2011年02月22日

暖かい夜、冷たい鼻


Warm Nights, Cold Noses
( New York Times )

EVERY night for the last year, Kathy Ruttenberg has been taking a bath, putting on pajamas, turning on CNN and getting into bed with a little pig named Trixie.

“She’s a great cuddler if you lie still,” said Ms. Ruttenberg, a
53-year-old artist who lives near Woodstock, N.Y. “But if you’re
restless, she gets annoyed, and her hooves are very sharp.”

Ms. Ruttenberg has the black-and-blue marks to show for it. Still, of all the animals she has in her bed (there are also two kittens and three
terriers, to be precise), Trixie, a 16-pound Vietnamese pot-bellied pig, is her favorite, because of the way she spoons.

Ms. Ruttenberg’s habit of sleeping with pets mirrors that of Paris
Hilton, who has slept with a pig -- of the four-legged variety -- and was once bitten at her home at 3 a.m. by a kinkajou, a tiny raccoon-related creature. Keeping that sort of menagerie may be unusual, but the habit of allowing animals in bed is not. Figures vary, but according to a recent study published by the Centers for Disease Control and Prevention, 14 to 62 percent of the 165 million dogs and cats in this country sleep in bed with humans, with other surveys skewing higher.

The reasons are well documented. First, touching, human or otherwise,
raises levels of oxytocin in the body, creating feelings of contentment. And, of course, the comfort that an unconditionally loving animal provides in bed is a emotional balm, especially for the depressed, lonely or
anxious.


【 まずは準備運動 】

・cuddle 抱き締める
・restless 落ち着かない、そわそわした
・hoof (馬などの)ひづめ(複数形:hooves)
・skew 斜めに進む、曲がる、歪む
・contentment 満足(すること)



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

EVERY night for the last year, /
昨年の間の毎晩 /

Kathy Ruttenberg has been taking a bath,
キャシー・ルッテンバーグは風呂に入っていた

putting on pajamas,
パジャマを着ていた

turning on CNN
CNNをつけていた

and getting into bed with a little pig named Trixie.
そしてトゥリクシーと名づけられた子豚とベッドに入っていた


“She’s a great cuddler
彼女は素晴らしい抱き締める人です

if you lie still,”
もしあなたが静かに横たわるなら

said Ms. Ruttenberg,
ルッテンバーグさんは言った

a 53-year-old artist who lives near Woodstock, N.Y.
ニューヨーク州のウッドストック近くに住む53歳のアーティスト

“But if you’re restless,
しかしあなたが落ち着かないなら

she gets annoyed,
彼女は困惑させられる

and her hooves are very sharp.”
そして彼女のひづめはとても鋭い


Ms. Ruttenberg has the black-and-blue marks to show for it.
ルッテンバーグさんはそれを示すために黒と赤のマークを持っている

Still,
それでも

of all the animals she has in her bed
彼女がベッドの中に持つすべての動物の中で

(there are also two kittens and three terriers, to be precise),
正確には2匹の子猫と3匹のテリヤもいる

Trixie,
トゥリクシーが

a 16-pound Vietnamese pot-bellied pig,
16ポンドのベトナムのポットベリーピッグ

is her favorite,
彼女のお気に入りだ

because of the way she spoons.
彼女がスプーンする方法のために


Ms. Ruttenberg’s habit of sleeping with pets
ルッテンバーグさんのペットと寝るという習慣は

mirrors that of Paris Hilton,
パリス・ヒルトンのそれを映す

who has slept with a pig --
彼女は豚と寝ていた

of the four-legged variety --
4本足の種類の

and was once bitten at her home at 3 a.m. by a kinkajou,
かつて彼女の自宅で午前3時にキンカジューによって噛まれた

a tiny raccoon-related creature.
小さいアライグマつながりの生き物

Keeping that sort of menagerie may be unusual,
その種の動物たちを保っていることはまれかもしれない

but the habit of allowing animals in bed is not.
しかし動物をベッドに入れるのを許すという習慣は(まれで)ない

Figures vary,
数字は変わる

but according to a recent study
しかし最近の研究によれば

published by the Centers for Disease Control and Prevention,
疾病対策予防センターによって発表された

14 to 62 percent of the 165 million dogs and cats in this country
この国の1億6500万匹の犬と猫の14〜62%は

sleep in bed with humans,
人間とベッドの中で寝る

with other surveys skewing higher.
より高く曲がる他の調査を伴って


The reasons are well documented.
理由はよくドキュメントされている

First,
第一に

touching,
触ることは

human or otherwise,
人間あるいはそうでないもの

raises levels of oxytocin in the body,
体の中のオキシトシンのレベルを上げる

creating feelings of contentment.
満足の感情を作り出しながら

And, of course,
そしてもちろん

the comfort that an unconditionally loving animal provides in bed
無条件に愛する動物がベッドの中で提供する快適さは

is a emotional balm,
感情的なバームだ

especially for the depressed, lonely or anxious.
特に落ち込んでいる人や孤独な人や不安な人にとって


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、ペットの動物と親密に暮らす人が増えているようだけど、病気とかは大丈夫なのかしら?という記事です。

■ spoon

第3パラグラフからです。この「black and blue」は皮膚にできた「あざ」の色です。

「potbelly」は「太鼓腹」。そのあたりのお肉には「spare tire」(スペアタイヤ)なんて表現もあります。

この「spoon」は動詞ですから「スプーンですくう、掘る」で、キャシーさんの豚がベッドに作る窪みのことかなと思ったのですが、違いました。

To lie nestled together front to back in a manner reminiscent of spoons laid side by side in a drawer; usually has a mild sexual connotation.

