2010年11月22日

ウィリアム英王子、ダイアナ元妃の指輪で結婚の契り


Diana’s Ring Seals Prince William’s Marriage Plans
( New York Times )

Years of fevered anticipation and premature speculation ended on Tuesday morning when Prince William, the heir to the heir to the British throne, said that, yes, he did plan to marry his girlfriend of many years, Kate Middleton.

The question of the engagement ring has already been answered. Prince
William gave Miss Middleton the sapphire and diamond ring that his father had given his mother ― Diana, Princess of Wales ― for their engagement in 1981.

At a brief press conference with his arm locked together with his
fiancee’s, William said that giving Miss Middleton that ring was “my way of making sure my mother didn’t miss out on today and the excitement.”

The couple’s relationship has had its ups and downs. William and Miss Middleton split for several months in 2007, and there was speculation in the British tabloids (always denied) that the royal family was dismayed by the supposedly declasse behavior of the Middletons. Miss Middleton’s mother, Carole, was said to have chewed gum and used unaristocratic words like “toilet” and “pardon” in front of the queen, and some of
William’s friends were said to mutter “doors to manual” when Miss Middleton came into the room, a reference to her mother’s prior career.


【 まずは準備運動 】

・premature 早すぎる、早まった
・speculation 推測、投機
・throne 王座、王位
・heir 後継者、相続人
・dismay うろたえさせる、狼狽(させる)
・aristocratic 貴族の、貴族的な
・mutter つぶやく ぶつぶつ不平を言う



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Years of fevered anticipation and premature speculation /
熱を持った期待と早まった推測の年月は /

ended on Tuesday morning
火曜日の朝に終わった

when Prince William,
ウィリアム王子が・・・ときに

the heir to the heir to the British throne,
英国王室の後継者の後継者

said that,
言った

yes,
はい

he did plan to marry his girlfriend of many years,
彼は長年の彼の恋人と結婚する計画を立てた

Kate Middleton.
ケイト・ミドルトン


The question of the engagement ring has already been answered.
婚約指輪の質問はすでに答えられた

Prince William gave Miss Middleton the sapphire and diamond ring
ウィリアム王子はミドルトンさんにサファイアとダイヤモンドの指輪を与えた

that his father had given his mother ―
彼の父が彼の母に与えていた

Diana, Princess of Wales ―
ダイアナ・プリンス・オブ・ウェールズ

for their engagement in 1981.
1981年においての彼らの婚約のために


At a brief press conference
短い記者会見で

with his arm locked together with his fiancee’s,
彼のフィアンセのものと共にロックされた彼の腕を持って

William said
ウィリアムは言った

that giving Miss Middleton that ring was
ミドルトンさんにその指輪を与えることは・・・だった

“my way of making sure
「確かにすることの私の方法

my mother didn’t miss out on today and the excitement.”
私の母が今日と興奮のチャンスを逃さなかった」


The couple’s relationship has had its ups and downs.
カップルの関係はその上りと下りを持っていた

William and Miss Middleton split for several months in 2007,
ウィリアムとミドルトンさんは2007年における数か月の間別れた

and there was speculation in the British tabloids (always denied)
そして英国のタブロイドにおいて推測があった(必ず否定されて)

that the royal family was dismayed
ロイヤル・ファミリーはうろたえさせられた

by the supposedly declasse behavior of the Middletons.
ミドルトン家の身分が低いとされている振る舞いによって

Miss Middleton’s mother,
ミドルトンさんの母は

Carole,
キャロル

was said to have chewed gum
ガムを噛んでいたと言われた

and used unaristocratic words like “toilet” and “pardon”
そして「トイレット」と「パードン」のような非貴族的な言葉を使った

in front of the queen,
女王の前で

and some of William’s friends were said
そしてウィリアムの友人たちの何人かは言われた

to mutter “doors to manual”
「ドアをマニュアルに」とつぶやいたと

when Miss Middleton came into the room,
ミドルトンさんが部屋に入ったときに

a reference to her mother’s prior career.
彼女の母の前のキャリアへの言及


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、ウィリアム英王子がダイアナ元妃の指輪でプロポーズしたというお話を。

■ seal

見出しにある「seal」ですが、ウィキペディアによると「英語としての本来の意味は、文書の真性を証明する印章類」。動詞として「正式に決定する、保証する」。よく使われます。カタカナ語の「シール」は「sticker」(スティッカー)です。これもカタカナになると「ステッカー」となまってしまうわけですが。

