2010年10月16日

チリ落盤事故、鉱夫たちは元気だった


Defying Predictions, Miners Kept Healthy
( New York Times )

Defying grim predictions about how they would fare after two months
trapped underground, many of the Chilean miners came bounding out of their rescue capsule on Wednesday as pictures of energy and health, able not only to walk, but, in one case, to leap around, hug everyone in sight and lead cheers.

The miners’ apparent robustness was testimony to the rescue diet threaded down to them through the tiny borehole that reached them on Aug. 22, but also to the way they organized themselves to keep their environment clean, find water and get exercise. Another factor was the excellent medical care they received from Chilean doctors who ministered to them through tubes leading 2,300 feet into the earth.

Late on Wednesday, the last of the 33 miners was pulled to safety.
Chile’s health minister, Jaime Man~alich, said that one miner had acute pneumonia but was improving with antibiotics, and that two others needed dental surgery. At the moment, he added, the rest seemed to be in “more than satisfactory” condition.


【 まずは準備運動 】

・grim 厳しい、暗い、ぞっとするような
・trap 罠、閉じ込める
・robust 強健な、逞しい
・thread 糸、糸を通す、縫うように通り抜ける
・acute 急性の、鋭い



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Defying grim predictions about how they would fare /
彼らがどのようにやっていくかについての厳しい予言に反抗しながら /

after two months trapped underground,
地下に閉じ込められた2か月の後で

many of the Chilean miners came
チリの鉱夫たちの多くは来た

bounding out of their rescue capsule on Wednesday
水曜日に救出のカプセルの外へバウンドしながら

as pictures of energy and health,
エネルギーと健康の絵として

able not only to walk,
歩くことだけではなくできて

but, in one case, to leap around,
だが1つのケースにおい周りでて跳ることも

hug everyone in sight and lead cheers.
視界の中の誰をもハグしそして歓声をリードする


The miners’ apparent robustness was testimony
鉱夫たちの見た目の頑強さは証明だった

to the rescue diet
救出のダイエットの

threaded down to them
彼らに縫うように通り抜けさせられた

through the tiny borehole that reached them on Aug. 22,
8月22日に彼らに達した小さな掘削穴を通じて

but also to the way
しかし方法への

they organized themselves
彼らが彼ら自身を組織した

to keep their environment clean, find water and get exercise.
彼らの環境をきれいに保つために水を見つけるそして運動を得る

Another factor was the excellent medical care
もう1つのファクターは優秀なメディカルケアだった

they received from Chilean doctors
彼らがチリの医師から受けた

who ministered to them
彼らに仕えた

through tubes leading 2,300 feet into the earth.
地球の中へと2300フィートにリードしているチューブを通じて


Late on Wednesday,
水曜日の遅くに

the last of the 33 miners was pulled to safety.
33人の鉱夫の最後が安全に引っぱられた

Chile’s health minister, Jaime Man~alich, said
チリの保健大臣のJaime Man~alichは言った

that one miner had acute pneumonia
1人の鉱夫が急性の肺炎を持った

but was improving with antibiotics,
だが抗生物質によって改善していた

and that two others needed dental surgery.
そして2人の他の人が歯の手術を必要とした

At the moment,
今のところ

he added,
彼は加えた

the rest seemed to be in “more than satisfactory” condition.
残りは「満足よりも大きい状態の中にいるようだ


【 英語ってどんな海? 】

あらま、500号だ。というわけで今回は、記念すべきメルマガ創刊約500号に相応しい世界的な朗報を。

■ picture

「defy」は「(権力・命令などに)大胆に反抗する、(危険などを)公然と無視する、物ともしない」。もちろん、これは記者ないし私たちの印象なのですが、意味上の主語は「many of the Chilean miners」です。

「fare」は「(電車やバスなどの)運賃、乗客」、または動詞で「(人が)やっていく、暮らす」。ちなみに・・・どうちなんでるのか、よく分かりませんが、「wage」と言えば「賃金」、動詞で「(戦争などを)行う」。

