2010年12月15日

戦争マシンとしてロボットを徴兵する


War Machines: Recruiting Robots for Combat
( New York Times )

War would be a lot safer, the Army says, if only more of it were fought by robots.

And while smart machines are already very much a part of modern warfare, the Army and its contractors are eager to add more. New robots - none of them particularly human-looking - are being designed to handle a broader range of tasks, from picking off snipers to serving as indefatigable night sentries.

In a mock city here used by Army Rangers for urban combat training, a 15-inch robot with a video camera scuttles around a bomb factory on a spying mission. Overhead an almost silent drone aircraft with a four-foot wingspan transmits images of the buildings below. Onto the scene rolls a sinister-looking vehicle on tank treads, about the size of a riding lawn mower, equipped with a machine gun and a grenade launcher.

Three backpack-clad technicians, standing out of the line of fire, operate the three robots with wireless video-game-style controllers. One swivels the video camera on the armed robot until it spots a sniper on a rooftop. The machine gun pirouettes, points and fires in two rapid bursts. Had the bullets been real, the target would have been destroyed.

Yet the idea that robots on wheels or legs, with sensors and guns, might someday replace or supplement human soldiers is still a source of extreme controversy. Because robots can stage attacks with little immediate risk to the people who operate them, opponents say that robot warriors lower the barriers to warfare, potentially making nations more trigger-happy and leading to a new technological arms race.


【 まずは準備運動 】

・indefatigable 疲れない、根気のよい(fatigue:疲労)
・sentry 哨兵、見張り番
・mock まがいの、偽の、(真似して)あざ笑う
・scuttle 急いで行く、あわてて走る
・swivel 旋回・回転させる
・opponent (試合・議論の)相手、反対者



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

War would be a lot safer, /
戦争はもっとより安全になるだろう /

the Army says,
陸軍は言う

if only more of it were fought by robots.
それのもっと多くをロボットによって戦われさえすれば


And while smart machines are already very much a part of modern
warfare,
そしてスマートマシンはすでにとても現代戦争の一部なのだが

the Army and its contractors are eager to add more.
陸軍とその契約者たちはしきりにもっと多くを加えたがっている

New robots -
新しいロボットは

none of them particularly human-looking -
それらのゼロ個が特に人間的な見た目

are being designed to handle a broader range of tasks,
より広い任務を扱うためにデザインされている

from picking off snipers
スナイパーを摘み取ることから

to serving as indefatigable night sentries.
疲れを知らない夜の哨兵として仕えることまで


In a mock city here
ここ(ジョージア州フォート・ベニング)の偽の都市において

used by Army Rangers for urban combat training,
都市の戦闘訓練のためにアーミー・レンジャーズによって使われている

a 15-inch robot with a video camera
ビデオカメラを伴った15インチのロボットが

scuttles around a bomb factory on a spying mission.
スパイのミッションの上で爆弾工場のまわりを走る

Overhead an almost silent drone aircraft with a four-foot wingspan
頭上ではほとんど沈黙した4フィートの翼幅を伴ったドローン航空機が

transmits images of the buildings below.
下の建物の映像を送信する

Onto the scene rolls a sinister-looking vehicle on tank treads,
シーンの上には戦車のトレッドの上で不吉な車両が回転する

about the size of a riding lawn mower,
乗るための芝刈り機のサイズぐらいの

equipped with a machine gun and a grenade launcher.
マシンガンや手投げ弾のランチャーを備え付けられた


Three backpack-clad technicians,
3人のバックパックを着せられた技術者が

standing out of the line of fire,
火の線の外に立っている

operate the three robots with wireless video-game-style controllers.
無線のビデオゲーム式のコントローラーでこれら3台のロボットを操縦する

One swivels the video camera on the armed robot
ひとりは武装されたロボットのビデオカメラを回転させる

until it spots a sniper on a rooftop.
それが屋根の上のスナイパーを見つけるまで

The machine gun pirouettes, points and fires in two rapid bursts.
マシンガンはピルエットし方向を指しそして2つの速い爆発において発射する

