2010年10月27日

日本の転落、躍動から失意へ


Japan Goes From Dynamic to Disheartened
( New York Times )

Now, as the United States and other Western nations struggle to recover from a debt and property bubble of their own, a growing number of economists are pointing to Japan as a dark vision of the future. Even as the Federal Reserve chairman, Ben S. Bernanke, prepares a fresh round of unconventional measures to stimulate the economy, there are growing fears that the United States and many European economies could face a prolonged period of slow growth or even, in the worst case, deflation, something not seen on a sustained basis outside Japan since the Great Depression.

Many economists remain confident that the United States will avoid the stagnation of Japan, largely because of the greater responsiveness of the American political system and Americans’ greater tolerance for capitalism’s creative destruction. Japanese leaders at first denied the severity of their nation’s problems and then spent heavily on job-creating public works projects that only postponed painful but necessary structural changes, economists say.

“We’re not Japan,” said Robert E. Hall, a professor of economics at Stanford. “In America, the bet is still that we will somehow find ways to get people spending and investing again.”

Still, as political pressure builds to reduce federal spending and budget deficits, other economists are now warning of “Japanification” ― of falling into the same deflationary trap of collapsed demand that occurs when consumers refuse to consume, corporations hold back on investments and banks sit on cash. It becomes a vicious, self-reinforcing cycle: as prices fall further and jobs disappear, consumers tighten their purse strings even more and companies cut back on spending and delay expansion plans.


【 まずは準備運動 】

・property 財産、所有地
・stimulate 刺激する、活気づける
・prolong 長くする、延長する
・tolerance 我慢、寛容
・deficit 不足、赤字



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Now, /
今 /

as the United States and other Western nations struggle
アメリカや他の西欧諸国は奮闘している

to recover from a debt and property bubble of their own,
彼ら自身の借金や不動産のバブルから回復するために

a growing number of economists are pointing to Japan
大きくなる数の経済学者たちが日本を指している

as a dark vision of the future.
将来の暗いビジョンとして

Even as the Federal Reserve chairman,
連邦準備制度理事会議長が・・・ても

Ben S. Bernanke,
ベン・S・バーナンキ

prepares a fresh round of unconventional measures
慣例にとらわれない措置のフレッシュな一回りを用意する

to stimulate the economy,
経済を刺激するために

there are growing fears
大きくなる恐れがある

that the United States and many European economies
アメリカや多くのヨーロッパ経済圏は

could face a prolonged period of slow growth
遅い成長の長くされた期間に面することだろう

or even,
あるいはさえも

in the worst case,
最悪のケースにおいて

deflation,
デフレ

something
何か

not seen on a sustained basis outside Japan
日本の外で維持された基礎で見られていない

since the Great Depression.
世界大恐慌以来


Many economists remain confident
多くの経済学者たちは相変わらず自信に満ちている

that the United States will avoid the stagnation of Japan,
アメリカは日本の停滞を避けるだろう

largely because of the greater responsiveness
主としてより大きな反応性のために

of the American political system
アメリカの政治システムの

and Americans’ greater tolerance
そしてアメリカ人のより大きな寛容

for capitalism’s creative destruction.
資本主義の創造的な破壊への

Japanese leaders at first denied the severity
日本のリーダーたちは最初に深刻さを否定した

of their nation’s problems
彼らの国の問題の

and then spent heavily on job-creating public works projects
そしてそれから仕事を作る公共事業へひどく費やした

that only postponed painful but necessary structural changes,
痛いしかし必要な構造の変化を延期させただけだった

economists say.
経済学者は言う


“We’re not Japan,”
私たちは日本ではない

said Robert E. Hall,
ロバート・E・ホールが言った

a professor of economics at Stanford.
スタンフォードでの経済学の教授

“In America,
アメリカにおいて

the bet is still
賭けはまだ・・・だ

that we will somehow find ways
私たちは何とか道を見つけるだろう

to get people spending and investing again.”
再び人々を費やすことや投資することをさせる


Still,
それでも

as political pressure builds
政治的な圧力が高まるときに

to reduce federal spending and budget deficits,
連邦政府の費やすことや予算の赤字を減らすために

other economists are now warning of “Japanification” ―
その他の経済学者が今「日本化」について警告している

of falling into the same deflationary trap of collapsed demand
崩壊させられた需要の同じデフレの罠へと落ちることについての

that occurs
起こる

when consumers refuse to consume,
消費者が消費することを拒むときに

corporations hold back on investments
企業が投資を控える

and banks sit on cash.
そして銀行がキャッシュの上に座る

It becomes a vicious, self-reinforcing cycle:
それは邪悪な自己増強するサイクルになる

as prices fall further and jobs disappear,
諸価格がさらに落ちるそして仕事が消えるときに

consumers tighten their purse strings even more
消費者は彼らの財布のひもをもっと大きく固くする

and companies cut back on spending and delay expansion plans.
そして会社は費やすことに減らすそして拡張プランを遅らせる


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、バブル以降の日本の姿を描いた記事を。読み応えのある、3ページの力作です。

■ depression

バブルの頃はウハウハだったのに今は落ちぶれてしまったある日本人を紹介したプロローグに続く段落です。昔の日本を「economic Godzilla」(経済的ゴジラ)などと表現していました。

