2011年02月18日

口元に浮かんだ微笑みの深い意味


More to a Smile Than Lips and Teeth
( New York Times )

To that end, Dr. Niedenthal and her colleagues have surveyed a wide range of studies, from brain scans to cultural observations, to build a new
scientific model of the smile. They believe they can account not only for the source of smiles, but how people perceive them. In a recent issue of the journal Behavioral and Brain Sciences, they argue that smiles are not simply the expression of an internal feeling. Smiles in fact are only the most visible part of an intimate melding between two minds.

Some researchers have tried to move deeper, to understand the states of
mind that produce smiles. We think of them as signifying happiness, and indeed, researchers do find that the more intensely people contract their zygomaticus major muscles, the happier they say they feel. But this is far from an iron law. The same muscles sometimes contract when people are feeling sadness or disgust, for example.

The link between feelings and faces is even more mysterious. Why should any feeling cause us to curl up our mouths, after all? This is a question that Darwin pondered for years. An important clue, he said, is found in the faces of apes, which draw up their mouths as well. These expressions, Darwin argued, were also smiles. In other words, Mona Lisa inherited her endlessly intriguing smile from the grinning common ancestor she shared with chimpanzees.

But most importantly, Dr. Niedenthal argues, people recognize smiles by mimicking them. When a smiling person locks eyes with another person, the viewer unknowingly mimics a smile as well. In their new paper, Dr.
Niedenthal and her colleagues point to a number of studies indicating that this imitation activates many of the same regions of the brain that are active in the smiler.


【 まずは準備運動 】

・perceive 知覚する、認める
・meld 混合する、融合する
・signify 意味する、示す
・contract 緊縮する、契約する
・disgust 嫌悪感、反感
・ponder 熟考する、思案する



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

To that end, /
その目的に /

Dr. Niedenthal and her colleagues
Niedenthal博士と彼女の同僚は

have surveyed a wide range of studies,
広いレンジの研究を調査した

from brain scans to cultural observations,
脳のスキャンから文化の観察まで

to build a new scientific model of the smile.
新しい笑顔の科学的なモデルを作るために

They believe
彼らは信じる

they can account not only for the source of smiles,
それらは笑顔の源だけを説明することができるのではない

but how people perceive them.
しかし人々がそれらを認める方法(もまた説明できる)

In a recent issue of the journal Behavioral and Brain Sciences,
Behavioral and Brain Sciences誌の最近号において

they argue
彼らは主張する

that smiles are not simply the expression of an internal feeling.
笑顔は単に内的な感情の表現ではない

Smiles in fact are only the most visible part
笑顔は事実において唯一に最もよく見える部分だ

of an intimate melding between two minds.
2つの心の間の親密な融合の


Some researchers have tried to move deeper,
何人かの研究者はもっと深く動こうとした

to understand the states of mind that produce smiles.
笑顔を生み出す心の状態を理解するために

We think of them as signifying happiness,
私たちはそれらをハッピーを示しているものとして考える

and indeed, researchers do find
そして実に研究者は確かに見いだす

that the more intensely
もっと強く

people contract their zygomaticus major muscles,
人々が彼らの大頬骨筋を緊縮させる

the happier
もっとハッピーに

they say they feel.
彼らは感じると彼らは言う

But this is far from an iron law.
しかしこれは鉄の法則から遠い

The same muscles sometimes contract
同じ筋肉が時々緊縮する

when people are feeling sadness or disgust,
人々が悲しみや嫌悪感を感じているときに

for example.
例えば


The link between feelings and faces is even more mysterious.
感情と顔の間のリンクはさらにもっとミステリアスだ

Why should any feeling cause us to curl up our mouths,
大体なぜいかなる感情が私たちに私たちの口をカールアップさせるのか

after all?
結局

This is a question that Darwin pondered for years.
これはダーウィンが長年熟考した疑問だ

An important clue,
重要な手掛かりは

he said,
彼は言った

is found in the faces of apes,
類人猿の顔に見いだされる

which draw up their mouths as well.
同様に彼らの口をドローアップする

These expressions,
これらの表情は

Darwin argued,
ダーウィンは主張した

were also smiles.
また笑顔だ

In other words,
別の言葉において

Mona Lisa inherited her endlessly intriguing smile
モナリザは彼女の終わりのない興味をそそる笑顔を受け継いだ

from the grinning common ancestor
ニヤリと笑っている共通の先祖から

she shared with chimpanzees.
彼女がチンパンジーと共有する


But most importantly,
しかし最も重要なことには

Dr. Niedenthal argues,
Niedenthal博士は主張した

people recognize smiles by mimicking them.
人々はそれらをまねることによって笑顔を認識する

When a smiling person locks eyes with another person,
笑っている人が目をもうひとりの人にロックすると

the viewer unknowingly mimics a smile as well.
見る人は同様に知らないうちに笑顔をまねる

In their new paper,
彼らの新しい論文において

Dr. Niedenthal and her colleagues point to a number of studies
Niedenthal博士と彼女の同僚は多くの研究を指差す

indicating
示している

that this imitation activates many
この模倣は多くを活発にする

of the same regions of the brain
脳の同じ領域の

that are active in the smiler.
それは笑う人において活発だ


【 英語ってどんな海? 】

人はなぜ笑うのか。どうして笑うとあんな顔になるのか。改めて考えると確かに不思議です。というわけで今回は、そんなところから始まります。パラグラフは適当に見繕いました。

