2010年12月22日

私たちの思考は母語に規定されているのか?


Does Your Language Shape How You Think?
( New York Times )

Seventy years ago, in 1940, a popular science magazine published a short article that set in motion one of the trendiest intellectual fads of the 20th century. At first glance, there seemed little about the article to augur its subsequent celebrity. Neither the title, “Science and
Linguistics,” nor the magazine, M.I.T.’s Technology Review, was most people’s idea of glamour. And the author, a chemical engineer who worked for an insurance company and moonlighted as an anthropology lecturer at Yale University, was an unlikely candidate for international superstardom. And yet Benjamin Lee Whorf let loose an alluring idea about language’s power over the mind, and his stirring prose seduced a whole generation into believing that our mother tongue restricts what we are able to think.

In particular, Whorf announced, Native American languages impose on their speakers a picture of reality that is totally different from ours, so
their speakers would simply not be able to understand some of our most
basic concepts, like the flow of time or the distinction between objects (like “stone”) and actions (like “fall”). For decades, Whorf’s theory dazzled both academics and the general public alike. In his shadow, others made a whole range of imaginative claims about the supposed power of
language, from the assertion that Native American languages instill in
their speakers an intuitive understanding of Einstein’s concept of time as a fourth dimension to the theory that the nature of the Jewish religion was determined by the tense system of ancient Hebrew.

Eventually, Whorf’s theory crash-landed on hard facts and solid common sense, when it transpired that there had never actually been any evidence to support his fantastic claims. The reaction was so severe that for
decades, any attempts to explore the influence of the mother tongue on our thoughts were relegated to the loony fringes of disrepute. But 70 years on, it is surely time to put the trauma of Whorf behind us. And in the last few years, new research has revealed that when we learn our mother tongue, we do after all acquire certain habits of thought that shape our experience in significant and often surprising ways.


【 まずは準備運動 】

・fad 一時的流行
・augur 前兆を示す
・allure 魅惑する、誘う
・seduce 誘惑する、唆す
・intuitive 直感(intuition)の
・relegate (ある場所・地位へ)追いやる、追放する
・loony 狂気の、馬鹿な
・disrepute 不評判、悪評



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Seventy years ago, /
70年前 /

in 1940,
1940年に

a popular science magazine published a short article
人気のある科学雑誌が短い記事を発表した

that set in motion
動きの中にセットした

one of the trendiest intellectual fads of the 20th century.
20世紀の最もトレンディーな知的な流行のひとつを

At first glance,
最初の一目で

there seemed little about the article
記事についてはほとんどないようだった

to augur its subsequent celebrity.
それの次の有名の前兆を示すことにおいて

Neither the title, “Science and Linguistics,”
タイトル「科学と言語学」も(ない)

nor the magazine, M.I.T.’s Technology Review,
雑誌MITテクノロジーレビューも(ない)

was most people’s idea of glamour.
たいていの人々の魅力についての考えだった

And the author,
そして著者は

a chemical engineer who worked for an insurance company
保険会社のために働いていた化学技師

and moonlighted as an anthropology lecturer at Yale University,
そしてエール大学で人類学の講師としてムーンライトしていた

was an unlikely candidate for international superstardom.
国際的なスーパースターダムにとってありそうのない候補だった

And yet Benjamin Lee Whorf let loose an alluring idea
そしてそれでもベンジャミン・リー・ウォーフは魅惑する考えを解き放った

about language’s power over the mind,
心の上の言語の力について

and his stirring prose seduced a whole generation into believing
そして彼のかき回す散文は全体の世代を信じることの中に誘惑した

that our mother tongue restricts what we are able to think.
私たちの母語は私たちが考えられることを制限する


In particular,
特に

Whorf announced,
ウォーフは発表した

Native American languages impose on their speakers
ネイティブアメリカンの言語は彼らの話者に課す

a picture of reality
現実感の絵を

that is totally different from ours,
完全に私たちのものとは異なる

so their speakers would simply not be able to understand some
だから彼らの話者は単純にいくつかが理解することができないだろう

of our most basic concepts,
私たちの最も基本的な概念の

like the flow of time
時の流れのような

or the distinction
あるいは区別

between objects (like “stone”) and actions (like “fall”).
物体(「石」のような)と動き(「落ちる」のような)の間の

