2011年03月29日

ハリウッドの魅惑の光り輝く頂点


A Lustrous Pinnacle of Hollywood Glamour
( New York Times Japan Times )

Elizabeth Taylor, the actress who dazzled generations of moviegoers with her stunning beauty and whose name was synonymous with Hollywood glamour, died on Wednesday in Los Angeles. She was 79.

In a world of flickering images, Elizabeth Taylor was a constant star. First appearing on screen at age 10, she grew up there, never passing through an awkward age. It was one quick leap from “National Velvet” to “A Place in the Sun” and from there to “Cleopatra,” as she was
indelibly transformed from a vulnerable child actress into a voluptuous film queen.

There was more than a touch of Ms. Taylor herself in the roles she played. She acted with the magnet of her personality. Although she could alter her look for a part ? putting on weight for Martha in “Virginia Woolf” or wearing elaborate period costumes -- she was not a chameleon, assuming the coloration of a character. Instead she would bring the character closer to herself. For her, acting was “purely intuitive.” As she said, “What I try to do is to give the maximum emotional effect with the minimum of
visual movement.”

Sometimes her film roles seemed to be a mirror image of her life. More than most movie stars, she seemed to exist in the public domain. She was pursued by paparazzi and denounced by the Vatican. But behind the seemingly scandalous behavior was a woman with a clear sense of morality: she habitually married her lovers. People watched and counted, with
vicarious pleasure, as she became Elizabeth Taylor Hilton Wilding Todd Fisher Burton Burton Warner Fortensky -- enough marriages to certify her career as a serial wife. Asked why she married so often, she said, in an assumed drawl: “I don’t know, honey. It sure beats the hell out of me.”


【 まずは準備運動 】

・dazzle 目をくらます、まぶしくする
・indelibly 消えないように、永久に.(delete:削除する、消す)
・voluptuous 肉感的な、色っぽい
・coloration 着色、配色、(生物の)天然色
・intuitive 直観的な(名詞:intuition)
・vicarious (他人の経験を)想像して感じる、代理をする
・drawl ものうげに言う、母音を引き延ばして言う



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Elizabeth Taylor, /
エリザベス・テイラーは /

the actress who dazzled generations of moviegoers
映画へ行く人たちの数世代を目をくらませた女優

with her stunning beauty
彼女の驚くべき美しさで

and whose name was synonymous with Hollywood glamour,
そして彼女の名前はハリウッドの魅惑と同義だった

died on Wednesday in Los Angeles.
ロサンゼルスで水曜日に死んだ

She was 79.
彼女は79だった


In a world of flickering images,
明滅するイメージの世界で

Elizabeth Taylor was a constant star.
エリザベス・テイラーはコンスタントなスターだった

First appearing on screen at age 10,
10歳で最初にスクリーンに現れながら

she grew up there,
彼女はそこで成長した

never passing through an awkward age.
厄介な年齢を決して通過しないで

It was one quick leap
それは一つの速い跳躍だった

from “National Velvet” to “A Place in the Sun”
「緑園の天使」から「陽のあたる場所」へ

and from there to “Cleopatra,”
そしてそこから「クレオパトラ」へ

as she was indelibly transformed
彼女が永久に変形させられた

from a vulnerable child actress into a voluptuous film queen.
傷つきやすい子供女優から肉感的な映画の女王へと


There was more than a touch of Ms. Taylor herself
テイラーさん自身のタッチより大きなものがあった

in the roles she played.
彼女が演じた役柄に

She acted with the magnet of her personality.
彼女は彼女のパーソナリティーの磁石で演じた

Although she could alter her look for a part --
彼女は役柄のために彼女の見た目を変えることができたが

putting on weight for Martha in“Virginia Woolf”
「バージニア・ウルフなんかこわくない」でのマーサのために体重を増やしている

or wearing elaborate period costumes --
あるいは精巧な時代の衣装を着ている

she was not a chameleon,
彼女はカメレオンではなかった

assuming the coloration of a character.
キャラクターの配色を帯びながら

Instead she would bring the character closer to herself.
代わりに彼女はキャラクターを彼女自身へとより近く運んだものだ

For her, acting was“purely intuitive.”
彼女にとって演んじることは「純粋に直観的」だった

As she said,
彼女は言ったように

“What I try to do
「私がしようとしていることは

is to give the maximum emotional effect
最大の感情の効果を与えることだ

with the minimum of visual movement.”
最小の視覚的な動きで」


Sometimes her film roles seemed to be a mirror image of her life.
時々彼女の映画の役柄は彼女の人生の鏡像であるかのようだった