■ account

「account」(アカウント)は、インターネット時代になってすっかりカタカナ語として定着しました。でも、動詞の「account for…」なら「・・・を説明する、責任・原因となる、割合を占める」。辞書で要チェックの単語です。

「intimate」は「親密な、私的な、本質に関わる」など。この文は訳すのに一苦労でした。「Smiles=part」、こういうのもよくあるのですが・・・。

第3パラグラフです。英英辞書には「curl one's lip(s)」で「(怒りや軽蔑などで)唇を歪める」。日本語でも「唇を歪めて笑う」と言います。陰険な感じの笑い方です(よね)。ここは「curl up ons's mouth」。単に口角の上がったフツウの笑顔でしょう。

ここの「should」には驚きのニュアンスがあります。

■ smile

「smile」は顔の笑い。「laugh」は声の笑い。笑いにも色んな種類があります。日本語なら「ニコニコ笑う」「ゲラゲラ笑う」など「オノマトペ+笑う」で言うところを、英語では具体動詞1つで表します。

beam(ニコッと笑う)
chuckle(クックッと笑う)
giggle(クスクスと笑う)
grin(ニヤリと笑う)
guffaw(ガハハと笑う)
sneer(あざ笑う)
smirk(薄笑いをする)

大体こんな感じ(明らかに音の印象も入っていますね)でしょうが、具体的には英英辞書でご確認を。

「inherit」は「相続する、遺伝する、受け継ぐ」。「intrigue」は「興味・好奇心をそそる」。ここはその形容詞形です。「interesting」よりもっと興味津々です。

第4パラグラフの最後に「smiler」という言葉を使っています。英語は日本語に比べて抽象化作用が強いというか、何でもモノ化してしまうというか。いずれにせよ、ちょっとびっくりな表現です。


【 日本の陸に上がってみると 】

口元に浮かんだ微笑みの深い意味
( New York Times )

その目的のために、Niedenthal博士とその同僚は幅広く研究結果を調査した。脳の断層写真や文化的な観察から、笑顔に関する新たな科学的モデルを打ち立てようとした。彼らの考えでは、それにより笑顔の源泉ばかりでなく人の笑顔の認知法も明らかになる。Behavioral and Brain Sciences誌の最新号では、笑顔は単なる内的感情の表現ではないと主張した。それどころか、笑顔とは親密に溶け合った2つの心が目に見えて分かる唯一の表現なのだ。

研究者によっては、もっと深く進んで、笑顔を生みだす心理状態を理解しようとした。私たちは笑顔を喜びの表れだと考えている。なるほど研究者の発見でも、人は大頬骨筋を強く収縮すればするほど喜びを感じるようになるという。だが、これは決して鉄の法則ではない。同じ筋肉を収縮させたときに人が悲しみや嫌悪を感じる場合があることは、実例が示している。

感情と顔の関係性はさらに神秘的だ。そもそも、どんな感情によって私たちの口角は上がるのか。この疑問はダーウィンも長年抱いていた。彼の話では、重要な手掛かりは同じように口角を上げる類人猿の顔に見いだせる。その表情もまた、ダーウィンは笑顔だと主張した。換言すれば、モナリザはあの永遠に謎めいた微笑みを、チンパンジーもそこから生まれた共通祖先のニヤリとした笑いから受け継いでいる。

だがNiedenthal博士の主張によれば、最も重要なのは、人は笑顔をまねることで笑顔を認識するという点だ。笑っている人がもう1人に目を留め置くと、見られた人もまた無意識に笑顔をまねる。新しい論文の中で、Niedenthal博士とその同僚があまたの研究をその例として示しているように、この模倣で活発化するのと同じ脳の領域の多くが笑っている人においても活発になっている。


【 もう一度、泳ごう 】

More to a Smile Than Lips and Teeth
( New York Times )

To that end, Dr. Niedenthal and her colleagues have surveyed a wide range of studies, from brain scans to cultural observations, to build a new
scientific model of the smile. They believe they can account not only for the source of smiles, but how people perceive them. In a recent issue of the journal Behavioral and Brain Sciences, they argue that smiles are not simply the expression of an internal feeling. Smiles in fact are only the most visible part of an intimate melding between two minds.

Some researchers have tried to move deeper, to understand the states of
mind that produce smiles. We think of them as signifying happiness, and indeed, researchers do find that the more intensely people contract their zygomaticus major muscles, the happier they say they feel. But this is far from an iron law. The same muscles sometimes contract when people are feeling sadness or disgust, for example.

The link between feelings and faces is even more mysterious. Why should any feeling cause us to curl up our mouths, after all? This is a question that Darwin pondered for years. An important clue, he said, is found in the faces of apes, which draw up their mouths as well. These expressions, Darwin argued, were also smiles. In other words, Mona Lisa inherited her endlessly intriguing smile from the grinning common ancestor she shared with chimpanzees.

But most importantly, Dr. Niedenthal argues, people recognize smiles by mimicking them. When a smiling person locks eyes with another person, the viewer unknowingly mimics a smile as well. In their new paper, Dr.
Niedenthal and her colleagues point to a number of studies indicating that this imitation activates many of the same regions of the brain that are active in the smiler.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/hXboCJ


● 編集後記

「読者さんの本棚」はご存知ですか?
このメルマガを気に入ってくれた方はぜひ <(_ _)>
↓ ↓ ↓
http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.html





posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186208351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。