For decades,
数十年間

Whorf’s theory dazzled both academics and the general public alike.
ウォーフの理論は両方の大学人と一般社会を同様に眩惑した

In his shadow,
彼の陰の中で

others made a whole range of imaginative claims
他の人々は全体の範囲の想像的な主張を作った

about the supposed power of language,
言語の想定された力について

from the assertion
断定から

that Native American languages instill in their speakers
ネイティブアメリカンは彼らの話者の中にしみ込ませる

an intuitive understanding of Einstein’s concept of time
アインシュタインの時間の概念の直感的な理解を

as a fourth dimension
四次元として

to the theory
理論まで

that the nature of the Jewish religion was determined
ユダヤ教の性質は決定された

by the tense system of ancient Hebrew.
古代ヘブライ語の時制体系によって


Eventually,
最終的に

Whorf’s theory crash-landed on hard facts and solid common sense,
ウォーフの理論は厳しい事実と硬い常識の上に胴体着陸した

when it transpired
それが分かったときに

that there had never actually been any evidence
実際にどんな証拠もなかった

to support his fantastic claims.
彼の魅力的な主張を支持する

The reaction was so severe
反応はとても厳しかった

that for decades,
数十年間

any attempts to explore the influence
影響を探索するためのどんな試みも

of the mother tongue on our thoughts
母語の私たちの考えへの

were relegated to the loony fringes of disrepute.
馬鹿な不評判の縁へと追いやられた

But 70 years on,
しかしそれから70年

it is surely time to put the trauma of Whorf behind us.
それは確かにウォーフのトラウマを私たちの後ろに置くための時間だ

And in the last few years,
そして過去数年間において

new research has revealed
新しい研究が明らかにした

that when we learn our mother tongue,
私たちが私たちの母語を学ぶときに

we do after all acquire certain habits of thought
私たちは確かに結局思考の習慣を獲得する

that shape our experience in significant and often surprising ways.
私たちの経験を重要なしばしば驚くべき方法で形成する


【 英語ってどんな海? 】

俗に、サピア=ウォーフ理論と言います。言語が異なれば、外界の見方も異なる。大雑把に言えば、こういう考えです。昔、かじった程度で詳しいわけではありませんが、興味のある分野なので取り上げてみました。

■ moonlight

3段落とはいえぎっしり詰まった文章なので、説明は簡単に。

第1パラグラフです。「set」の目的語は「one of…」。「set〜in motion」で「〜を動かす、働かせる」。

「neither A nor B…」は「AでもBも・・・ない」。

「most people’s idea of glamour」は「たいていの人々の魅力についての考え」。要するに、「たいていの人々が魅力的だと考えるもの」。「of」は易しそうな難しい単語です。

He is a man of ability.
(彼は有能な人だ)

She was an angel of a girl.
(彼女は天使のような少女だった)

He married without the knowledge of his parents.
(彼は、両親の知らないうちに結婚していた)

「moonlight」は「月光、月明かり」。転じて、夜間の副業の「アルバイトをする」という意味の動詞になります。そういう人は「moonlighter」。

「let loose」も先程の「set in motion」と同じように「an alluring idea」が目的語で、「解き放つ、自由にする」。

■ crash‐land

第3パラグラフです。「crash‐land」は「ガシャーンと着陸する」ですから、飛行機が「胴体着陸する、不時着する(させる)」。「胴体着陸、平落ち着陸」には、形からの連想で「pancake landing」という言葉があるのをさっき知りました。

「transpire」は「(秘密などが)分かる、知れる」。別の語句に言い換えれば「turn out」です。

さて、この記事は8月のニューヨーク・タイムズの『サンデー・マガジン』に掲載されたもので、後で読もうとブックマークしていた中からの蔵出しです。

でも、なかなか面白そうでしょ?全5ページとちょっと長目ですが、弊誌からのクリスマス・プレゼントです。頑張って読んでみてくださいな。僕もこれからゆっくりと読みます^^;