More than most movie stars,
ほとんどの映画スターよりも多く

she seemed to exist in the public domain.
彼女はパブリックドメインで存在するかのようだった

She was pursued by paparazzi and denounced by the Vatican.
彼女はパパラッチによって追いかけられそしてバチカンによって非難された

But behind the seemingly scandalous behavior
しかし見たところスキャンダラスな振る舞いの背後に

was a woman with a clear sense of morality:
明確な倫理の感覚を持った女性がいた

she habitually married her lovers.
彼女は習慣的に彼女の恋人と結婚した

People watched and counted,
人々は見てそして数えた

with vicarious pleasure,

代理の喜びで

as she became Elizabeth Taylor Hilton Wilding Todd Fisher Burton
Burton Warner Fortensky --
彼女がエリザベス・テイラー・ヒルトン・ワイルディング・トッド・フィッシャー・バートン・バートン・ウォーナー・フォーテンスキーになったときに

enough marriages to certify her career as a serial wife.
彼女のキャリアをシリアル・ワイフとして認定するのに十分な結婚

Asked why she married so often,
彼女はなぜそれほどしばしば結婚するのかと問われて

she said,
彼女は言った

in an assumed drawl:
態度として取られた引き延ばし口調で

“I don’t know,honey.
「私は分かりません、ハニー

It sure beats the hell out of me.”
それが確かに私をこっぴどく打つのです」


【 英語ってどんな海? 】

「Beauty Incarnate」、すなわち「美の権化」。というわけで今回は、ハリウッド全盛期の大女優の訃報です。

見出しにある「魅力、魅惑」の「glamour」ですが、英英辞書にはこんな但し書きがありました。

Many words, such as honor, vapor, and labor, are usually spelled with an -or ending in American English but with an -our ending in British English. The preferred spelling of glamour, however, is -our, making it an exception to the usual American practice.

(「honor」、「vapor」(蒸気)、「labor」などの多くの言葉の最後はアメリカ英語では通常「-or」、イギリス英語では「-our」と綴られる。だが、
「glamour」の好まれる綴りは「-our」で、アメリカでの例外的な慣用になっている)

第2パラグラフです。「flicker」は光や炎などが「明滅する、点滅する」。俗に「映画」の意味でも使います。

「awkward」は「不器用な、ぎこちない、ぶざまな、扱いにくい」。辞書には「awkward age」で「思春期」という訳語が載っています。僕は読んでいませんが、『The Awkward Age』というのはヘンリー・ジェイムズの小説のタイトルだそうです。

「vulnerable」は「傷つきやすい、被害を受けやすい」。攻撃や批判などに弱いということです。よく使われる言葉です。子役スターとして脚光を浴びた人が伸び悩んで消えていく。よくあるパターンです。

第3パラグラフです。「personality」と「character」はどう違うのか。英英辞書の説明を一部引いておきますと、「personality」は、

Someone's character, especially the way they behave towards other
people.

(人のキャラクターのことで、特に他人に対する振る舞い方)

で、その「character」はと言うと、

The particular combination of qualities that makes someone a
particular type of person.

(固有の特質の組み合わせのことで、それが人を固有のタイプにする)

違いが分かったでしょうか。使い分けが難しそうですが、語源にさかのぼると、ニュアンスの違いはだいぶ見えてきます。アルクさんの以下のページをどうぞ。

http://www.alc.co.jp/eng/vocab/tobira/18.html

記事で使われているように、「character」は映画や小説の「登場人物」でもあります。「character actor」と言えば、特異な人物を演じる「性格俳優」のことで、ロバート・デ・ニーロとか、ダスティン・ホフマンです。また、いわゆる「テレビタレント」は「TV personality」です。

「assume」も難しい言葉です。責任・任務などを「引き受ける、担う」、ある性質・様相などを「帯びる」、ある態度を「取る、身につける」、「当然のことと思い込む」など。重要な単語なので、辞書で確認してください。

第4パラグラフです。「But behind…」の文は倒置で、「a woman」が主語です。

「as she became Elizabeth Taylor Hilton Wilding…」と延々と続くのはエリザベス・テイラーが結婚した男性の名前で、連続して出てくる「Burton」は同一人物の俳優リチャード・バートンです。

「serial wife」は「連続奥さん」。「serial killer」なら「連続殺人犯」。洋の東西を問わず、時に、お金目当てに男性と結婚しては殺害するという女の人が現れます。話は違いますが、『シリアル・ママ』(serial mama)という面白い映画もありました。

