2011年02月16日

米政府からの忠告「食事は控え目に」


Government’s Dietary Advice: Eat Less
( New York Times )

As the nation’s obesity crisis continues unabated, federal regulators on Monday issued their bluntest nutrition advice to date: drink water instead of sugary drinks like soda, fill your plate with fruits and vegetables and cut down on processed foods filled with sodium, fat or sugar.

More important, perhaps, the government told Americans, “Enjoy your food, but eat less.” Many Americans eat too many calories every day, expanding their waistlines and imperiling their health.

While the recommendations may seem obvious, it is nonetheless considered major progress for federal regulators, who have long skirted the issue, wary of the powerful food lobby. (The 112-page report even subtly suggests that people eat less pizza and dessert.)

Previous guidelines urged Americans to curb sugar, solid fats and salt, but avoided naming specific foods, let alone urging consumers to eat less food over all.

“For them to have said ‘eat less’ is really new. Who would have
thought?” said Margo G. Wootan, director of nutrition policy at the
Center for Science in the Public Interest. “We should have been saying ‘eat less’ for a decade.”


【 まずは準備運動 】

・nutrition 栄養摂取、栄養物
・to date 現在まで
・obvious 明らかな、明白な
・subtly 微妙に
・curb 抑制する、阻止する



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

As the nation’s obesity crisis continues unabated, /
国民の肥満の危機が弱らずに続いているときに /

federal regulators on Monday
連邦政府の監督者たちは月曜日に

issued their bluntest nutrition advice to date:
彼らの現在までで最も率直な栄養摂取のアドバイスを発した

drink water instead of sugary drinks like soda,
ソーダのようなシュガーのドリンクの代わりに水を飲め

fill your plate with fruits and vegetables
あなたの皿をフルーツやベジタブルで満たせ

and cut down on processed foods filled with sodium, fat or sugar.
そしてソジウムやファットやシュガーに満ちた加工食品で切って落とせ


More important,
もっと重要な

perhaps,
たぶん

the government told Americans,
政府はアメリカ人に言った

“Enjoy your food, but eat less.”
あなたの食べ物を楽しめしかしより少なく食べよ

Many Americans eat too many calories every day,
多くのアメリカ人は毎日あまりにも多くのカロリーを食べている

expanding their waistlines
彼らのウエストラインを広げながら

and imperiling their health.
そして彼らの健康を危うくしながら


While the recommendations may seem obvious,
提案は明白に見えるかもしれないが

it is nonetheless considered major progress for federal regulators,
それはにもかかわらず連邦政府の監督者にとって大きな前進だと考えられる

who have long skirted the issue,
彼らは問題を長く避けてきた

wary of the powerful food lobby.
強力な食品ロビーを用心していた

(The 112-page report even subtly suggests
112ページのリポートは微妙に提案もしている

that people eat less pizza and dessert.)
人々はより少ないピザやデザートを食べるべきだ


Previous guidelines urged Americans
以前のガイドラインはアメリカ人に促した

to curb sugar, solid fats and salt,
シュガーや固形ファットやソルトを抑制することを

but avoided naming specific foods,
しかし特定の食べ物を名指すことを避けた

let alone urging consumers to eat less food over all.
消費者に全体にわたってより少ない食べ物を食べることを促すことはもちろんのこと


“For them to have said ‘eat less’ is really new.
彼らにとってより少なく食べろと言ったことは本当に新しいのです

Who would have thought?”
誰が考えたでしょうか

said Margo G. Wootan,
Margo G. Wootanは言った

director of nutrition policy
栄養摂取政策のディレクター

at the Center for Science in the Public Interest.
公益科学センターでの

“We should have been saying ‘eat less’ for a decade.”
私たちは10年間より少なく食べよと言うべきだったのです


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、私たちの健康にも役立ちそうな記事を。

■ obesity

「obesity」は医学的に不健康だという意味での「肥満」。形容詞が「obese」。「太っている」は、「脂肪」の意味もある「fat」がおなじみでしょうが、これは侮辱的な言葉なので使わない方が無難です。言い換えるなら、
「overweight」。

他に女性や子供に対してなら「plump」、男性に対してなら「stout」などの言葉もあります。その反対の「痩せている」も見ておくと、「thin」が一般的な言葉で、いい感じに痩せていると「slim」や「slender」。ただ、「smart」は「痩せている」ではなくて、外見が「格好いい、お洒落な」、または「頭がいい、賢明な」ですので要注意。

「unabated」は「(力・強さが)衰えない、弱らない」。元になっている
「abate」という動詞が「やわらげる、弱まる」。よく目にする単語です。

「blunt」は「(言動が)ぶっきらぼうな、率直な、(刃先が)鈍い」。訳しにくい語ですが、よく使われます。「brunt」という語もあって、「(攻撃などの)矛先、衝撃」。「bear the brunt of…」で「・・・の矢面に立つ」。これもよく使われます。

