2011年02月02日

世代の壁に阻まれる日本の若者たち


In Japan, Young Face Generational Roadblocks
( New York Times )

Kenichi Horie was a promising auto engineer, exactly the sort of youthful talent Japan needs to maintain its edge over hungry Korean and Chinese rivals. As a worker in his early 30s at a major carmaker, Mr. Horie won
praise for his design work on advanced biofuel systems.

But like many young Japanese, he was a so-called irregular worker, kept on a temporary staff contract with little of the job security and half the salary of the “regular” employees, most of them workers in their late 40s or older. After more than a decade of trying to gain regular status, Mr. Horie finally quit - not just the temporary jobs, but Japan altogether.

He moved to Taiwan two years ago to study Chinese.

“Japanese companies are wasting the young generations to protect older workers,” said Mr. Horie, now 36. “In Japan, they closed the doors on me. In Taiwan, they tell me I have a perfect resume.”

As this fading economic superpower rapidly grays, it desperately needs to increase productivity and unleash the entrepreneurial energies of its shrinking number of younger people. But Japan seems to be doing just the opposite. This has contributed to weak growth and mounting pension
obligations, major reasons Standard & Poor’s downgraded Japan’s
sovereign debt rating on Thursday.


【 まずは準備運動 】

・praise 称賛(する)
・desperately 必死に、絶望的に
・shrink 縮む、減る
・contribute 貢献する、原因となる、寄付する
・obligation 義務、債務
・sovereign 主権を有する、独立の



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Kenichi Horie was a promising auto engineer, /
ケンイチ・ホリエは有望なオートエンジニアだった /

exactly the sort of youthful talent Japan needs
正確に日本が必要としている若いタレントの種類

to maintain its edge over hungry Korean and Chinese rivals.
ハングリーな韓国人や中国人のライバルを上回るそのエッジを維持するために

As a worker in his early 30s at a major carmaker,
大きな自動車メーカーでの彼の30代前半においての労働者として

Mr. Horie won praise for his design work on advanced biofuel systems.
ホリエさんは進められたバイオ燃料のシステムでの彼の設計の仕事に対して称賛を勝ち取った


But like many young Japanese,
しかし多くの若い日本人のように

he was a so-called irregular worker,
彼はいわゆる非正規の労働者だった

kept on a temporary staff contract
臨時のスタッフの契約で保たれた

with little of the job security
ほとんどない仕事のセキュリティを伴った

and half the salary of the “regular” employees,
そして「正規の」被雇用者の給料の半分

most of them workers in their late 40s or older.
彼らの40代後半またはもっと年上においての彼ら労働者のほとんど

After more than a decade of trying to gain regular status,
正規の地位を得ようとすることの10年以上の後で

Mr. Horie finally quit -
ホリエさんはついにやめた

not just the temporary jobs, but Japan altogether.
臨時の仕事だけでなくしかし日本をすっかり


He moved to Taiwan two years ago to study Chinese.
彼は中国語を勉強するために2年後に台湾に動いた


“Japanese companies are wasting the young generations
日本の会社は若い世代を浪費している

to protect older workers,”
より年上の労働者を守るために

said Mr. Horie, now 36.
いま36のホリエさんは言った

“In Japan, they closed the doors on me.
日本では彼らは私にドアを閉めた

In Taiwan, they tell me I have a perfect resume.”
台湾では彼らは私に私は完璧なレジュメを持っていると告げた


As this fading economic superpower rapidly grays,
この消えゆく経済超大国が急速に灰色化しているときに

it desperately needs to increase productivity
それは必死に生産性を上げることを必要としている

and unleash the entrepreneurial energies
そして起業家エネルギーを解き放つ

of its shrinking number of younger people.
その縮みゆく若い人々の数の

But Japan seems to be doing just the opposite.
しかし日本はちょうど反対をしているようだ

This has contributed to weak growth and mounting pension obligations,
これは弱い成長と高まっている年金義務に貢献している

major reasons
主要な理由

Standard & Poor’s downgraded Japan’s sovereign debt rating
スタンダード&プアーズのダウングレードされた日本の主権の借金レーティング

on Thursday.
木曜日に


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、暗い日本のホリエさんたちのお話を。

■ edge

刃物の「刃」の「edge」は「鋭さ、切れ味」、さらに「強味、有効性、優勢」。日本語でも最近、「エッジが立つ」などと言いますね。流行や技術の「最先端」を表す「cutting edge」もよく使われます。「edge」は「縁、端」の意味もあり「on edge」で、

I'm sorry if I was rude to you. I' m a bit on edge at the moment.
(乱暴だったらごめんなさい。今、ちょっと神経がいらいらしているんです)

第2パラグラフです。「temporary」は「一時の、仮の」。「contemporary」なら「同時代の、現代の(人)」。

第4パラグラフです。「waste」は「浪費する、無駄にする」。名詞で「廃棄物」という意味もあります。

「on」は「上に」というよりも「接触」が基本概念なんですが、それでもこの「on」には面喰います。

She hung up on me.

