2011年01月26日

頭が良くなりたかったら、勉強をやめてテストを受けよ


To Really Learn, Quit Studying and Take a Test
( New York Times )

Taking a test is not just a passive mechanism for assessing how much
people know, according to new research. It actually helps people learn, and it works better than a number of other studying techniques.

The research, published online Thursday in the journal Science, found that students who read a passage, then took a test asking them to recall what they had read, retained about 50 percent more of the information a week later than students who used two other methods.

One of those methods - repeatedly studying the material - is familiar to legions of students who cram before exams. The other - having students draw detailed diagrams documenting what they are learning - is prized by many teachers because it forces students to make connections among facts.

These other methods not only are popular, the researchers reported; they also seem to give students the illusion that they know material better than they do.

Why retrieval testing helps is still unknown. Perhaps it is because by remembering information we are organizing it and creating cues and
connections that our brains later recognize.


【 まずは準備運動 】

・passive 受動性の、消極的な
・assess 評価する、査定する
・legion 多数、軍団
・cue きっかけ、合図



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Taking a test is not just a passive mechanism /
テストを受けることはただの受け身のメカニズムではない /

for assessing how much people know,
人々がどれくらい多くを知っているかを評価するための

according to new research.
新しい研究によれば

It actually helps people learn,
それは実際に人々が学ぶのを助ける

and it works better than a number of other studying techniques.
そしてそれは多くの他の勉強テクニックよりもよく働く


The research,
研究は

published online Thursday in the journal Science,
サイエンス誌に木曜日にオンラインで発表された

found
見つけた

that students
学生は

who read a passage, then took a test
彼は一節を読んでそれからテストを受けた

asking them to recall what they had read,
彼らに彼らが読んだことを思い出すよう頼む

retained about 50 percent more of the information a week later
1週間後に情報の約50%多く保持していた

than students who used two other methods.
2つの他のメソッドを使った学生より


One of those methods -
それらのメソッドの1つは

repeatedly studying the material -
繰り返して材料を勉強する

is familiar to legions of students who cram before exams.
試験の前に詰め込む多数の学生に親しい

The other -
もう1つは

having students draw detailed diagrams
学生に詳細なダイヤグラムを描かせる

documenting what they are learning -
彼らが学んでいることをドキュメントする

is prized by many teachers
多くの教師によって重んじられている

because it forces students to make connections among facts.
なぜならそれは学生に事実の間につながりを作ることを強いる


These other methods not only are popular,
これらその他のメソッドは人気があるだけではない

the researchers reported;
研究者は報告した

they also seem to give students the illusion
それらはまた学生にイリュージョンを与えるようだ

that they know material better than they do.
彼らは彼らが知っているよりももっとよく材料を知っている


Why retrieval testing helps is still unknown.
なぜリトリーバルテストをすることが助けるのかはまだ未知だ

Perhaps it is
たぶんそれは・・・だ

because by remembering information
なぜなら情報を思い出すことによって

we are organizing it
私たちはそれを組織化する

and creating cues and connections
そしてきっかけとつながりを作っている

that our brains later recognize.
私たちの脳が後に認識する


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、私たち英語学習者にも何かヒントがあるかもしれないという記事を。

■ retain

見出しの訳はちょっと煽ってみましたが、「learn」と「study」のニュアンスの違いが分かると思います。こんな言葉もあります。

Live and learn.
(人生つねに勉強だよ)

「actually」は前言を受けて、「それどころか、それ以上に」。前に扱った「in fact」と同じです。

この「help」は「役立つ、効果がある」。「work」は「(問題なく)動く、機能する」。英語は無生物主語が大好きですから、こうした意味での出番がよくあります。

第2パラグラフです。「retain」は「that」節の主語「students」を受ける述語動詞です。「保持する、維持する」。心に保持すれば「記憶している」。

「-tain」という語根は「保つ」を意味します。「contain」なら「含む、入っている」で、「-er」が付けば「コンテナ」。「detain」なら「拘束する、拘留する」。

ある程度、英単語のボキャブラリーが増えたら、ネット上にもある語源辞典を読むといいと思います。テストとどちらが効果があるかは分かりませんが、こちらも記憶への定着を助ける「cues and connections」になるはずですよ。