ここもそうですが、「now」には「ところで、さて」みたいな話題を転じる機能もあります。

「the Great Depression」は大文字にもなっていますので、1929年からの「世界大恐慌」。動詞の「depress」は「押し下げる」。なので「depression」は「不景気、不況」の他にも「憂鬱、低気圧」。

第2パラグラフです。「stagnation」もこうした経済状況を表す語としてよく使われます。「停滞、沈滞」。動詞の「stagnate」は「(流れを)動かなくする、淀ませる」。形容詞が「stagnant」。

資本主義には本来「creative destruction」(創造的破壊)が伴うものだが、日本は現在「destructive destruction」(破壊的破壊)に陥っているともありました。

「postpone」は「延期する、後回しにする」。簡単に言い換えれば「put off」。後で出てきますが、同意語の「delay」は、主として失敗・過失などによって「延ばす、遅らせる」。なるほど。

■ bet

第3パラグラフです。「bet」は「賭け(る)」。話し言葉でよく使います。

It's settled then? ― You bet!
(それじゃ決まったんだね?―その通り!)

賭けてもいいくらいだよ、ということですね。

第4パラグラフです。この「build」は「(力・スピード・感情などが)高まる、強まる」。不定詞の「to reduce…」は「political pressure」の方にかかるのでしょう、多分^^;

「simplify」が「単純(simple)化する」、「pacify」が「なだめる、平和(peace)化する」なので、「japanify」は「日本化する」。「Japanification」はその名詞形になります。

「hold back」は「抑える、控える」、「cut back」は「短くする、減らす」など、この手の熟語はいろんな場面で使われるのでしっかりとマスターしたいものです。

さて、かつては「エコノミック・アニマル」(economic animals)と呼ばれた日本なのに、今では「草食系(動物)」(herbivores)呼ばれる若者も出現している。これも長引くデフレのせいなのでは?などと、記事では特に日本人の精神面への影響が指摘されていました。

バブルの恩恵に浴した覚えがないからか、へ〜日本はこんなにひどい状況になっているのかと、なかば他人事のように読みました^^;でも、面白い記事なので、ぜひ全文を一読あれ。


【 日本の陸に上がってみると 】

日本の転落、躍動から失意へ
( New York Times )

現在、米国やその他の西欧諸国は自らの負債や不動産バブルから抜け出そうともがいているが、ますます多くの経済学者が暗い未来像として日本に目を向けている。ベン・S・バーナンキ連邦準備制度理事会議長が異例の景気刺激策を新たに用意しても、不安は拡大する一方だ。米国や西欧諸国の多くが長期に及ぶ低成長、最悪の場合にはデフレにも直面するのではないか。それは世界大恐慌以来、その持続性において日本の他には見られなかったものだ。

経済学者の多くは依然として確信している。米国は日本的な停滞を避けられる。概して、米国の政治システムの柔軟性や、資本主義の創造的破壊に対する米国人の寛容度が高いからだ。日本の指導者たちは当初、自国の問題の深刻さを受け入れず、雇用創出型の公共事業に著しく頼ってしまった。その結果、苦痛が伴うとはいえ必要だった構造改革を先延ばしにしてしまったという。

「私たちは日本ではない」と言うのは、スタンフォード大学の経済学教授ロバート・E・ホール氏だ。「米国ではまだ、再び人々に消費や投資に向かわせる方法を見つけることができるだろう」

それでも、連邦政府支出や財政赤字削減の政治的圧力が高まる中、その他の経済学者は「日本化」をはっきりと警告している。日本と同じ需要の暴落というデフレの罠に陥り、消費者は消費を拒み、企業は投資を控え、銀行は現金の上にあぐらをかくという事態だ。それは自己増強型の悪循環となる。物価が一段と下がって雇用が失われれば、消費者は財布のひもをさらに固くし、企業は支出を減らして拡張計画も先送りする。


【 もう一度、泳ごう 】

Japan Goes From Dynamic to Disheartened
( New York Times )

Now, as the United States and other Western nations struggle to recover from a debt and property bubble of their own, a growing number of economists are pointing to Japan as a dark vision of the future. Even as the Federal Reserve chairman, Ben S. Bernanke, prepares a fresh round of unconventional measures to stimulate the economy, there are growing fears that the United States and many European economies could face a prolonged period of slow growth or even, in the worst case, deflation, something not seen on a sustained basis outside Japan since the Great Depression.

Many economists remain confident that the United States will avoid the stagnation of Japan, largely because of the greater responsiveness of the American political system and Americans’ greater tolerance for capitalism’s creative destruction. Japanese leaders at first denied the severity of their nation’s problems and then spent heavily on job-creating public works projects that only postponed painful but necessary structural changes, economists say.

“We’re not Japan,” said Robert E. Hall, a professor of economics at Stanford. “In America, the bet is still that we will somehow find ways to get people spending and investing again.”

Still, as political pressure builds to reduce federal spending and budget deficits, other economists are now warning of “Japanification” ― of falling into the same deflationary trap of collapsed demand that occurs when consumers refuse to consume, corporations hold back on investments and banks sit on cash. It becomes a vicious, self-reinforcing cycle: as prices fall further and jobs disappear, consumers tighten their purse strings even more and companies cut back on spending and delay expansion plans.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/cuKOC2


● 編集後記

楽天イーグルスの監督決定。うんざり。新しい企業なのにまたまた古い名前を持ち出してきて。プロ野球界のデフレも当分続きそうです。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。