Had the bullets been real,
弾丸が本物だったら

the target would have been destroyed.
標的は破壊されていただろう


Yet the idea
それでもその考えは

that robots on wheels or legs,
車輪または脚の上のロボットが

with sensors and guns,
センサーと銃を伴った

might someday replace or supplement human soldiers
いつか人間の兵士に取って代わるまたはサプリメントするかもしれない

is still a source of extreme controversy.
まだ極端な論争のソースだ

Because robots can stage attacks
なぜならロボットは攻撃をステージしうる

with little immediate risk to the people who operate them,
それらを操縦する人々へのほとんどない直接のリスクを伴った

opponents say
反対者は言う

that robot warriors lower the barriers to warfare,
ロボット戦士は戦争へのバリアを低くする

potentially making nations more trigger-happy
潜在的に国々を引き金ハッピーにしながら

and leading to a new technological arms race.
そして新しいテクノロジー上の武器競争へとつながる


【 英語ってどんな海? 】

米国兵の犠牲を減らすためにリクルートされるロボットたち。先日、編集後記で触れましたが、NHKスペシャル『貧者の兵器とロボット兵器』には驚きました。というわけで今回は、今どきの米国の戦争に関する記事を。

■ 仮定法過去

第1パラグラフは仮定法過去ですね。「it」は「war」を指しています。

第2パラグラフです。「smart」(頭のいい、賢明な)は「smartphone」の「smart」で、英英辞書によれば「as if by human intelligence by using automatic computer control」という説明も。「コンピュータの自動制御を使って、さながら人間の知能によるかのように」。

「robot」の説明には、「a mechanical device that sometimes resembles a
human」との件も。「時々、人間に似ている機械装置」。だからわざわざ「 none of them particularly human-looking」と書いているのでしょう。

第3パラグラフです。「drone」は巣の中にいて働かない「オスのミツバチ」や、蚊やハチなどが出す「ブーン」という音。転じて、遠隔操縦の「無人飛行機」。音はしないと記事にはありますが、単調な低音からの連想でしょうか。

「Onto the scene」以下の文は倒置になっています。主語が「a sinister-looking vehicle」で、動詞が「roll」。「tread」は動詞なら「踏む、歩く」、名詞なら「(車輪、タイヤなどの)接地面、その溝、靴底」。ここは「tank treads」なので「戦車のキャタピラー」でしょう。

実際にどんなものなのかは下のリンクからどうぞ。ニューヨーク・タイムズです。その他のロボット兵士たちも含めて、凝った映像で見られます。

http://nyti.ms/f1AhBB

■ 仮定法過去完了

第4パラグラフです。「clad」は文語で「服を着せる」の「clothe」の過去・過去分詞形。

この「line」は「戦線」の「線」。「in the line of fire」で「銃弾が飛び交う中で」。次の「線」は「方面、分野」のことで、

What line of business are you in?
(ご商売は何ですか)

「pirouette」はバレエ用語で「つま先旋回・する」だそうです。優雅な印象を表しているのでしょうか。

最後の文は仮定法過去完了ですね。「if」を省略すると「had」がひっくり返って前に出てきます。

英語は時間の扱いが厳しいのですが、この2段落はすべて現在形になっています。「歴史的現在」と言い、眼前で物事が繰り広げられているかのような効果を狙っています。小説などでよく使われる作戦です。

「Yet」から始まる最後のパラグラフは記事本文では7段落目です。話がつながっていないのはそのせいです。

この「stage」は動詞で「実行する、実現する」。台本が完成して舞台にかける、という意味合いからでしょう。よく使われる用法です。

「即座の、即時の」の「immediate」は「of or relating to the present time and place」なので、空間的な近さも表します。

「trigger-happy」の「trigger」は「(銃の)引き金」ですから、「むやみに銃を撃ちたがる、好戦的な」。反対に「gun-shy」と言えば「銃声に脅えやすい、弱気の」。


■ メルマガ紹介 ■

このメルマガにもれなく付いてくるPDF冊子(35ページ)で紹介されていた英語学習ソフトをダウンロードしてみました。この手のソフトウェアを試したのは生まれて初めてですが^^;これがなかなか面白いし、難しい。