「did plan」の「did」は「plan」の意味を強めています。試訳では「確かに」としました。

第2パラグラフです。記事本文ではこの前の段落で、「ミドルトンさんのウェディングドレスは誰がデザインするのか」「弟のハリー王子の相手は誰か」などの疑問が浮かび上がってきたとあります。それを受けてのパラグラフなので、最初の文が受動態になっています。また「already」が使われている理由でもあります。

■ miss

第3パラグラフです。「miss」は「(物事を)し損なう、逃す、逸する」。「miss out on…」で「・・・の好機を逃す」。

The house is opposite the park. You can't miss it.
(その家は公園の向かいです。見逃すことはないですよ)

あるいは、おなじみの別れの言葉で、

I'll miss you.
(あなたがいなくなると寂しくなります)

最後のパラグラフです。「declasse」はフランス語です。2つの「e」の上に点が付いています。「地位の低い(人)、没落した(人)」。

真偽のほどはともあれ、このパラグラフの話はなかなか面白いですね。

正しくは「I beg your pardon?」(何とおっしゃいましたか)。でも、母のキャロルさんは、女王に向かって「Pardon?」の一言で済ませてしまった。また、トイレを「toilet」と言うのは下層階級で、上流階級の人は「lavatory」や「loo」と呼ぶそうです。

ちなみに、米国でも「toilet」は使いません。「bathroom」や「restroom」などが一般的かと思います。

キャロルさんの前職はフライトアテンダントです。それを茶化したということなのでしょう。王子のお友達もあまりお行儀がよくないですね。その「doors to
manual」については↓で。

http://www2.soranohi.net/special/cockpit_column/23.shtml


【 日本の陸に上がってみると 】

ウィリアム英王子、ダイアナ元妃の指輪で結婚の契り
( New York Times )

熱を帯びた期待と早まった憶測の歳月が火曜日の朝、幕を閉じた。英国の第2位の王位継承者であるウィリアム王子が、はい、確かに長年の恋人であるケイト・ミドルトンさんと結婚する予定ですと述べたからだ。

婚約指輪についての疑問はすでに明らかになった。ウィリアム王子がミドルトンさんに贈ったサファイアとダイヤモンドの指輪は、王子の父が王子の母、すなわちダイアナ・ウェールズ公妃に1981年の婚約の際に贈ったものだった。

婚約者と腕を組んで臨んだ短い記者会見で、ウィリアム王子はその指輪をミドルトンさんに贈ったわけを述べた。「私なりのやり方で、確実に母に今日の興奮を味わってほしかったからです」

2人の関係は山あり谷ありだった。王子とミドルトンさんは2007年の数か月間別れていて、英国のタブロイド紙の憶測(必ず否定されたが)によれば、王室がミドルトン家の下層階級の振る舞いとされるものに狼狽したのだという。ミドルトンさんの母のキャロルさんは、女王の前でガムを噛み、「トイレット」や「パードン」などの非貴族的な言葉を使ったとされる。また、ウィリアム王子の友人の中には、ミドルトンさんが部屋に入ってくると「ドアをマニュアルに」と囁いた者もいたという。キャロルさんの前歴への当てこすりだ。


【 もう一度、泳ごう 】

Diana’s Ring Seals Prince William’s Marriage Plans
( New York Times )

Years of fevered anticipation and premature speculation ended on Tuesday morning when Prince William, the heir to the heir to the British throne, said that, yes, he did plan to marry his girlfriend of many years, Kate Middleton.

The question of the engagement ring has already been answered. Prince
William gave Miss Middleton the sapphire and diamond ring that his father had given his mother ― Diana, Princess of Wales ― for their engagement in 1981.

At a brief press conference with his arm locked together with his
fiancee’s, William said that giving Miss Middleton that ring was “my way of making sure my mother didn’t miss out on today and the excitement.”

The couple’s relationship has had its ups and downs. William and Miss Middleton split for several months in 2007, and there was speculation in the British tabloids (always denied) that the royal family was dismayed by the supposedly declasse behavior of the Middletons. Miss Middleton’s mother, Carole, was said to have chewed gum and used unaristocratic words like “toilet” and “pardon” in front of the queen, and some of
William’s friends were said to mutter “doors to manual” when Miss Middleton came into the room, a reference to her mother’s prior career.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/bUqECY


● 編集後記

英国王室は、フェイスブックやツィッターなんかもやっているそうですね。でも、そのために王室の神秘性が薄れて、今回の婚約話も国民の関心はそれほど高くないと、昨晩のニュースショーでやっていました。




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170310037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。