第2パラグラフです。マイナス方向の比較級などを使って、否定的内容を肯定文で表す。「(今より)少なく食べる」の「eat less」というのは英語的な表現ですね。日本語の場合は、否定形にしないと落ち着きません。

I know better than that.
(私はそれよりよく知っている⇒そんなことでは騙されないよ)

This is more than I can tell.
(これは私が分かるよりも大きい⇒こういうのは私には分からない)

「imperil」は「危うくする、危険にさらす」。「peril」が「危険」。

■ let alone

第3パラグラフです。「skirt」は衣服の「スカート」ですが、動詞で「囲む、(問題・困難などを)避ける」。

「lobby」も玄関広間の「ロビー」ですが、議会のそこに出入りして「議員に陳情・嘆願をする」、あるいはそうした活動をする団体のことです。

第4パラグラフです。「let alone…」は「・・・はもちろんのこと、ましてや・・・ない」と暗記式に習いますが、「Let me alone.」で「私をほっといてくれ」ですので、5分ぐらい字面とにらめっこしていると理屈からも分かるかと思います。

最後のパラグラフです。この「Who would have thought?」は「誰が考えただろうか?」とのん気に質問しているわけではなくて、いわゆる修辞疑問文で反語を表しています。「いや、誰も考えなかった」というのがその心です。



■ メルマガ紹介 ■

「良い判断が出来ない」「物事の優先順位が付けられない」
など悩んでいる方は必見!

大手企業の管理職やリーダー養成の試験で使われている「インバスケット・ゲーム」で、あなたのビジネススキルを大幅アップ!!

インバスケット・メールマガジン「インバス!メルマガ」
http://www.mag2.com/m/0000277810.html

インバスケットの詳細は以下のページをご覧ください。
http://www.eonet.ne.jp/?in-basket/



【 日本の陸に上がってみると 】

米政府からの忠告「食事は控え目に」
( New York Times )

国民的な肥満の危機が相変わらず続いていることから、連邦政府は月曜日、これまでで最も大胆な栄養政策に関する忠告を発した。炭酸水などの糖分の多い飲み物ではなく水を飲め。食卓には果物や野菜を並べよ。そしてナトリウムや脂肪分や糖分の多い加工食品は少な目にせよ。

恐らく最も重要な点は、政府が米国民にこう言ったことだ。「食事を楽しんでもいいが、控え目にせよ」。米国民の多くは毎日カロリーを摂りすぎて、腰回りが大きくなり、健康を危うくしている。

この提案は自明のことのようだが、それでも連邦政府にとっては大きな前進だと考えられる。長くこの問題を避けて通り、食品団体の圧力を警戒してきたからだ(112ページの報告書ではさり気なく、人々にピザやデザートの食べる量を減らすことも勧めている)。

以前の指針では、米国民に糖分や固形脂肪分、塩分を抑えるよう求めていたが、特定の食品を名指しするのを避けるのはもちろんのこと、消費者に全体の食事量を減らすことを求めることもしなかった。

「政府が『控え目に食べよ』と言ったのはまったく新しい出来事です。これまで誰もそんなことを考えませんでしたから」と、公益科学センターの栄養政策の責任者であるMargo・G・Wootan氏は言った。「私たちは10年前から『控え目に食べよ』と言うべきだったのです」


【 もう一度、泳ごう 】

Government’s Dietary Advice: Eat Less
( New York Times )

As the nation’s obesity crisis continues unabated, federal regulators on Monday issued their bluntest nutrition advice to date: drink water instead of sugary drinks like soda, fill your plate with fruits and vegetables and cut down on processed foods filled with sodium, fat or sugar.

More important, perhaps, the government told Americans, “Enjoy your food, but eat less.” Many Americans eat too many calories every day, expanding their waistlines and imperiling their health.

While the recommendations may seem obvious, it is nonetheless considered major progress for federal regulators, who have long skirted the issue, wary of the powerful food lobby. (The 112-page report even subtly suggests that people eat less pizza and dessert.)

Previous guidelines urged Americans to curb sugar, solid fats and salt, but avoided naming specific foods, let alone urging consumers to eat less food over all.

“For them to have said ‘eat less’ is really new. Who would have
thought?” said Margo G. Wootan, director of nutrition policy at the
Center for Science in the Public Interest. “We should have been saying ‘eat less’ for a decade.”


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/gQITrp


● 編集後記

月曜日は東京も真っ白。大雪が降りました。その雪に見とれて、メルマガをお休みしてしまったので、金曜日は通常号でお届けします。





posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。