2010年10月23日

あってはならない手術ミスが続発している


Surgical Errors Continue Despite Protocols
( New York Times )

Despite a requirement that hospitals abide by a standard set of procedures to prevent surgical mistakes like operating on the wrong patient or the wrong body part, such errors continue to occur far too often, researchers are reporting.

In the worst case reported, a chest tube was inserted into the wrong lung ― the healthy one ― and it collapsed, killing the patient. In other
cases, surgeons removed a healthy ovary, operated on the wrong side of the brain, fused the wrong vertebrae and did procedures on the wrong eye, knee, foot, elbow and hand.

Past estimates suggested that such mistakes occurred once in every 110,000 procedures, but the paper’s lead author, Dr. Philip F. Stahel, said the incidence might not be so rare ― and might even have increased.

“These data are shocking,” said Dr. Stahel, director of orthopedics at Denver Health Medical Center. “These are catastrophic events that are unacceptable. They have been termed a ‘never event’ ― because they
should never happen.”


【 まずは準備運動 】

・prevent 防ぐ、妨げる
・collapse つぶれる、くずれる、崩壊する
・ovary 卵巣
・vertebra 脊椎骨(複数形:vertebrae)
・orthopaedics 整形外科



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Despite a requirement /
必要にもかかわらず /

that hospitals abide by a standard set of procedures
病院が手続きのスタンダードなセットを守る

to prevent surgical mistakes
外科のミスを防ぐために

like operating on the wrong patient or the wrong body part,
間違った患者や間違った体のパーツに手術するような

such errors continue to occur far too often,
そのようなエラーがとてもあまりにしばしば起こり続けている

researchers are reporting.
研究者たちは報告している


In the worst case reported,
報告された最悪のケースにおいては

a chest tube was inserted into the wrong lung ―
胸のチューブが間違った肺に挿入された

the healthy one ―
健康なひとつ(肺)

and it collapsed,
そしてそれは崩壊した

killing the patient.
患者を殺しながら

In other cases,
その他のケースにおいては

surgeons removed a healthy ovary,
外科医は健康な卵巣を取り去った

operated on the wrong side of the brain,
脳の間違ったサイドで手術した

fused the wrong vertebrae
間違った脊椎骨を結合した

and did procedures on the wrong eye, knee, foot, elbow and hand.
そして間違った目や膝や足や肘や手で手続きをした


Past estimates suggested
過去の見積もりは示唆していた

that such mistakes occurred once in every 110,000 procedures,
そのようなミスは11万件の手続きごとに1回起こった

but the paper’s lead author,
しかし論文のリード執筆者は

Dr. Philip F. Stahel,
フィリップ・F・スタヘル

said
言った

the incidence might not be so rare ―
発生はそれほど稀ではないかもしれない

and might even have increased.
そして増えていさえするかもしれない


“These data are shocking,”
これらのデータはショッキングだ

said Dr. Stahel,
スタヘル博士は言った

director of orthopedics at Denver Health Medical Center.
デンバー・ヘルス・メディカル・センターの監督

“These are catastrophic events
これらは破壊的なイベントだ。

that are unacceptable.
受け入れられない

They have been termed a ‘never event’ ―
それらは「ネバー・イベント」と呼ばれている

because they should never happen.”
なぜならそれらは決して起こるべきではないからだ


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、医者も人の子とはいえ、こんな目に遭ったらやりきれないなあという話を。

■ protocol

見出しにある「protocol」は、英和辞書には「外交儀礼、典礼、(国家間の)協定、議定書、(実験・解剖などの)計画案」などの訳語が載っています。最近では、インターネット用語としておなじみになりました。コンピューター間でデータをやりとりするための「通信規約」のこと。

地球温暖化に関する「Kyoto Protocol」(京都議定書)で覚えている方も多いかもしれません。下の英英辞書によれば、

Protocol is a system of rules about the correct way to act in formal
situations.

(プロトコルとは、フォーマルな状況で正しく振る舞うための体系的な規則)

「procedure」は「(行動・状況などの)進行、(進行上の)手続き、手順」。「medical procedure」と言えば「医療処置」。

「abide」は「(場所に)とどまる、住む、我慢する」。「abide by…」で「(規則や決定などを)守る」。

「surgery」は「外科(処置・手術」)」で、「外科医」が「surgeon」。それに対して、「内科」が「internal medicine」で、「内科医」が「physician」、あるいは一般的に「doctor」。ちなみに「物理学者」は「physicist」です。

「wrong」の使い方も直訳すると分かりにくいかもしれません。

You must have the wrong number.
(電話番号をお間違えのようです)

■ knee

第2パラグラフです。体の各部の名称がたくさん出てきます。日本語とは微妙に指す範囲が違ったりしますので、時に注意が必要なこともあります。

「足」の「leg」は大体お尻からくるぶしまでで、「foot」は含まない。
「knee」は「膝」ですが、「子供を膝の上に乗せる」などと言う場合の「膝」は「lap」。「laptop computer」の「lap」ですね。


【 日本の陸に上がってみると 】

あってはならない手術ミスが続発している
( New York Times )

病院は一定の基本的な手続きを守ることで、患者や体の部位を間違えて手術するといった医療過誤を防がなければならないのだが、こうした過誤はきわめて頻繁に起こっていると、研究者が報告している。

報告された最悪の事例では、胸腔チューブを間違えてー健康な肺にー挿入することで肺を損ない、患者を死亡させた。その他の事例でも、外科医が健康な卵巣を摘出し、左右脳の間違えて手術し、脊椎を間違えて結合し、目や膝や足や肘や手も間違えて執刀していた。

過去の推定では、こうした医療過誤は11万件の手術で1回起こるとされていたが、論文の主執筆者であるフィリップ・F・スタヘル博士によれば、それほどまれな事故ではなく、しかも増えている可能性があるという。

「このデータは衝撃的だ」と、デンバー保健医療センターで整形外科主任を務めるスタヘル博士は言った。「これらは大惨事であり、許されない。『ネバー・イベント』と呼ぶのは、決してあってはならないことだからだ」


【 もう一度、泳ごう 】

Surgical Errors Continue Despite Protocols
( New York Times )

Despite a requirement that hospitals abide by a standard set of procedures to prevent surgical mistakes like operating on the wrong patient or the wrong body part, such errors continue to occur far too often, researchers are reporting.

In the worst case reported, a chest tube was inserted into the wrong lung ― the healthy one ― and it collapsed, killing the patient. In other cases, surgeons removed a healthy ovary, operated on the wrong side of the brain, fused the wrong vertebrae and did procedures on the wrong eye, knee, foot, elbow and hand.

Past estimates suggested that such mistakes occurred once in every 110,000 procedures, but the paper’s lead author, Dr. Philip F. Stahel, said the incidence might not be so rare ― and might even have increased.

“These data are shocking,” said Dr. Stahel, director of orthopedics at Denver Health Medical Center. “These are catastrophic events that are unacceptable. They have been termed a ‘never event’ ― because they should never happen.”


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/cXdNn8


● 編集後記

「読者さんの本棚」はご存知ですか?
このメルマガを気に入ってくれた方はぜひ <(_ _)>
↓ ↓ ↓
http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.html




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。