The car broke down on us.

この「on」には、話者の困惑や迷惑というニュアンスがあります。上の文が、「私は彼女に電話を切られた」。下の文はどう訳しましょう。

「on」と「about」の違いというのもちょっと難しいですね。アバウトに言えば、「a book on rabbits」なら専門的な「うさぎの本」で、「a book about rabbits」なら一般向けの本だそうです。

■ gray

第5パラグラフです。「gray」はもちろん「灰色」ですが、ここは動詞なので「灰色になる」。何が灰色になるかと言えば、髪の毛です。英語では、年を取って「髪が白くなる」は通常「turn gray」。なので、「高齢化社会」は「graying society」や「aging society」です。

「turn white」と言うと、顔が「青ざめる」だったりします。肌の色が違うので、ややこしくなります。そもそも英語と日本語では、色の見方が微妙に異なるというのもあります。

日本人のような黒い髪も「black hair」ではなくて「dark hair」、「黒い目」も「dark-brown eyes」と言うのが一般的です。ちなみに、僕はいい年こいて「dyed-brown hair」。友人らの評判も散々です><

記事は3ページの長編で、有名人のホリエさんも取り上げられています。相変わらずホリエさんに好意的で、米国的な価値観がよく現れている文章だと思います。


【 日本の陸に上がってみると 】

世代の壁に阻まれる日本の若者たち
( New York Times )

ホリエ・ケンイチは前途有望な自動車技師だった。まさしく日本が必要としている若い才能で、貪欲なライバルである韓国や中国を前にして守るべき切り札のような存在だった。大手自動車メーカーの30代前半の労働者として、ホリエさんは先進的なバイオ燃料システムの設計で称賛を得ていた。

だが日本の多くの若者同様、いわゆる非正規労働者だった。臨時スタッフという契約で雇われ、職業上の保障はなく、給料も「正規」の社員の半分だった。彼らの大半は40代後半を越える。ホリエさんは10年以上、正規の地位を得ようとしたが、結局断念した。臨時スタッフという仕事だけでなく、日本全体をだ。

2年前に台湾に渡り、中国語の勉強を始めた。

「日本の企業は、年配の労働者を守るため若い世代を使い捨てにしています」と、現在36歳のホリエさんは言った。「日本では、鼻先で戸を閉ざされました。台湾では、申し分のない経歴だと言われました」

斜陽の経済超大国では急速に高齢者が増え、是が非でも生産性の向上と目減りする若者の起業家精神の解放を必要としている。だが、日本は正反対のことをしているかのようだ。それが成長の鈍化と年金債務の増大の要因となった。その深刻さゆえ、スタンダード&プアーズ社も木曜日、日本の国債格付けを引き下げた。


【 もう一度、泳ごう 】

In Japan, Young Face Generational Roadblocks
( New York Times )

Kenichi Horie was a promising auto engineer, exactly the sort of youthful talent Japan needs to maintain its edge over hungry Korean and Chinese rivals. As a worker in his early 30s at a major carmaker, Mr. Horie won
praise for his design work on advanced biofuel systems.

But like many young Japanese, he was a so-called irregular worker, kept on a temporary staff contract with little of the job security and half the salary of the “regular” employees, most of them workers in their late 40s or older. After more than a decade of trying to gain regular status, Mr. Horie finally quit - not just the temporary jobs, but Japan altogether.

He moved to Taiwan two years ago to study Chinese.

“Japanese companies are wasting the young generations to protect older workers,” said Mr. Horie, now 36. “In Japan, they closed the doors on me. In Taiwan, they tell me I have a perfect resume.”

As this fading economic superpower rapidly grays, it desperately needs to increase productivity and unleash the entrepreneurial energies of its shrinking number of younger people. But Japan seems to be doing just the opposite. This has contributed to weak growth and mounting pension
obligations, major reasons Standard & Poor’s downgraded Japan’s
sovereign debt rating on Thursday.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/ejkiGO


● 編集後記

もう2月です。プロ野球もキャンプイン。連日の佑ちゃんフィーバーが凄いですね。あんなに騒がれても、落ち着いています。大したものです。我らがスワローズに欲しかったなあ。




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。