2011年01月13日

外国人労働者を阻む日本の高い壁


Japan Keeps a High Wall for Foreign Labor
( New York Times )

Despite facing an imminent labor shortage as its population ages, Japan has done little to open itself up to immigration. In fact, as Ms. Fransiska and many others have discovered, the government is doing the opposite, actively encouraging both foreign workers and foreign graduates of its universities and professional schools to return home while
protecting tiny interest groups - in the case of Ms. Fransiska, a local nursing association afraid that an influx of foreign nurses would lower industry salaries.

Experts say increased immigration provides one obvious remedy to Japan’s two decades of lethargic economic growth. But instead of accepting young workers, however - and along with them, fresh ideas - Tokyo seems to have resigned itself to a demographic crisis that threatens to stunt the
country’s economic growth, hamper efforts to deal with its chronic budget deficits and bankrupt its social security system.

Though Japan had experienced a significant amount of migration in the
decades after World War II, it was not until the dawn of Japan’s “bubble economy” of the 1980s that real pressure built on the government to relax immigration restrictions as a way to supply workers to industries like manufacturing and construction.

What ensued was a revision of the immigration laws in a way that policy makers believed would keep the country’s ethnic homogeneity intact. In 1990, Japan started to issue visas to foreign citizens exclusively of Japanese descent, like the descendants of Japanese who emigrated to Brazil in search of opportunities in the last century. In the 1990s, the number of Japanese Brazilians who came to Japan in search of work, like Mr. Saito, surged.


【 まずは準備運動 】

・imminent 今にも起こりそうな、差し迫った
・remedy 治療、療法
・demographic 人口統計学(demography)の
・chronic 慢性の、長期にわたる
・revision 改訂、訂正(動詞:revise)
・homogeneity 同質(性)
・descent 降下、家系
・descendant 子孫



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Despite facing an imminent labor shortage /
差し迫った労働の不足に直面しながらも /

as its population ages,
その人口が年を取っているときに

Japan has done little to open itself up to immigration.
日本は自らを移民に開くためにほとんどしなかった

In fact,
事実において

as Ms. Fransiska and many others have discovered,
フランシスカさんやその他多くの人が発見したように

the government is doing the opposite,
政府は反対のことをしている

actively encouraging both foreign workers
活発に外国人労働者を励ましている

and foreign graduates of its universities and professional schools
そしてその大学や専門学校の外国人卒業生(の両方を)

to return home
家に帰ることを

while protecting tiny interest groups -
一方で小さな利益団体を守っている

in the case of Ms. Fransiska,
フランシスカさんのケースにおいて

a local nursing association afraid
恐れている地元の看護協会

that an influx of foreign nurses would lower industry salaries.
外国人看護師は産業のサラリーを低くするだろう


Experts say
専門家は言う

increased immigration provides one obvious remedy
増えた移民はひとつの明白な治療を提供する

to Japan’s two decades of lethargic economic growth.
日本の不活発な経済成長の20年へ

But instead of accepting young workers, however -
しかし若い労働者を受け入れる代わりにしかし

and along with them, fresh ideas -
そして彼らと一緒に新鮮な考え

Tokyo seems to have resigned itself to a demographic crisis
東京は人口統計的な危機へ自らを諦めているようだ

that threatens to stunt the country’s economic growth,
それは国の経済成長を妨げようとしている

hamper efforts to deal with its chronic budget deficits
その慢性的な予算の不足に対処するための努力を邪魔する

and bankrupt its social security system.
そしてその社会保障制度を破産させる


Though Japan had experienced a significant amount of migration
日本はかなりの量の移民を経験していたが

in the decades after World War II,
第二次大戦の後の数十年において

it was not until the dawn
それは夜明けまでなかった

of Japan’s “bubble economy” of the 1980s
日本の1980年代の「バブル経済」の

that real pressure built on the government
本物のプレッシャーが政府の上に建った

to relax immigration restrictions
移民の制限をリラックスすることの

as a way to supply workers to industries
産業に労働者を供給するための方法として

like manufacturing and construction.
製造や建設のような


What ensued was a revision of the immigration laws
続いて起こったことは移民の法律の改訂だった

in a way
形において

that policy makers believed
それは政策メーカーが信じる

would keep the country’s ethnic homogeneity intact.
国の民族の同質性を完全なままに保つだろう

In 1990,
1990年に

Japan started to issue visas to foreign citizens
日本は外国市民にビザを発行し始めた

exclusively of Japanese descent,
排他的に日本の家系の

like the descendants of Japanese
日本人の子孫のような

who emigrated to Brazil
ブラジルに移民した

in search of opportunities in the last century.
前世紀に機会を求めて

In the 1990s,
1990年代に

the number of Japanese Brazilians
日系ブラジル人の数は

who came to Japan in search of work,
仕事を求めて日本に来た

like Mr. Saito,
サイトウさんのように

surged.
急増した


【 英語ってどんな海? 】

というわけで、新年2回目なのでこんな記事を。インドネシアから日本に働きに来ているフランシスカさんのエピソードを受けての、第5段落から始めます。

■ resign

「人口」の「population」は、特定の集団の「人々全員」の意味でも使います。

「in fact」は「実際には、実のところ」ですが、「それどころではなくて」といった感じで、前言を強調したり否定したりするときに使います。「actually」も同様です。

第2パラグラフです。「lethargic」はちょっと難しい単語ですね。でも、現在の日本のような経済状況を形容する語として、結構目にします。名詞の「lethargy」を英英辞書で確かめると、

