2011年02月24日

お座り、待て、文法、よし、いい子だ!


Sit. Stay. Parse. Good Girl!
( New York Times )

Chaser, a border collie who lives in Spartanburg, S.C., has the largest vocabulary of any known dog. She knows 1,022 nouns, a record that displays unexpected depths of the canine mind and may help explain how children acquire language.

Border collies are working dogs. They have a reputation for smartness, and they are highly motivated. They are bred to herd sheep indefatigably all
day long. Absent that task, they must be given something else to do or
they go stir crazy.

Chaser proved to be a diligent student. Unlike human children, she seems to love her drills and tests and is always asking for more. “She still demands four to five hours a day,” Dr. Pilley said. “I’m 82, and I have to go to bed to get away from her.”

But the experiment’s relevance to language is likely to be a matter of dispute. Chaser learns to link sounds to objects by brute repetition, which is not how children learn words. And she learns her words as proper nouns, which are specific labels for things, rather than as abstract concepts like the common nouns picked up by children. Dr. Kaminski said she would not go as far as saying that Chaser’s accomplishments are a step toward language. They show that the dog can combine words for different actions with words for objects. A step toward syntax, she said, would be to show that changing the order of words alters the meaning that Chaser ascribes to them.


【 まずは準備運動 】

・canine イヌ科の動物
・herd 家畜の群れ、群れを集める
・absent 不在の、留守で、without(前置詞)
・stir crazy 長い刑務所暮らしで頭が変になった
・abstract 抽象的な



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Chaser, /
チェイサーは /

a border collie who lives in Spartanburg, S.C.,
サウスカロライナ州スパータンバーグで生活するボーダーコリー

has the largest vocabulary of any known dog.
任意の知られた犬の最大の語彙を持っている

She knows 1,022 nouns,
彼女は1022の名詞を知っている

a record
記録

that displays unexpected depths of the canine mind
それはイヌ科の動物の心の予期せぬ深さを示す

and may help explain how children acquire language.
そして子供が言語を獲得する仕方を説明するのを助けるかもしれない


Border collies are working dogs.
ボーダーコリーは働く犬だ

They have a reputation for smartness,
彼らは賢さに対して評判を持っている

and they are highly motivated.
そして彼らは高くモチベートされている

They are bred to herd sheep indefatigably all day long.
彼らは一日中疲れることなく羊を集めるために育てられている

Absent that task,
その仕事がないと

they must be given something else to do
彼らはするための他の何かを与えられなければならない

or they go stir crazy.
あるいは彼らは刑務所に閉じ込められたように狂う


Chaser proved to be a diligent student.
チェイサーは勤勉な学生であることが判明した

Unlike human children,
人間の子供と違って

she seems to love her drills and tests
彼女は彼女のドリルとテストを愛するようだ

and is always asking for more.
そして常にもっと多くを求めている

“She still demands four to five hours a day,”
彼女はまだ一日4から5時間要求する

Dr. Pilley said.
Pilley博士は言った

“I’m 82,
私は82だ

and I have to go to bed to get away from her.”
そして私は彼女から離れるためにベッドへ行かなければならない


But the experiment’s relevance to language
しかし実験の言語への関連性は

is likely to be a matter of dispute.
論争の事柄になりがちだ

Chaser learns to link sounds to objects by brute repetition,
チェイサーはブルートな反復によって音を物にリンクさせることを学ぶ

which is not how children learn words.
それは子供が言葉を学ぶ仕方ではない

And she learns her words as proper nouns,
そして彼女は彼女の言葉を固有名詞として学ぶ

which are specific labels for things,
それは物に対する特定のラベルだ

rather than as abstract concepts
抽象的な概念としてよりもむしろ

like the common nouns picked up by children.
子供によってピックアップされる普通名詞ような

Dr. Kaminski said
Kaminski博士は言った

she would not go as far as saying
彼女は言うのと同じほど遠くまで行かないだろう

that Chaser’s accomplishments are a step toward language.
チェイサーの達成は言語に向かうステップだと

They show
それらは示す

that the dog can combine words for different actions
犬は違う行動に対する言葉を結合することができる

with words for objects.
物に対する言葉と

A step toward syntax,
シンタックスに向かうステップは

she said,
彼女は言った

would be to show
示すことだろう

that changing the order of words alters the meaning
言葉の順序を変えることが意味を変える

that Chaser ascribes to them.
それ(意味)をチェイサーはそれら(言葉)に帰す


【 英語ってどんな海? 】

パンダの来日を記念して、今週は動物関連のネタをお送りしています。いや、今回の記事は、私たち英語学習者にも大いに参考になるかもしれません。本編の枕の部分とオチ的な段落を取り上げます。

■ parse

見出しの「Sit. Stay. Parse. Good Girl!」は、英語で犬をしつける際に使う言葉です。「girl」ですからメス犬なのですね。もちろん、この記事の先生を除いて、あまり「parse」を命じる人がいないことを望みます。「文を文法的に解析する」という意味ですので、犬もたまったものではありません。

英語で犬を育ててみたいなら、他に「Down.」(伏せ)、「Paw.」(お手)、「Fetch.」(取って来い)、「Play dead.」(死んだふり)などを覚えておけばよろしいかと思います。