参考:ベンジャミン・ウォーフ(ウィキペディア)

http://bit.ly/i75hdW


【 日本の陸に上がってみると 】

私たちの思考は母語に規定されているのか?
( New York Times )

70年前の1940年、ある人気科学雑誌に発表された短い論文が、20世紀屈指の知的流行を引き起こした。一見したところ、その後の名声を予感させるような論文ではなかった。「科学と言語学」という題名も、『マサチューセッツ工科大学テクノロジー・レビュー』の誌面も、一般市民の考えではうっとりさせるものではない。そして、その著者の、保険会社の化学技師にして副業はエール大学の人類学講師という肩書きも、国際的なスーパースターの候補には相応しくなかった。だが、ベンジャミン・リー・ウォーフが思考に及ぼす言語の力についての魅力的な考えを解き放つと、その刺激的な文章に一世代全体が虜にされ、私たちは母語によって思考内容が制限されると信じ込んだ。

具体的なウォーフの説によれば、アメリカ原住民の言語が話者に負わせる現実像は私たちのものとは全く違う。だから、その話者には私たちにとっては最も基本的な幾つかの概念がどうしても理解できない。例えば、時間の流れや、対象(「石」)とその動き(「落ちる」)の区別などだ。数十年間、ウォーフの理論には学会ばかりか一般社会も同様に目を瞠った。影響を受けた人々は、言語の力とされるものへの想像を逞しくして様々な主張を繰り広げた。アメリカ原住民の言語はその話者に、アインシュタインの時間の概念を四次元として理解する直感を植え付けるという断定や、ユダヤ教の性質は、古代ヘブライ語の時制体系によって決定されたという理論などだ。

やがて、ウォーフの理論は厳しい現実と硬い常識という壁にぶつかった。明らかに、その魅力的な主張を支持する確たる証拠がなかった。反発はとても激しく、数十年もの間、母語の思考への影響を探る試みはすべて、不評を買う愚説として退けられた。だが、それから70年を経た今こそ、ウォーフのトラウマから決別する時だ。そして、ここ数年間の新たな研究が明らかにしたように、私たちはやはり母語を学ぶ時にある種の思考の習慣を身につけ、それが私たちの経験を豊かな含みとしばしば驚きを伴った形で輪郭づけている。


【 もう一度、泳ごう 】

Does Your Language Shape How You Think?
( New York Times )

Seventy years ago, in 1940, a popular science magazine published a short article that set in motion one of the trendiest intellectual fads of the 20th century. At first glance, there seemed little about the article to augur its subsequent celebrity. Neither the title, “Science and
Linguistics,” nor the magazine, M.I.T.’s Technology Review, was most people’s idea of glamour. And the author, a chemical engineer who worked for an insurance company and moonlighted as an anthropology lecturer at Yale University, was an unlikely candidate for international superstardom. And yet Benjamin Lee Whorf let loose an alluring idea about language’s power over the mind, and his stirring prose seduced a whole generation into believing that our mother tongue restricts what we are able to think.

In particular, Whorf announced, Native American languages impose on their speakers a picture of reality that is totally different from ours, so
their speakers would simply not be able to understand some of our most
basic concepts, like the flow of time or the distinction between objects (like “stone”) and actions (like “fall”). For decades, Whorf’s theory dazzled both academics and the general public alike. In his shadow, others made a whole range of imaginative claims about the supposed power of
language, from the assertion that Native American languages instill in
their speakers an intuitive understanding of Einstein’s concept of time as a fourth dimension to the theory that the nature of the Jewish religion was determined by the tense system of ancient Hebrew.

Eventually, Whorf’s theory crash-landed on hard facts and solid common sense, when it transpired that there had never actually been any evidence to support his fantastic claims. The reaction was so severe that for
decades, any attempts to explore the influence of the mother tongue on our thoughts were relegated to the loony fringes of disrepute. But 70 years on, it is surely time to put the trauma of Whorf behind us. And in the last few years, new research has revealed that when we learn our mother tongue, we do after all acquire certain habits of thought that shape our experience in significant and often surprising ways.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/hpWdYW


● 編集後記

早いもので、今年も10日を切りました。ニューヨーク・タイムズ電子版も変わるようですし、さて来年はどうしましょうか。




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174503403
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。