2010年12月06日

クリントン長官「米外交はウィキリークスの攻撃に耐えられる」


Clinton Says U.S. Diplomacy Will Survive ‘Attack’
( New York Times )

Some world leaders expressed anger on Monday over the disclosures in
confidential American diplomatic cables, even as Secretary of State
Hillary Rodham Clinton said she was confident that the administration’s diplomatic relationships would withstand the upheaval.

Mrs. Clinton’s comments came as she prepared to set off on a trip to
Central Asia and the Persian Gulf. There, she will encounter for the first time officials from countries that figure prominently in the diplomatic cables obtained by WikiLeaks, an organization devoted to revealing
government secrets, and published in The New York Times and European
publications.

The cables included frank and unflattering characterizations of world
leaders by American diplomats.

For example, the German chancellor, Angela Merkel, was characterized in the cables as “risk averse and rarely creative,” and Mrs. Clinton’s counterpart in Germany, Foreign Minister Guido Westerwelle, was dismissed as having little power. Prime Minister Silvio Berlusconi of Italy was described as “feckless” and “vain,” while President Nicolas Sarkozy of France was called thin-skinned.


【 まずは準備運動 】

・withstand 耐える、抵抗する
・upheaval 押し上げ、大変動、激変
・prominently 著しく、顕著に
・devote 一身を捧げる、専心する
・averse 嫌って、反対して



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Some world leaders expressed anger on Monday /
何人かの世界のリーダーたちは月曜日に怒りを表現した /

over the disclosures in confidential American diplomatic cables,
機密のアメリカの外交のケーブルにおいての暴露をめぐって

even as Secretary of State Hillary Rodham Clinton said
ヒラリー・ローダム・クリントン国務長官が言ったときでも

she was confident
彼女は確信していた

that the administration’s diplomatic relationships
政権の外交の関係は

would withstand the upheaval.
激変に耐えるだろう


Mrs. Clinton’s comments came
クリントン氏のコメントは来た

as she prepared to set off
彼女がセットオフするために準備していたときに

on a trip to Central Asia and the Persian Gulf.
中央アジアとペルシャ湾岸への旅に

There,
そこで

she will encounter for the first time officials from countries
彼女は国々からのオフィシャルと初めて遭遇する

that figure prominently in the diplomatic cables
外交ケーブルにおいて著しく目立つ

obtained by WikiLeaks,
ウィキリークスによって獲得された

an organization devoted to revealing government secrets,
政府の秘密を暴くことに一身を捧げられた組織

and published in The New York Times and European publications.
そしてニューヨーク・タイムズやヨーロッパの出版物において公表された


The cables included frank and unflattering characterizations of world leaders
ケーブルは世界のリーダーたちの率直なそしてあからさまな特徴づけを含んでいた

by American diplomats.
アメリカの外交官による


For example,
たとえば

the German chancellor, Angela Merkel,
ドイツ首相アンゲラ・メルケルは

was characterized in the cables
ケーブルにおいて特徴づけされていた

as “risk averse and rarely creative,”
「リスクを嫌いそしてめったに創造的でない」として

and Mrs. Clinton’s counterpart in Germany,
そしてドイツにおいてのクリントン氏のカウンターパートは

Foreign Minister Guido Westerwelle,
ギド・ヴェスターヴェレ外相

was dismissed as having little power.
殆どない力を持っているとして退けられた

Prime Minister Silvio Berlusconi of Italy was described
イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相は描写された

as “feckless” and “vain,”

「フェックレス」そして「うぬぼれている」として

while President Nicolas Sarkozy of France was called thin-skinned.
その一方でフランスのニコラ・サルコジ大統領は薄い皮膚をしたと呼ばれた


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、物議を醸しているウィキリークスに関する記事を。

■ disclosure

「disclosure」は「暴露、発覚(した事柄)」。動詞が「disclose」。「閉じる、閉める」の「close」に「反対、否定」の意の接頭辞が付いた語です。同意語の「reveal」は記事にも出てきます。

「confide」は「信用する、信頼する、(信頼して)秘密を打ち明ける」。名詞形の「confidence」が「信用、信頼、秘密(を打ち明けること)、自信」。

「confident」という形容詞が「確信して、自信を持って」。「confidential」だと「信任の厚い、機密の、内々の」。

第2パラグラフです。この「come」の使い方もよく目にします。広告文の
「coming soon」なら「近日発売」「近日公開」。

「set off」には「引き起こす、爆発させる」などいろいろな意味がありますが、ここは「出発する」。「off」は「くっついて」の「on」の反対で「離れて」というのが基本概念。

