2011年03月07日

ネット・カンニングに揺れる日本の大学入試


Internet Cheating Scandal Shakes Japan Universities
( New York Times )

On Tuesday, the police began a manhunt for one or possibly more users who are believed to have used a single online handle, “aicezuki,” to cheat on exams at Kyoto University and three other top universities. The schools say they suspect test takers used cellphones to post the questions on the site and get the answers while the tests were still in progress.

While it is unclear whether more than one person was involved, the episode has become a national scandal, raising questions about how to monitor the grueling exams, the main route to success in Japan, in an era of smartphones and instant Internet access.

It also touched a nerve in a proudly egalitarian nation that has struggled to come to terms with its growing economic and social inequalities. Many here are wondering aloud whether admission to top universities -- a ticket to a top corporate or government job -- remains as merit-based as it used to be, or whether some young people are unfairly getting a leg up, in this case from misuse of new technologies.


【 まずは準備運動 】

・involve 含む、伴う、巻き込む
・struggle 苦闘する、努力する
・admission 入るのを許す(許される)こと(動詞:admit)


【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

On Tuesday, /
火曜日に /

the police began a manhunt for one or possibly more users
警察は1人または多分より多くのユーザーに対するマンハントを始めた

who are believed to have used a single online handle,
彼らはひとつのオンライン・ハンドルを使ったと信じられている

“aicezuki,”
アイスズキ

to cheat on exams at Kyoto University
京都大学での試験でだますために

and three other top universities.
そして他の3つのトップの大学

The schools say
学校は言う

they suspect
彼らは疑う

test takers used cellphones to post the questions on the site
テスト受け人はサイトに問題をポストするために携帯電話を使った

and get the answers
そして解答を得る

while the tests were still in progress.
テストがまだ進行中だった間に


While it is unclear
それは明らかでないが

whether more than one person was involved,
ひとりより多くの人が含まれていたのかどうか

the episode has become a national scandal,
エピソードは国家的なスキャンダルになった

raising questions about how to monitor the grueling exams,
グル―リングな試験をモニターする方法についての疑問を上げている

the main route to success in Japan,
日本においての成功へのメインルート

in an era of smartphones and instant Internet access.
スマートフォンと即座のインターネットアクセスの時代における


It also touched a nerve in a proudly egalitarian nation
それはまた誇らしげに平等主義的な国において神経に触れた

that has struggled to come to terms
それは受け入れようと苦闘している

with its growing economic and social inequalities.
その成長する経済的社会的不平等と

Many here are wondering aloud
ここでは多くの人が声を上げて不思議に思っている

whether admission to top universities --
トップの大学へ入ることは(・・・かどうか)

a ticket to a top corporate or government job --
トップの企業または政府の仕事へのチケット

remains as merit-based as it used to be,
それ(admission…)がかつて(merit-based)あったのと同じようにメリット・ベースのまま残る

or whether some young people are unfairly getting a leg up,
あるいは何人かの若者が不正にレッグアップを得ている

in this case from misuse of new technologies.
新しいテクノロジーの悪用からのこのケースにおいて


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、大騒ぎになった入試ネット・カンニング事件を。記事の第3段落から行きます。

■ cheating

「カンニング」は和製英語です。「だます、ごまかす」の「cheat」を使います。他に「浮気する」という場合も。

「manhunt」は行方不明の「犯人捜し」。「狩りをする」の「hunt」はこのような探し物をする際に用います。「job-hunting」なら「職探し」。「hunt for a room」で「部屋を探す」。

「in progress」は「進行中で」。この前の段落には同じ意味の「under way」という熟語が出ていました。

第2パラグラフです。「grueling」を英英辞書で調べてみますと、

Physically or mentally demanding to the point of exhaustion.
(肉体的または精神的に疲れきるまで多くを要求するような)

よく使われる単語です。「demanding」も要注意。

■ nerve

第3パラグラフです。「touch a nerve」は「神経に触れる」。日本でも「神経に障る」と言いますから、同じような発想です。念のため、この「nerve」を調べてみますと、

A sore point or sensitive subject.
(痛いところ、または繊細な問題)

「nerve」は「図々しさ、厚かましさ」の場合もあります。

「egalitarian」は「平等主義(の)」。この後に「不公平」の「inequality」が出てきますが、頭の部分が「equal」と似ています。

「come to terms」は「(受け入れがたいことを)受け入れる、妥協する」。

英語の「merit」とカタカナの「メリット」にもちょっとズレがあるようです。名詞で「価値、長所、功績」で、動詞で賞罰などに「値する」。英英辞書には、

Demonstrated ability or achievement.

という説明もありました。

「leg up」は、高い馬に乗ろうとする人のために、手を組んで足場を作って押し上げるような「手助け、援助」です。


【 日本の陸に上がってみると 】

ネット・カンニングに揺れる日本の大学入試
( New York Times )

火曜日、警察は捜索を開始した。1人、もしくは複数の人物が「aicezuki」という1つのオンライン・ネームを使って、京都大学とその他3つの一流大学の試験でカンニングをしたと考えられるからだ。大学によれば、受験者は試験がまだ行われている最中に携帯電話を使ってサイトに問題を投稿し、解答を得ていたのではないかという。

複数の人物が関わっていたのかどうかについては明らかでないが、事件は国家的なスキャンダルになった。日本における成功の主要コースである厳しい試験を、スマートフォンでインターネットに即座にアクセスできる時代にいかに監視するのかという疑問が持ち上がった。

事件はまた、平等主義を誇りながらも、増大する経済的・社会的格差と折り合いをつけようともがいている日本の泣き所を突いた。多くの人が首を傾げながら問うている。果たして、一流企業や政府職の切符である一流大学の入試が、かつてのように能力本位で行われ続けるのか。それとも、一部の若者が不正を働いて足抜けするようになるのか。この事件では新しいテクノロジーが悪用された。


【 もう一度、泳ごう 】

Internet Cheating Scandal Shakes Japan Universities
( New York Times )

On Tuesday, the police began a manhunt for one or possibly more users who are believed to have used a single online handle, “aicezuki,” to cheat on exams at Kyoto University and three other top universities. The schools say they suspect test takers used cellphones to post the questions on the site and get the answers while the tests were still in progress.

While it is unclear whether more than one person was involved, the episode has become a national scandal, raising questions about how to monitor the grueling exams, the main route to success in Japan, in an era of
smartphones and instant Internet access.

It also touched a nerve in a proudly egalitarian nation that has struggled to come to terms with its growing economic and social inequalities. Many here are wondering aloud whether admission to top universities -- a ticket to a top corporate or government job -- remains as merit-based as it used to be, or whether some young people are unfairly getting a leg up, in this case from misuse of new technologies.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/gfusLR


● 編集後記

結局、ケータイを股の間に隠し持って、指で文字を入力していたのですね。ちょっと拍子抜けの感はありましたが、ケータイの文字打ちが苦手な身としては、これだけでも大したものだとヘンな感心をしてしまいました。





posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。