こうした無料のツールを使って遊び感覚で英語が学べるのですから、いい時代になったものです。恥ずかしくて、間違えたところは教えられません><
(K.Andoh)

⇒⇒⇒ http://123direct.info/tracking/af/249820/LjGqqao6/


【 日本の陸に上がってみると 】

戦争マシンとしてロボットを徴兵する
( New York Times )

戦争はもっと安全なものになるかもしれない、と陸軍は言う。これからの戦争に携わるのがロボットになりさえすれば、と。

そして、確かにスマート兵器は近代戦争の一端を担っているのだが、陸軍と契約業者はその拡張に余念がない。新たなロボットが、それらはことさら人間然とはしていないのだが、より広範な任務、すなわち狙撃兵の射殺から一晩中眠らない哨兵の役目までを果たすべく計画されている。

陸軍特殊部隊が市街戦の訓練のために使用しているフォート・ベニングの演習用の都市では、ビデオカメラを付けた38センチのロボットが偵察の使命を帯びて爆弾製造工場の周りを走っている。ほとんど音を立てない翼幅1.2メートルの無人航空機は上空から、地上の建物の映像を送信する。そして、この場に現れたのは戦車のキャタピラーを履いた不吉な外観の車両だ。大きさは乗用芝刈り機ほどで、機関銃と擲弾発射筒が搭載されている。

リュックサックを背負った3人の技術者は、銃弾が飛び交う前線とは離れた場所から無線のビデオゲーム式の制御装置で3台のロボットを操縦する。1人が武装ロボットのビデオカメラを回転させ、そして屋根の狙撃兵を発見した。機関銃がくるりと向きを変え、狙いを定め、立て続けに2回ぶっ放した。その弾丸が本物なら、標的は破壊されたことになる。

それでも、車輪または脚を持ち、センサーと銃を備えたロボットがそのうち人間の兵士に取って代わる、もしくは補完的な役割を果たすようになるとの考え方は、今なお激しい論争の火元だ。ロボットはそれを操縦する人間が直接的なリスクを負わない攻撃を具現してしまうがゆえに、と述べる反対意見によれば、ロボット兵士によって戦争への障壁は低くなり、これまでにも増して銃を撃ちたがる国家が現れ、さらには新たなハイテク軍拡競争への道を開いてしまう可能性がある。


【 もう一度、泳ごう 】

War Machines: Recruiting Robots for Combat
( New York Times )

War would be a lot safer, the Army says, if only more of it were fought by robots.

And while smart machines are already very much a part of modern warfare, the Army and its contractors are eager to add more. New robots - none of them particularly human-looking - are being designed to handle a broader range of tasks, from picking off snipers to serving as indefatigable night sentries.

In a mock city here used by Army Rangers for urban combat training, a 15-inch robot with a video camera scuttles around a bomb factory on a spying mission. Overhead an almost silent drone aircraft with a four-foot wingspan transmits images of the buildings below. Onto the scene rolls a sinister-looking vehicle on tank treads, about the size of a riding lawn mower, equipped with a machine gun and a grenade launcher.

Three backpack-clad technicians, standing out of the line of fire, operate the three robots with wireless video-game-style controllers. One swivels the video camera on the armed robot until it spots a sniper on a rooftop. The machine gun pirouettes, points and fires in two rapid bursts. Had the bullets been real, the target would have been destroyed.

Yet the idea that robots on wheels or legs, with sensors and guns, might someday replace or supplement human soldiers is still a source of extreme controversy. Because robots can stage attacks with little immediate risk to the people who operate them, opponents say that robot warriors lower the barriers to warfare, potentially making nations more trigger-happy and leading to a new technological arms race.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/hUDQ0A


● 編集後記

ロボットと言えば、今一番欲しいのがお掃除ロボットのルンバです。高齢で足腰の悪い両親にプレゼントしたいのですが、ビンボーな僕には高くて買えません。今年はお酒も控えて、いい子にしたので、サンタさん、よろしくお願いします・・・ヒック♪




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173247514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。