2010年11月29日

北朝鮮砲撃事件、中国への依存と抵抗


North Korea Relies on China, but Tends to Resist Its Guidance
( New York Times )

North Korea’s unending appetite for confrontation has left many wondering what its bottom line is, none more so than its supposed patron and big
brother, China.

Despite its impoverishment and heavy dependence on Chinese aid and
support, North Korea seems to regularly defy every Chinese diplomatic
initiative, from Beijing’s work to keep the Korean Peninsula nuclear-free to its efforts to prevent a violent confrontation.

China’s influence is rising steadily around the world. But the problem of how to manage North Korea, its Communist neighbor and onetime ally, appears to befuddle China’s leaders, who stumble from indulging the North to sending occasional signals of pique, all without persuading the country to adopt a path toward greater
openness or stability.

The North Korean shelling of a South Korean island seemed to have been even more of a shock. On Tuesday, Chinese officials implied that they had no advance knowledge at all and still had no contact. At a press briefing, a Foreign Ministry spokesman said China needed to verify media reports.


【 まずは準備運動 】

・impoverishment 貧困化
・prevent 予防する、防止する
・ally 同盟者、同盟国
・befuddle 困惑させる、まごつかせる
・adopt 採用する、養子にする
・imply 暗示する、ほのめかす



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

North Korea’s unending appetite for confrontation /
北朝鮮の終わらない対峙への欲求は /

has left many wondering
多くを思わせている

what its bottom line is,
その結論は何なのか

none more so than its supposed patron and big brother,
そのパトロンでビッグブラザーと思われているものよりもっとそうなのはない

China.
中国


Despite its impoverishment
その貧困化にもかかわらず

and heavy dependence on Chinese aid and support,
そして中国の援助と援助への重い依存

North Korea seems
北朝鮮は・・・ようだ

to regularly defy every Chinese diplomatic initiative,
定期的にすべての中国の外交のイニシアチブに反抗する

from Beijing’s work to keep the Korean Peninsula nuclear-free
朝鮮半島を核フリーに保つための北京の仕事から

to its efforts to prevent a violent confrontation.
暴力的な対峙を防ぐためのその努力まで


China’s influence is rising steadily around the world.
中国の影響力は世界中で着実に上がっている

But the problem of how to manage North Korea,
しかし北朝鮮を管理する方法の問題は

its Communist neighbor and onetime ally,
その共産主義の隣国そして一時期の同盟国

appears to befuddle China’s leaders,
中国のリーダーたちを困惑させているようだ

who stumble from indulging the North
北を甘やかすことからつまづく

to sending occasional signals of pique,
時々の立腹のシグナルを送ることまで

all without persuading the country to adopt a path
その国に道を採用することを説得することのないすべて

toward greater openness or stability.
より大きなオープンさと安定に向かう


The North Korean shelling of a South Korean island
北朝鮮の韓国の島の砲撃は

seemed to have been even more of a shock.
ショックのはるかに大きなものだったようだ

On Tuesday,
火曜日に

Chinese officials implied
中国のオフィシャルは暗示した

that they had no advance knowledge at all
彼らは前もっての知識をまったく持っていない

and still had no contact.
そしてまだコンタクトも持っていない

At a press briefing,
記者会見で

a Foreign Ministry spokesman said
外務省のスポークスマンは言った

China needed to verify media reports.
中国はメディアのレポートを確かめる必要がある


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、北朝鮮、一体何をするねん!事件を。もう1週間近く経ちましたので、北朝鮮問題で一番大きな鍵を握る中国に焦点を絞った解説記事を取り上げます。

■ appetite

「appetite」は主に「食欲」などの「本能的欲求」。ここでのように、知識に対する欲求などにも用いることができるわけですね。

「bottom」は「お尻」でもありますが、「top」の反対の「底、下部」。「bottom line」は決算表などで損益を示す「最下行」のこと。転じて「結論、肝心な点」。

The bottom line is…(文).