■ retrieval

第3パラグラフです。「cram」は「(無理に)詰め込む」。ここにあるように、試験前の一夜漬けのような詰め込み学習の意味でも使います。日本の学習塾は「cram school」などと訳します。

名詞の「賞」でご存知の「prize」は、動詞で「重んじる、高く評価する」。

第4パラグラフは、学校英語でおなじみの「not only… but also〜」構文です。「but」を省略して、発言者を挿入してセミコロン(;)。なるほど、こういう風にも書けるのですね。

最後の「do」は「know」の代役です。

次のパラグラフは、元の記事ではもっと下の方にあります。「retrieve」は「取り戻す、救い出す、回収する、回復する」。あるいは、頭の奥深くから取り戻して「思い出す」。要するに、「recall」や「remember」です。
「retrieval」はこの名詞形です。

これは、犬の「レトリバー」の仕事でもあります。「retriever」で「獲物を回収する犬」。発音も正しくは、2番目の「リー」にアクセントを置いて「リトリーバー」。


【 メルマガ紹介 】

▼「こういう毎日の繰り返しに、いったい何の意味があるんだろう」
▼「生きててよかった、って自信持っていえる、『幸せ』って何だろう」
▼「間違いなくいつか死ぬのに、なんで生きねばならないの」

この答えが全て仏教に、わかりやすく、なるほどと納得できる形で明示されていると聞いたら、あなたはどう思われますか。

仏の慈悲と智恵から、初めての人にも、やさしく学べる仏教メルマガです。

こちらを今すぐクリック
 ↓↓↓↓↓
[携帯からは空メ登録]⇒a0001086000@mobile.mag2.com
[PCからは]⇒http://www.mag2.com/m/0001086000.html


【 日本の陸に上がってみると 】

頭が良くなりたかったら、勉強をやめてテストを受けよ
( New York Times )

テストを受けるというのは、単に人の理解度を測るための受動的な方法ではなかった。新しい研究によれば、それどころか人が学ぶための力になっている。その効果は他の多くの勉強法を凌ぐという。

木曜日に『サイエンス』誌のオンライン版で発表された研究によると、ある文章を読んで、その後に読んだ内容を思い出させるテストを受けた学生が1週間後に保持していた情報量は、その他2つの方法を用いた学生より約50%多かった。

その他の方法の1つとは内容を繰り返し勉強するという、試験前に一夜漬けをするあまたの学生におなじみのものだ。もう1つは学生に詳細な図表を描かせて学んだことを文書化させるというもので、多くの教師に学生が事実の間のつながりを探すようになると推奨されている。

これらの方法は人気があるばかりではない。研究者らの報告によれば、学生に実際以上に内容をよく理解したと錯覚を生じさせやすいようだ。

記憶呼び出しテストになぜ効果があるのかは、まだ分かっていない。私たちは思い出すことによって情報を組織化し、その後の脳が認識するためのつながりときっかけを作っているのかもしれない。


【 もう一度、泳ごう 】

To Really Learn, Quit Studying and Take a Test
( New York Times )

Taking a test is not just a passive mechanism for assessing how much
people know, according to new research. It actually helps people learn, and it works better than a number of other studying techniques.

The research, published online Thursday in the journal Science, found that students who read a passage, then took a test asking them to recall what they had read, retained about 50 percent more of the information a week later than students who used two other methods.

One of those methods - repeatedly studying the material - is familiar to legions of students who cram before exams. The other - having students draw detailed diagrams documenting what they are learning - is prized by many teachers because it forces students to make connections among facts.

These other methods not only are popular, the researchers reported; they also seem to give students the illusion that they know material better than they do.

Why retrieval testing helps is still unknown. Perhaps it is because by remembering information we are organizing it and creating cues and
connections that our brains later recognize.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/gfLKQ0


● 編集後記

延長戦の最後の最後に同点にされてのPK戦だったので、また駄目かと思ったら、川島の好セーブもあって韓国は3人連続の失敗。PKはやっぱり怖いですね。サッカーの、そして英語の復習用にどうぞ。

http://english-newspaper.seesaa.net/article/155620024.html

オーストラリア戦も見なくっちゃ。




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182670894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。