2010年10月25日

3つの「R」で次のケーキには100本のローソクが立つ


100 Candles on Her Next Cake, and Three R’s to Get Her There
( New York Times )

Esther Tuttle is nearing the end of the 10th decade of a remarkably
productive and adventurous life. If all continues to go as well as it has to date, next July 1 she will join the rapidly growing clan of
centenarians, whose numbers in the United States have increased to 96,548 in 2009 from 38,300 in 1990, according to the Census Bureau.

At age 92, Mrs. Tuttle (best known as Faity, her childhood nickname) wrote a memoir with the prescient title “No Rocking Chair for Me” (iUniverse) displaying an acute memory of events, names, dates and places that she retains as she approaches 100.

What, I asked, is the secret to her longevity? Is it genetics? Perhaps, but it’s hard to say. Her parents died at ages 42 and 50, leaving her an orphan at age 11, along with three siblings, one of whom did live to 96.

Genes do play a role in longevity. Dr. Nir Barzilai, a geneticist at the Albert Einstein College of Medicine in New York, reports that centenarians are 20 times as likely as the average person to have a long-lived relative. But a Swedish study of identical twins separated at birth and reared apart concluded that only about 20 to 30 percent of longevity is genetically determined. Lifestyle seems to be the more dominant factor.


【 まずは準備運動 】

・census 人口調査、国勢調査
・acute 鋭い、先のとがった
・identical まったく同じの、同一の
・rear 育てる、しつける
・dominant 支配的な、最も有力な



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Esther Tuttle is nearing the end of the 10th decade /
エスター・タトルは10回目の10年間の最後に近づいている /

of a remarkably productive and adventurous life.
著しく生産的でそして冒険好きな人生の

If all continues to go as well as it has to date,
もしすべてがそれが今まで持ったのと同様に行き続ければ

next July 1
来年の7月1日に

she will join the rapidly growing clan of centenarians,
彼女は急速に育っている百歳の一族に加わるだろう

whose numbers in the United States
アメリカにおいてのその数は

have increased to 96,548 in 2009 from 38,300 in 1990,
1990年においての38300から2009年においての96548へと増えた

according to the Census Bureau.
国勢調査局によると


At age 92,
92歳で

Mrs. Tuttle
タトルさんは

(best known as Faity, her childhood nickname)
(彼女の子供の頃のニックネームのフェイティとして最も知られている)

wrote a memoir
回顧録を書いた

with the prescient title “No Rocking Chair for Me” (iUniverse)
予知的なタイトルの『ノー・ロッキングチェア・フォー・ミー』
(iUniverse)を持った

displaying an acute memory of events, names, dates and places
出来事や名前や日付や場所の鋭い記憶をディスプレーしながら

that she retains as she approaches 100.
彼女は彼女が100歳に近づいているときに保持している


What,
何が

I asked,
私は尋ねた

is the secret to her longevity?
彼女の長生きへの秘密ですか?

Is it genetics?
それは遺伝ですか?

Perhaps, but it’s hard to say.
多分しかし言うのは難しい

Her parents died at ages 42 and 50,
彼女の両親は42歳と50歳で死んだ

leaving her an orphan at age 11,
彼女を11歳で孤児に残しながら

along with three siblings,
3人の兄弟姉妹と一緒に

one of whom did live to 96.
その1人は96歳に生きた


Genes do play a role in longevity.
遺伝子は長生きにおいて役割をプレーしている

Dr. Nir Barzilai,
ニール・バルジライ博士は

a geneticist at the Albert Einstein College of Medicine in New York,
ニュー・ヨークにあるアルバート・アインシュタイン医科大学での遺伝学者

reports
報告している

that centenarians are 20 times as likely as the average person
百歳の人たちは平均的な人より20倍も・・ありそうだ

to have a long-lived relative.
長生きの親戚を持っている

But a Swedish study of identical twins
しかし一卵性双生児のスウェーデンの研究は

separated at birth and reared apart
誕生時に切り離されてそして離れて育てられた

concluded
結論した

that only about 20 to 30 percent of longevity
長生きの約20から30パーセントだけが

is genetically determined.
遺伝的に決定づけられる

Lifestyle seems to be the more dominant factor.
ライフスタイルがもっと支配的なファクターであるようだ


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、読み物系の記事を取り上げます。

■ centenarian

第1パラグラフ、2番目の文の「it has」の後には「continued」が隠れているのでしょう。「to date」は「until now」です。

「clan」は「一族、一門」。「centenarian」は「百歳(以上)の人」。
「cent(i)-」というのが「百」ですね。「century」が「世紀(百年)」、
「centimeter」が「センチメートル(100分の1メートル)」。