「beat the hell out of〜」は「〜をこっぴどく殴る、とことん打ち負かす」。「hell」(地獄)はもちろん品のよくない言葉ですが、日常会話では単なる意味の強調としてよく使われます。

ここでの意味は「It beats me.」でしょう。「私にはさっぱり分かりません」。これは覚えておいたほうがいいですよ。


【 日本の陸に上がってみると 】

ハリウッドの魅惑の光り輝く頂点
( New York Times )

その女優は息を飲む美しさで何世代もの映画ファンを圧倒し、その名前はハリウッドの魅惑の代名詞だった。エリザベス・テイラーが水曜日、ロサンゼルスで亡くなった。79歳だった。

明滅するイメージの世界で、エリザベス・テイラーは常にスターだった。10歳で初めてスクリーンに現れてから、そこで育ち、厄介な年頃を経験することもなかった。『緑園の天使』から『陽のあたる場所』までは一足飛びで、そこから『クレオパトラ』へと至る中で、傷つきやすい子役女優から官能的な銀幕の女王へと永遠の変貌を遂げた。

テイラーが演じた役柄には彼女自身の雰囲気を超えるものがあった。彼女は自らの人格の魅力で演じた。役柄のために見た目を変えることもできた(『バージニア・ウルフなんかこわくない』のマーサ役のために太ったり、精巧な史劇の衣装を着たりした)が、カメレオンではなかった。キャラクターの色合いをまとった。それどころか、キャラクターを自分自身に引きつけた。彼女にとって、演技は「純粋に直感的なもの」だった。生前に語っていたように、「私がやろうとしているのは、最小限の視覚的な動きで最大限の感情的な効果を引き出すことです」。

時に、映画での役柄は鏡に映った自身の人生のようだった。大半の映画スターにもまして、彼女の存在は公共物のようだった。パパラッチに追いかけられ、バチカンには責められた。だが、スキャンダラスな振る舞いという印象の背後には、明確な倫理観を持った女性がいた。彼女は絶えず恋人と結婚した。人々が我が事のように喜んで見守り数える中、彼女はエリザベス・テイラー・ヒルトン・ワイルディング・トッド・フィッシャー・バートン・バートン・ウォーナー・フォーテンスキーになった。これだけ結婚すれば、彼女の経歴をシリアル・ワイフと認定するのに十分だ。どうしてそんなに何度も結婚するのかと聞かれた彼女は、わざと間延びした口調で言った。「どうかしら、あなた。あたしにも分からないから参ってるのよ」


【 もう一度、泳ごう 】

A Lustrous Pinnacle of Hollywood Glamour
( New York Times Japan Times )

Elizabeth Taylor, the actress who dazzled generations of moviegoers with her stunning beauty and whose name was synonymous with Hollywood glamour, died on Wednesday in Los Angeles. She was 79.

In a world of flickering images, Elizabeth Taylor was a constant star. First appearing on screen at age 10, she grew up there, never passing through an awkward age. It was one quick leap from “National Velvet” to “A Place in the Sun” and from there to “Cleopatra,” as she was
indelibly transformed from a vulnerable child actress into a voluptuous film queen.

There was more than a touch of Ms. Taylor herself in the roles she played. She acted with the magnet of her personality. Although she could alter her look for a part ? putting on weight for Martha in “Virginia Woolf” or wearing elaborate period costumes -- she was not a chameleon, assuming the coloration of a character. Instead she would bring the character closer to herself. For her, acting was “purely intuitive.” As she said, “What I try to do is to give the maximum emotional effect with the minimum of
visual movement.”

Sometimes her film roles seemed to be a mirror image of her life. More than most movie stars, she seemed to exist in the public domain. She was pursued by paparazzi and denounced by the Vatican. But behind the seemingly scandalous behavior was a woman with a clear sense of morality: she habitually married her lovers. People watched and counted, with
vicarious pleasure, as she became Elizabeth Taylor Hilton Wilding Todd Fisher Burton Burton Warner Fortensky -- enough marriages to certify her career as a serial wife. Asked why she married so often, she said, in an assumed drawl: “I don’t know, honey. It sure beats the hell out of me.”


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/hy8t38


● 編集後記

ウインドウズ7搭載のノートパソコンを買いました。なるほど、ウインドウの操作性と、タスクバーの機能が大幅に強化されていました。タイトルバーを押さえてブルブルっと揺すると、他のウインドウがみな振り落とされる。なかなか面白いです。





posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。