1.A state of sluggishness, inactivity, and apathy.
(不活発や不活発や無関心な状態)

2. A state of unconsciousness resembling deep sleep.
(深い眠りのような意識のない状態)

「resign」は「辞める、諦める、譲る、(運命などに)従う」。「resign oneself to〜」で「〜を甘受する、諦めて〜する」。

「stunt」はスタントマンの「妙技、離れ技」でもありますが、ここは同形異義語で「(成長や発展を)妨げる、阻む」という意味の動詞。「hamper」はその類義語で「邪魔する、妨害する」。

「bankrupt」は「破産させる」。「破産者」で名詞、あるいは「go bankrupt」のような形で形容詞としても使います。「破産」という行為は「bankruptcy」。これらはいずれも時事英語での必須単語です。

■ intact

次の2つのパラグラフは元の記事では中段にあります。

「significant」は「重要な、意義深い」ですが、規模や量が有意なほどのという意味での「かなりの、大幅の」。「considerable」もこうした使い方をしますね。「考慮すべき」ほど「かなりの(数量)」。

「It was not until〜 that…」は「・・・は〜までなかった」。つまり「〜して初めて・・・した」。学校英語でお馴染みでしょうか。

「dawn」は「夜明け、あけぼの」。「たそがれ、夕暮れ」は「dusk」。

ここの「build」は自動詞で「(物事の程度が)高まる、強まる」。主語の
「pressure」の具体的な内容を指すのが「to relax…」以下。この形の文章もかなり目にします。

第4パラグラフです。「ensue」は「続く、続いて起こる」。「follow」と違って、こちらはフランス語出身。これもよく目にしますが、多少はカッコよく響くのでしょう。

この文は、主語が「What」で述語動詞が「was」。英語の文章を読むときには、主語と動詞を見極めることが大事だと言います。でも、文意の重心がそこにあるとは限りません。この文で大事なのは「in a way」以下です。次の文もそうです。英語を読む際に頭に入れていた方がいいポイントです。文法に沿ってひっくり返して訳すと、そのへんが伝わらなくなる恐れもあります。

「intact」は「完全なままで、損傷のない、そっくりそのままで」という意味の形容詞。これもよく使われる単語です。


【 日本の陸に上がってみると 】

外国人労働者を阻む日本の高い壁
( New York Times )

国民の高齢化に伴う差し迫った労働力不足に直面しているにもかかわらず、日本は移民に門戸を開くという方策をほとんど取ってこなかった。それどころか、フランシスカさんを初めとする多くの人が思い知ったように、政府は反対のことをしている。積極的に外国人労働者と大学や専門学校の外国人卒業生に帰国を促す一方で、小さな利益団体を保護している。フランシスカさんの場合には、地元の看護協会が、外国人看護師の流入は看護師の賃金の低下を招くと恐れているからだ。

専門家が言うように、移民の増加は明らかに経済成長が停滞した日本の20年間への治療薬の1つになる。だが、若い労働者(と彼らが備えた新鮮な考え)を受け入れる代わりに、日本政府は人口統計学的な危機を甘受しているかのようだ。そのために国家の経済成長は抑制され、慢性的な財政赤字に対処する努力は阻害され、社会保障制度は破綻しようとしている。

日本は第二次世界大戦後の数十年間、かなりの数の移民を経験してきたが、1980年代の「バブル経済」の始まりでようやく現実的な圧力が高まった。政府は移民の制限を緩和して、製造業や建設業などの産業に労働力を供給するよう迫られた。

その結果、移民法は改正されたが、それは政治家が日本民族の同質性を損なわないと信じる限りにおいてのことだった。1990年、政府が始めたビザの発行は日系の外国市民に限定された。例えば、前世紀に新天地を求めてブラジルに渡った日本人の子孫などだ。1990年代、サイトウさんのように仕事を求めて日本に来た日系ブラジル人の数は急増した。


【 もう一度、泳ごう 】

Japan Keeps a High Wall for Foreign Labor
( New York Times )

Despite facing an imminent labor shortage as its population ages, Japan has done little to open itself up to immigration. In fact, as Ms. Fransiska and many others have discovered, the government is doing the opposite, actively encouraging both foreign workers and foreign graduates of its universities and professional schools to return home while
protecting tiny interest groups - in the case of Ms. Fransiska, a local nursing association afraid that an influx of foreign nurses would lower industry salaries.

Experts say increased immigration provides one obvious remedy to Japan’s two decades of lethargic economic growth. But instead of accepting young workers, however - and along with them, fresh ideas - Tokyo seems to have resigned itself to a demographic crisis that threatens to stunt the
country’s economic growth, hamper efforts to deal with its chronic budget deficits and bankrupt its social security system.

Though Japan had experienced a significant amount of migration in the
decades after World War II, it was not until the dawn of Japan’s “bubble economy” of the 1980s that real pressure built on the government to relax immigration restrictions as a way to supply workers to industries like manufacturing and construction.

What ensued was a revision of the immigration laws in a way that policy makers believed would keep the country’s ethnic homogeneity intact. In 1990, Japan started to issue visas to foreign citizens exclusively of Japanese descent, like the descendants of Japanese who emigrated to Brazil in search of opportunities in the last century. In the 1990s, the number of Japanese Brazilians who came to Japan in search of work, like Mr. Saito, surged.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/evuTYB


● 編集後記

連日、厳しい寒さが続いています。今夜も鍋です。お取り寄せのもつ鍋。でも、きちんと解凍してから煮込みましょう。前回は味が染みていませんでした><




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。