「picture」の使い方が面白いですね。日本語でも「絵に描いたような云々」などと言いますが、英語にも「picture-perfect」(絵のように完璧な)という表現があります。

He is the very picture of his father.
(彼は父親そっくりだ)

I got the picture.
(様子は分かりました)

2番目の例文も日常よく耳にします。

■ reach

第2パラグラフです。「testimony」は「証明、(法廷での)証言」。でも、スラッシュ訳でも分かるように、この訳語をそのまま当てはめても舌足らずのような感じです。そこで、下の英英辞典を繰ってみますと、

If you say that one thing is testimony to another, you mean that it
shows clearly that the second thing has a particular quality.

(あるモノがもう1つのモノに対するtestimonyだと言えば、それはもう1つのモノにはある種の質があるということをはっきりと示すことになる)

「reach」は御存知の通り「達する、届く、着く」ですが、

I called but couldn't reach you.
(君に電話したんだけどど、連絡がつかなかった)

8月22日というのは鉱夫たちの生存が確認された日で、このニュアンスも込められての「達する」なのでしょう。

「大臣、聖職者」の「minister」は、動詞で「(困っている人の)世話をする、仕える」。もっと具体的になる「administer」も覚えておくといいですよ。


【 日本の陸に上がってみると 】

チリ落盤事故、鉱夫たちは元気だった
( New York Times )

果たしてどんなことになるのかという深刻な予想は覆された。地下に2か月閉じ込められていたチリの鉱夫たちの多くは水曜日、救出用カプセルから飛び出すように出てきた。その姿はエネルギッシュなほど健康そのもので、歩くことができないどころか、ある男性の場合には、跳ね回って誰彼ともなく抱き合い歓声の音頭を取っていたほどだ。

鉱夫たちの元気そうな様子は、救出用の特別食の賜物だった。それは8月22日に彼らのもとに達した小さな掘削穴から糸で下すように届けられた。また、彼らが組織的に行動し、周囲の清潔を保ち、水を探し、運動を欠かさなかったためでもあった。もう1つの要因はチリの医師たちが施した優秀な医療にあった。彼らは地下2700フィートに至る細い穴を通じて手当てした。

水曜日の夜、最後の33人目の鉱夫が無事に引き上げられた。チリのハイメ・マニャリク保健相によれば、鉱夫の1人が急性肺炎にかかったが、抗生物質で回復に向かっており、他に2人が歯科手術を必要としている。そして今のところ、残りの作業員たちは「十分に満足できる健康状態」にあるようだと付け加えた。


【 もう一度、泳ごう 】

Defying Predictions, Miners Kept Healthy
( New York Times )

Defying grim predictions about how they would fare after two months
trapped underground, many of the Chilean miners came bounding out of their rescue capsule on Wednesday as pictures of energy and health, able not only to walk, but, in one case, to leap around, hug everyone in sight and lead cheers.

The miners’ apparent robustness was testimony to the rescue diet threaded down to them through the tiny borehole that reached them on Aug. 22, but also to the way they organized themselves to keep their environment clean, find water and get exercise. Another factor was the excellent medical care they received from Chilean doctors who ministered to them through tubes leading 2,300 feet into the earth.

Late on Wednesday, the last of the 33 miners was pulled to safety.
Chile’s health minister, Jaime Man~alich, said that one miner had acute pneumonia but was improving with antibiotics, and that two others needed dental surgery. At the moment, he added, the rest seemed to be in “more than satisfactory” condition.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/c9aOXP


● 編集後記

創刊約500号と書いたのは、号数の重複や欠落があるような気がするからなのですが、我ながらびっくりの数字ではあります。来年からニューヨーク・タイムズのサイトは原則有料化されます。さて、どうしましょう。漠然と全面リニューアルも考えていますが、御意見などがあればぜひ。




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。