Hillary is off today.
(ヒラリーは今日お休みです)

なるほど、離れています。「put off」なら「離れて置く」ので「延期する」。「call off」なら「離れてと呼ぶ」ので「中止する」。「set off」もこの線でイメージが掴めるのではないかと。

ここの「figure」(形、図、数字)は動詞で、「目立つ、卓越する(ように見える)」。

■ unflattering

第3パラグラフです。「flatter」は「お世辞、へつらい、喜ばせる」。「unflatter」という語はないようですが、「unflattering」で「へつらわない、ありのままを示す」という意の形容詞。

This picture flatters me.
(この写真の私はよく撮れている)

よく使われる英語的な表現です。

第4パラグラフです。「counterpart」は「片割れ、相対物」。対を成すものの一方のことで、異なる組織で対応関係にある人や地位を指します。

英英辞書によれば、「feckless」は「lacking purpose or vitality」(目的や活力を欠く)や「careless and irresponsible」(不注意で無責任な)。この「feck」は「effect」(結果、効果)が変形したものだとか。

「vain」は「うぬぼれて、虚栄心の強い、無益な、無駄な」。名詞形が
「vanity」。

直訳すれば「薄い皮膚をした」の「thin-skinned」も英英辞書によれば、
「oversensitive, especially to criticism or insult」(神経過敏、特に批判や侮辱に対して)。

その反対が「thick-skinned」で「鈍感な、図太い」。日本語でも「面の皮が厚い」などと言いますが、これは「brazen-faced」。


【 日本の陸に上がってみると 】

クリントン長官「米外交はウィキリークスの攻撃に耐えられる」
( New York Times )

世界の指導者の一部が月曜日、米国の機密外交公電の暴露をめぐって怒りをあらわにしたが、ヒラリー・ローダム・クリントン国務長官は自信を示し、政府間の外交関係はこの混乱に耐えられると述べた。

クリントン氏がこの見解を発表したのは、中央アジアやペルシャ湾岸諸国への訪問の準備に追われているときだった。そこで長官が初めて会う各国の政府高官は外交公電でも目立つ存在だった。その公電は政府の秘密を暴露することに取り組んでいる組織ウィキリークスが入手し、ニューヨーク・タイムズやヨーロッパのメディアが公表した。

外交公電では、米国の外交官による世界の指導者に対する率直にして不躾な人物評価が行われていた。

例えば、ドイツのアンゲラ・メルケル首相の公電での評価は「リスクを嫌い、創造性に欠ける」。クリントン氏と同等の地位にあるドイツのギド・ヴェスターヴェレ外相は力がないと一蹴。イタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相は「無責任でうぬぼれが強い」と表現。フランスのニコラ・サルコジ大統領は「気難し屋」と呼んでいた。


【 もう一度、泳ごう 】

Clinton Says U.S. Diplomacy Will Survive ‘Attack’
( New York Times )

Some world leaders expressed anger on Monday over the disclosures in
confidential American diplomatic cables, even as Secretary of State
Hillary Rodham Clinton said she was confident that the administration’s diplomatic relationships would withstand the upheaval.

Mrs. Clinton’s comments came as she prepared to set off on a trip to
Central Asia and the Persian Gulf. There, she will encounter for the first time officials from countries that figure prominently in the diplomatic cables obtained by WikiLeaks, an organization devoted to revealing
government secrets, and published in The New York Times and European
publications.

The cables included frank and unflattering characterizations of world
leaders by American diplomats.

For example, the German chancellor, Angela Merkel, was characterized in the cables as “risk averse and rarely creative,” and Mrs. Clinton’s counterpart in Germany, Foreign Minister Guido Westerwelle, was dismissed as having little power. Prime Minister Silvio Berlusconi of Italy was described as “feckless” and “vain,” while President Nicolas Sarkozy of France was called thin-skinned.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/hcUHjL


● 編集後記

「読者さんの本棚」はご存知ですか?
このメルマガを気に入ってくれた方はぜひ <(_ _)>
↓ ↓ ↓
http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.html




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172107750
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。