digital subscriptions in the United States and the rest of the world. Since we first announced our plan 11 days ago, we have heard from so many of you, our readers. We are grateful for your feedback and, most of all, for your commitment to The Times.

As I have said previously, the introduction of digital subscriptions is an investment in our future. It will allow us to develop new sources of revenue to strengthen our ability to continue our journalistic mission as well as undertake digital innovations that will enable us to provide you with high-quality journalism on whatever device you choose.


【 まずは準備運動 】

・subscription 購読契約、署名、寄付
・commitment 献身、深い関与、約束
・revenue 収入、歳入



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

On Monday, /
月曜日に /

The New York Times took a major step forward
ニューヨーク・タイムズは前方への主要な一歩を取った

as we introduced digital subscriptions
私たちがデジタル・サブスクリプションを導入したときに

in the United States and the rest of the world.
アメリカと残りの世界で

Since we first announced our plan 11 days ago,
私たちが11日前に最初に計画を発表して以来

we have heard from so many of you, our readers.
私たちは私たちの読者あなたたちのとても多くから便りをもらった

We are grateful for your feedback
私たちはあなたたちの意見に感謝している

and, most of all,
そしてすべての中で最大に

for your commitment to The Times.
あなたたちのタイムズへのコミットメントに


As I have said previously,
私が以前に言ったように

the introduction of digital subscriptions
デジタル・サブスクリプションの導入は

is an investment in our future.
私たちの未来への投資だ

It will allow us to develop new sources of revenue
それは私たちに新しい収入の源を開発するのを許すだろう

to strengthen our ability to continue our journalistic mission
私たちのジャーナリストとしての使命を続けるための力を強めるために

as well as undertake digital innovations
同様にデジタル革新に取り組む

that will enable us to provide you with high-quality journalism
それらは私たちにあなたたちに高い質のジャーナリズムを提供することができるようにするだろう

on whatever device you choose.
あなたたちが選ぶどんなデバイスにおいても


【 英語ってどんな海? 】

という訳です。これからは毎月20本の記事は無料で読めますが、それ以降は、ホームページや各セクションのトップページを除いて、お金を払わないと閲覧できません。

でも、ご安心を。フェイスブックやツィッター、ブログや検索エンジン経由のアクセスは無料で、回数の制限もほとんどありません。

また、無料のニュースレターを購読している場合も、20本のリミットに関わらず、そこにリンクされている記事はそのまま読むことができます。英語学習のためにNYTを利用したいという人は、これが一番いい方法かなと思います。

有料化と言っても、実質的にはコアなNYTファンの援助を請うような内容です。訥々と窮状を訴える記事などもあったのですが、NYT自体も読者増のために利用しているソーシャル・メディアの影響力は無視できない。そんな事情なのでしょう。

さて、当メルマガもいったんお休みして、リニューアルを図ります。これまで書いてきて、力不足を痛感することも多々ありました。復習を兼ねて、記事をざっと読み直してみようとも思っています。それが今後のメルマガの配信にも役に立つような気がします。

東日本大震災から日本はどう復興していくのか。それを海外メディアはどう伝え、どう評価するのか。興味あるところです。時事英語リーディングのためのメルマガという体裁は変えずに、2か月後ぐらいをめどに再開する予定です。


【英語の海の豊かな一滴】

We live in an age when pizza gets to your home before the police.

私たちは警察より先にピザが家に来るような時代に生きている。
(ジェフ・マーダー)


It is only possible to live happily ever after on a day-to-day basis.

それからずっと幸せに暮らしましたとさには、ただ一日一日の積み重ねあるのみ。
(マーガレット・ボナーノ)


【 日本の陸に上がってみると 】

読者への手紙、ニューヨーク・タイムズ電子版の有料化スタート
( New York Times )

月曜日、ニューヨーク・タイムズは将来に向けて大きな一歩を踏み出し、米国とその他の世界におけるデジタル・サブスクリプション制を開始しました。11日前に初めて計画を発表して以来、読者の皆様からはたくさんの声をいただきました。私たちはその意見、とりわけニューヨーク・タイムズへの高配に感謝しています。

以前に述べたとおり、デジタル・サブスクリプション制の導入は未来への投資です。この新たな収入源の開拓で、私たちは力強くジャーナリズムの使命を果たし、デジタル革新にも取り組むことができるようになります。読者にはデバイスの選択を問わず、良質なジャーナリズムを提供することができるようになるのです。


【 もう一度、泳ごう 】

Letter to Our Readers: Times Begins Digital Subscriptions
( New York Times )

On Monday, The New York Times took a major step forward as we introduced digital subscriptions in the United States and the rest of the world. Since we first announced our plan 11 days ago, we have heard from so many of you, our readers. We are grateful for your feedback and, most of all, for your commitment to The Times.

As I have said previously, the introduction of digital subscriptions is an investment in our future. It will allow us to develop new sources of revenue to strengthen our ability to continue our journalistic mission as well as undertake digital innovations that will enable us to provide you with high-quality journalism on whatever device you choose.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/idwmrS


● 編集後記

準備が整い次第、ご連絡します。そのままの姿勢でお待ちいただけると幸いです。それではまたお会いしましょう。





posted by K.Andoh | Comment(6) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
いつも更新を楽しみにしていました

早く戻って来てください

待っています
Posted by Jin at 2011年04月04日 07:40
輝ける知性に光が絶えることはない
Posted by at 2011年04月04日 16:03
Jinさん
ご愛読ありがとうございます。
6月ぐらいには新装開店したいと思っていますので、そのときまで待っていてくださいね。

名無しさん
そうありたいものです。

Posted by K.Andoh at 2011年04月06日 21:55
ありがとうございました!これからもよろしくお願いします!
Posted by たま at 2011年04月07日 03:24
長い間、お疲れ様でした!
Posted by 英語リーディングスクール at 2011年05月07日 02:28
たまさん
どういたしまして。

英語リーディングスクールさん
少し休んでから、再開します。
Posted by K.Andoh at 2011年05月09日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193496317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。