第2パラグラフです。「prescient」は「予知する、先見の明がある」。名詞形が「prescience」。「science」(サイエンス)はラテン語の「知識」に由来します。そうだったのかあ。

「retain」は「保持する、忘れないでいる」。「attain」(獲得する)、
「detain」(拘束する)、「sustain」(維持する)などなど、「-tain」のつく語がいっぱいありますね。意味は「保つ」です。

■ longevity

第3パラグラフです。「longevity」は「長生き、長寿」。「orphan」は「孤児、みなしご」。「sibling」は「兄弟、姉妹」。性別を特定しないで使える便利な言葉です。

第4パラグラフです。前の段落の最後の「did」もそうですが、「do」は「play」の意味を強めています。2番目の文はちょっと分かりにくいですね。「centenarians are likely to have…」(百歳の人は・・・を持っているらしい」)というのが文の骨格です。それにいろいろくっ付いています(アバウトな解説だこと)。

さて、3つの「R]とは何なのか。4段落も取り上げたのに、本題に届かず。なので簡単に。これは「resolution」「resourcefulness」「resilience」の頭文字です。長生きするためにはこの3つの要素が欠かせないとのこと。具体的にタトルさんがどんな生活をしているのかは、記事本文で確かめてくださいな。


【 日本の陸に上がってみると 】

3つの「R」で次のケーキには100本のローソクが立つ
( New York Times )

エスター・タトルさんの10回目の10年の終わりが近づいている。冒険と豊かな実りに満ちた人生だった。全てがこれまでのように続けば、彼女は来年の7月1日に急速に増えている100歳の仲間入りを果たす。米国でその数は1990年の3万8300人から2009年の9万6548人へと増加したと、国勢調査は伝えている。

92歳の時、タトルさん(子供時代のあだ名からフェイティと呼ばれる)は『私に揺り椅子はいらない』(iUniverse刊)という暗示的な題名の自叙伝を書いた。その中で出来事や名前や日付や場所に対する鋭い記憶力を披露したのだが、それは100歳に近づいた今も変わらない。

長寿の秘訣は何なのかと尋ねた。遺伝なのか。多分そうなのだろうが、一概には言えない。彼女の両親は42歳と50歳で亡くなった。彼女は11歳で孤児になり、3人の兄弟の1人は実に96歳まで生きた。

遺伝子は確かに一役買っている。ニュー・ヨークにあるアルバート・アインシュタイン医科大学の遺伝学者ニール・バルジライ博士の報告によれば、100歳の人は普通の人よりも20倍も長生きの親戚が多い傾向にある。だが、生後すぐに引き離されて別々に育てられた一卵性双生児に関するスウェーデンの研究の結論では、長寿は20〜30パーセントほどしか遺伝的に決定されない。生活習慣のほうが支配的な要因だという。


【 もう一度、泳ごう 】

100 Candles on Her Next Cake, and Three R’s to Get Her There
( New York Times )

Esther Tuttle is nearing the end of the 10th decade of a remarkably
productive and adventurous life. If all continues to go as well as it has to date, next July 1 she will join the rapidly growing clan of
centenarians, whose numbers in the United States have increased to 96,548 in 2009 from 38,300 in 1990, according to the Census Bureau.

At age 92, Mrs. Tuttle (best known as Faity, her childhood nickname) wrote a memoir with the prescient title “No Rocking Chair for Me” (iUniverse) displaying an acute memory of events, names, dates and places that she retains as she approaches 100.

What, I asked, is the secret to her longevity? Is it genetics? Perhaps, but it’s hard to say. Her parents died at ages 42 and 50, leaving her an orphan at age 11, along with three siblings, one of whom did live to 96.

Genes do play a role in longevity. Dr. Nir Barzilai, a geneticist at the Albert Einstein College of Medicine in New York, reports that centenarians are 20 times as likely as the average person to have a long-lived relative. But a Swedish study of identical twins separated at birth and reared apart concluded that only about 20 to 30 percent of longevity is genetically determined. Lifestyle seems to be the more dominant factor.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/c8e3o7


● 編集後記

高齢の母がいます。狭心症、高血圧、骨粗鬆症、足腰の衰え・・・歩幅数センチで歩く姿はロボットそのものです。先日も道で転んだとか。ロボットでも何でも、とにかく寝たきりにだけはなってくれるなと願っています。




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167410022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。