(Wiktionary)

食器棚の引き出しにしまわれたスプーンの様子からでした。うまいことを言うものです。口語表現ですが、もっと進んで「男女が愛撫しあう、いちゃつく」という意味でも使うようです。

■ document

第4パラグラフです。パリス・ヒルトンの話に「of the four-legged variety」という但し書きが付いている理由はお分かりですね。ポッと顔を赤らめたあなたは正解です。

「menagerie」は「サーカスなどの見世物用に集めた動物たち、動物園」だそうです。

「document」は「公的な文書」。証拠や記録になるものなので、動詞の場合は、事実だと証明されているといった意味合いで使われます。

The government has never acknowledged the activities of the military’s shadowy Unit 731, although they have been documented by historians and participants.

(政府は謎に包まれた731部隊の活動を認めていないが、それは歴史家や当事者によって確認されている)

東京・新宿で発掘調査が始まったという今朝のニュースです。

「comfort」は「快適さ、心地良さ、安らぎ」。形容詞が「comfortable」で、「Make yourself comfortable.」なら「楽にしてください」ですね。「comforter」は気持ちのいい「掛け布団」だったりします。

最後の「the depressed」は「気分が落ち込んでいる人々」。「the+形容詞」の定冠詞の総称用法と言われるものです。

さて、ペットが媒介する病気のリスクについては、記事の調子を表している一文を引いておきますので、後は全文を読んでみてくださいな。

I think the health risks are overstated. I say that if it’s mutually
agreeable, just as it is between two people, then sharing a bed with
a dog is fine.

(思うに、健康上のリスクは誇張されています。お互いに合意しているのであれば、人間同士と変わりません。犬とベッドを共にするのもいいものです。)


【 日本の陸に上がってみると 】

暖かい夜、冷たい鼻
( New York Times )

この1年間、キャシー・ルッテンバーグは毎晩必ず、風呂に入り、パジャマを着て、CNNをつけて、トゥリクシーという名の子豚とベッドに入っている。

「じっとしていれば、優しく抱いてくれます」と話すルッテンバーグさんは53歳の芸術家で、ニューヨーク州ウッドストック近郊に住んでいる。「でも、こちらが落ち着かないと、向こうも苛々します。それに爪がとても鋭いのです」

ルッテンバーグさんの体にはそれを示す黒や青のあざがある。それでも、ベッドを共にする動物(正確には他に2匹の子猫と3匹のテリヤがいる)の中で、体重16ポンドのベトナム産のポットベリー・ピッグであるトゥリクシーがいちばんのお気に入りだ。食器棚のスプーンのようにぴったりと添い寝できるからだ。

ペットと寝るというルッテンバーグさんの習慣は、やはり豚(あくまでも4本足の動物の)と寝ていたパリス・ヒルトンのそれにそっくりだ。ヒルトンはかつて、自宅で午前3時に小さなアライグマ科の生き物であるキンカジューに噛まれたことがあった。この種の動物園を持っている人はまれだろうが、動物をベッドに招き入れるという習慣はまれなものではない。数字はまちまちだが、疾病対策予防センターが最近発表した調査によると、この国にいる1億6500万匹の犬猫の14〜62%が人間と同じベッドで寝ていて、他の調査ではこの曲線はもっと高くなる。

その理由は詳細に記録されている。第一に、触れることは、人間にせよそうでないものにせよ、体内のオキシトシンのレベルを高め、充足感を生み出す。そしてもちろん、無償の愛に満ちた動物がベッドに持ち込んでくれる心地良さはアロマオイルのように感情を鎮めてくれる。憂鬱や孤独や不安に苛まれている人には格別だ。


【 もう一度、泳ごう 】

Warm Nights, Cold Noses
( New York Times )

EVERY night for the last year, Kathy Ruttenberg has been taking a bath, putting on pajamas, turning on CNN and getting into bed with a little pig named Trixie.

“She’s a great cuddler if you lie still,” said Ms. Ruttenberg, a
53-year-old artist who lives near Woodstock, N.Y. “But if you’re
restless, she gets annoyed, and her hooves are very sharp.”

Ms. Ruttenberg has the black-and-blue marks to show for it. Still, of all the animals she has in her bed (there are also two kittens and three
terriers, to be precise), Trixie, a 16-pound Vietnamese pot-bellied pig, is her favorite, because of the way she spoons.

Ms. Ruttenberg’s habit of sleeping with pets mirrors that of Paris
Hilton, who has slept with a pig -- of the four-legged variety -- and was once bitten at her home at 3 a.m. by a kinkajou, a tiny raccoon-related creature. Keeping that sort of menagerie may be unusual, but the habit of allowing animals in bed is not. Figures vary, but according to a recent study published by the Centers for Disease Control and Prevention, 14 to 62 percent of the 165 million dogs and cats in this country sleep in bed with humans, with other surveys skewing higher.

The reasons are well documented. First, touching, human or otherwise,
raises levels of oxytocin in the body, creating feelings of contentment. And, of course, the comfort that an unconditionally loving animal provides in bed is a emotional balm, especially for the depressed, lonely or
anxious.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/dSP2dG


● 編集後記

母親が犬と寝ています。室内小型犬のヨーキーですが、ご多分に漏れずおデブちゃん。そいつがベッドの真ん中を占拠します。その圧迫感のせいでしょう。夜毎、悪夢にうなされるそうです><





posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。