という形でよく使います。

「big brother」(お兄さん)と言えば、ジョージ・オーウェルの小説『1984年』です。ここにも「全体主義の独裁者・独裁国家」という含みがあるのでしょう。

第2パラグラフです。「defy」は「公然と反抗する、平然と無視する、挑発する」。よく目にする単語です。

They defied him to dive off the bridge.
(彼らは彼に橋から飛び込んでみろとけしかけた)

こういう使い方もしますから厄介です。「challenge」に似ています。

カンマ以下の「from… to〜」は「・・・から〜まで」で、「Chinese diplomatic initiative」の内容を表しています。

「nuclear-free」は「核(兵器)の自由な」ではなく、「核のない」。「smoke-free restaurant」(禁煙のレストラン)と同じですので、念のため。

■ indulge

第3パラグラフです。「stumble」は「つまづく、よろめく、(言葉に)詰まる」。英英辞典の説明では、

to walk in an awkward, unsteady, or unsure way
(ぎこちなく、不安定に、または不確かに歩くこと)

こう理解すれば、次の「from… to〜」とうまくつながります。先のパラグラフと同じ形です。

「indulge」は「(人を)甘やかす、(欲望を)満足させる、(欲望に)ふける」。「spoil」に似ています。

「pique」は「立腹、不機嫌」。どんな立腹かと言うと、

a feeling of resentment or irritation, as from having one's pride
wounded
(プライドを傷つけられたことによる、憤りや苛立ちの感情)

なるほど。中国の様子がなかなかうまく表現されているなあと思います。

第4パラグラフです。「shell」はもちろん「貝殻」でもありますが、ここは「砲弾」の意。動詞で「砲撃する」。「shell」は大砲の炸裂する砲弾で、「shot」は散弾だそうです。

最後の「verify」は「(事実などが正しいのかを)確かめる」。


【 日本の陸に上がってみると 】

北朝鮮砲撃事件、中国への依存と抵抗
( New York Times )

北朝鮮の対決を求めてやまない姿勢に多くの国が首を捻っている。その真意はどこにあるのか、北朝鮮の後援者にしてビッグブラザーとされる中国ほど訝っている国はない。

その窮乏状態ゆえに著しく中国の支援に依存しているにもかかわらず、北朝鮮は決まって中国の外交戦略に逆らうかのようだ。中国政府は朝鮮半島の非核化を保つことから、武力対決を防ぐことまで努力を重ねてきた。

中国の影響力は着実に世界中で高まっている。だが、共産主義体制の隣国にしてかつての同盟国である北朝鮮をいかにして手なずけるかという問題には、指導者たちも手を焼いているようだ。北朝鮮を甘やかしたり、時に不快感を示したりと右往左往しながら、結局は大いなる安定や開放に向けて針路を取るよう説得することができない。

北朝鮮による韓国の島への砲撃は、衝撃をはるかに超えたものだったようだ。火曜日、中国当局者は事前にまったく知らされておらず、加えてまだ連絡がないとほのめかした。外務省報道官は記者会見で、我が国はマスコミ報道を確認する必要があると述べた。


【 もう一度、泳ごう 】

North Korea Relies on China, but Tends to Resist Its Guidance
( New York Times )

North Korea’s unending appetite for confrontation has left many wondering what its bottom line is, none more so than its supposed patron and big
brother, China.

Despite its impoverishment and heavy dependence on Chinese aid and
support, North Korea seems to regularly defy every Chinese diplomatic
initiative, from Beijing’s work to keep the Korean Peninsula nuclear-free to its efforts to prevent a violent confrontation.

China’s influence is rising steadily around the world. But the problem of how to manage North Korea, its Communist neighbor and onetime ally, appears to befuddle China’s leaders, who stumble from indulging the North to sending occasional signals of pique, all without persuading the country to adopt a path toward greater
openness or stability.

The North Korean shelling of a South Korean island seemed to have been even more of a shock. On Tuesday, Chinese officials implied that they had no advance knowledge at all and still had no contact. At a press briefing, a Foreign Ministry spokesman said China needed to verify media reports.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/eCI7Kp


● 編集後記

『龍馬伝』、完走できました。大河に限らず、連続ドラマを欠かさずに見たのは久しぶり。最後まで福山雅治の坂本龍馬には違和感が抜けませんでしたが、それでも、日本にも若手のいい俳優さんが結構いるんだなぁと感心しました。




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171188947
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。