でも、このチェイサーちゃんは1022個の名詞を覚えたというのですから只者ではありません。第2パラグラフには「indefatigably」という言葉が出てきます。形容詞は「indefatigable」で「疲れない、根気がある」。語学にいちばん大切なものかもしれません。この語の元になっているのは「fatigue」で、「疲労、疲れさせる」。

第3パラグラフでは、そんなチェイサーちゃんの「indefatigable」な様子が描かれています。先生が音を上げるほど、勉強好きじゃないと駄目なのかと私たちは怖じ気づきます。

「prove」は「証明する」でおなじみですが、ここでのように「経験した結果、〜だと判明する」でもよく使います。

■ syntax

第4パラグラフには、チェイサーちゃんにもまだ理解できないことが書かれています。チェイサーちゃんは「proper noun」(固有名詞)は分かるけれど、「common noun」(普通名詞)は分からない。これで、ようやく私たちも枕を高くして眠れます。

「relevance」は「関連性、適切さ」。最近では形容詞の「relevant」ともども、「社会的に意義のある、重要な」といった感じの大きな意味でよく使われます。

チェイサーちゃんの言葉の覚え方に関して、「獣、粗暴な」の「brute」が使われています。英英辞書を引いてみて、認識を新たにしました。

Wholly instinctive or physical.
(完全に本能的、または肉体的な)

Without reason or intelligence.
(理性や知性なしの)

最後の文はちょっと難しいですね。チェイサーちゃんに向かってドヤ顔している場合ではないかもしれません。「syntax」(シンタックス)は一般的に「統語論」と言いますが、英英辞書の説明を引いておきます。

The study of the rules whereby words or other elements of sentence
structure are combined to form grammatical sentences.

(単語やその他の文構成要素を組み合わせて、文法にかなった文を形成するための規則に関する研究)

「ascribe〜to…」は「〜の原因・動機などを・・・に帰する」。同意語の
「attribute」ともども、ザ・英語的な重要な単語です。

He ascribes his success to luck.
(彼は自分が成功したのは幸運のおかげだと考えている)

試訳はざっくり訳しましたが、チェイサーちゃん、間違ってても笑わないでね。


【 日本の陸に上がってみると 】

お座り、待て、文法、よし、いい子だ!
( New York Times )

サウスカロライナ州スパータンバーグに住むチェイサーは、最も豊富な語彙を持つ犬だ。1022個の名詞をものにしたその記録は、犬の知性の思いも寄らない深さを示すとともに、子供がどのように言葉を獲得するのかを解明する手掛かりになるかもしれない。

ボーダーコリーは使役犬だ。賢さに定評があり、目的意識も高い。一日中、飽くことなく羊の番をするようしつけられている。仕事がない場合には他にすることを与えないと、気が変になるほどだ。

チェイサーは勤勉な生徒だった。人間の子供と違って、反復練習や試験が好きなようで、常にもっととおねだりした。「今でも1日4、5時間やりたがります」とPilley博士は言う。「私は82歳です。ベッドに潜り込んででも、こいつから逃げないといけません」

だが、こうした言語実験の妥当性は論争の的になることが多い。チェイサーは音と物のつながりを肉体的な反復で学んだが、これは子供が言葉を学ぶ方法ではない。チェイサーは言葉を固有名詞として学んだが、それは物に個別に張り付いた標識であり、子供が覚える普通名詞のような抽象概念ではない。Kaminski博士によれば、チェイサーの達成を言語への一段階と呼ぶわけにはいかない。そこに示されているのは、犬は様々な行動の言葉を物の言葉に重ね合わせることができるということだ。統語論への段階としては、言葉の順序の変化によって意味が変わり、それをチェイサーが認識したことが示されなければならないという。


【 もう一度、泳ごう 】

Sit. Stay. Parse. Good Girl!
( New York Times )

Chaser, a border collie who lives in Spartanburg, S.C., has the largest vocabulary of any known dog. She knows 1,022 nouns, a record that displays unexpected depths of the canine mind and may help explain how children acquire language.

Border collies are working dogs. They have a reputation for smartness, and they are highly motivated. They are bred to herd sheep indefatigably all
day long. Absent that task, they must be given something else to do or
they go stir crazy.

Chaser proved to be a diligent student. Unlike human children, she seems to love her drills and tests and is always asking for more. “She still demands four to five hours a day,” Dr. Pilley said. “I’m 82, and I have to go to bed to get away from her.”

But the experiment’s relevance to language is likely to be a matter of dispute. Chaser learns to link sounds to objects by brute repetition, which is not how children learn words. And she learns her words as proper nouns, which are specific labels for things, rather than as abstract concepts like the common nouns picked up by children. Dr. Kaminski said she would not go as far as saying that Chaser’s accomplishments are a step toward language. They show that the dog can combine words for different actions with words for objects. A step toward syntax, she said, would be to show that changing the order of words alters the meaning that Chaser ascribes to them.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/ekovYV


● 編集後記

うちのヨーキーもとても賢いです。例えば、うんちをしちゃったときには必ず報告しに来ます。でも記事には、犬好きの飼い主は親バカ的な見方をするものだみたいなことも、しっかりと書かれていました。





posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。