2010年09月03日

モーツァルトの死、その終わりなきコーダ


After Mozart’s Death, an Endless Coda
( New York Times )

Direct medical evidence? None. Autopsy? Not performed. Medical records? Nowhere to be found. Corpse? Disappeared.

Yet according to a recent article in an academic journal, researchers have posited at least 118 causes of death for Wolfgang Amadeus Mozart.

A modest industry of medical speculation has grown up around the subject, evidence of our fascination with what cut down great creative artists in history. In Mozart’s case published speculation began within a month of his death in 1791, and musicologists, physicians and medical scholars have regularly joined the fray ever since.

All this gives rise to a question: Why does the subject arouse such intense interest? Earlier this year, for example, a researcher at Mount Sinai School of Medicine, after testing what are believed to be shards of Beethoven’s skull, called into question the theory that he died of lead poisoning.

The very idea that remarkable individuals who gave life so much beauty could be brought down by ordinary physical ailments, particularly diseases that are now easily treatable, is inherently fascinating. That perception makes people of genius seem closer to us.


【 まずは準備運動 】

・posit 仮定する
・speculation 思索、推測
・fray 論争、喧嘩
・shard 破片
・inherently 生得的に、本質的に
・perception 知覚、認識(動詞:perceive)



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Direct medical evidence? /
直接的な医学的な証拠? /

None.
なし

Autopsy?
検視?

Not performed.
行われていない

Medical records?
医学的な記録?

Nowhere to be found.
発見されていない

Corpse?
遺体?

Disappeared.
消えている


Yet according to a recent article in an academic journal,
それなのに学術誌における最近の記事によれば

researchers have posited at least 118 causes of death
研究者たちは少なくとも118の死の原因を仮定した

for Wolfgang Amadeus Mozart.
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトに対する


A modest industry of medical speculation has grown up
医学的な推測の控えめな産業は成長した

around the subject,
そのテーマの周りで

evidence of our fascination
私たちの魅了の証拠

with what cut down great creative artists in history.
歴史における偉大な創造的な芸術家を切り倒したものに対する

In Mozart’s case
モーツァルトのケースにおいて

published speculation began within a month of his death in 1791,
出版された推測は1791年における彼の死の1月以内に始まった

and musicologists, physicians and medical scholars
そして音楽学者や医者や医学者は

have regularly joined the fray ever since.
以来定期的にその論争に加わった


All this gives rise to a question:
これのすべては疑問へ上昇を与える

Why does the subject arouse such intense interest?
なぜそのテーマはそのような激しい興味を目覚めさせるのか

Earlier this year,
今年のより早く

for example,
例えば

a researcher at Mount Sinai School of Medicine,
マウントサイナイ医科大学の研究者は

after testing what are believed to be shards of Beethoven’s skull,
ベートーベンの頭蓋骨の破片と信じられているものを検査することの後で

called into question
疑問の中へと呼んだ

the theory that he died of lead poisoning.
彼が鉛中毒のために死んだという理論を


The very idea
まさしくその考えは

that remarkable individuals
目立つ個人が

who gave life so much beauty
人生にとても大きな美を与えた

could be brought down by ordinary physical ailments,
平凡な身体の病気によって下へもたらされうる

particularly diseases that are now easily treatable,
特に今では簡単に治療可能な病気

is inherently fascinating.
生得的に魅了させる

That perception makes people of genius seem closer to us.
その知覚は天才の人々を私たちにより近く見せさせる


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、早く涼しくなって〜!との願いを込めて、「芸術の秋」的な記事(?)を取り上げましょう。ちょっとゾッとする内容かもしれません。

■ industry

見出しにある「coda」は「(楽曲・楽章の)終結部」だそうです。そう言えば、大好きなレッド・ツェッペリンにこの言葉を題名にしたアルバムがあったなあ・・・ああ青春。

「autopsy」は「死体解剖、検視」。これを担当する人を一般的に「coroner」とか「medical examiner」と言います。海外ミステリーを読む場合の必須単語です。ちなみに、僕は最近、上野正彦氏の本を初めて読みました^^;

「corpse」(コープス)は「人間の死体、遺体」。これと紛らわしいのが
「corps」で「軍団、部隊」。「コーァ」という特異な発音からも分かる通りフランス出身です。

第3パラグラフです。「industry」は「工業、産業、勤勉」。英辞郎などには載っていませんでしたが、オンライン英英辞書には「特定の題目・人物についての研究、著述」という記述がありました。用例として「the Civil War industry」「the Hemingway industry」。う〜む、どうなんだろう。

「cut down on cigarettes」などと言えば「煙草の本数を減らす」ですが、ここは「切り倒す、切り落とす」、要するに「殺す」。5番目のパラグラフでは「bring down」という熟語が使われています。

記事ではこのあと、有名な毒殺説を初めとするモーツァルトの死因諸説が紹介されています。

■ call into question

第4パラグラフの「Earlier this year,…」以下の文は、主語が「a
researcher」で、述部は「called into question」です。「called」の目的語が「the theory (that he died of lead poisoning) 」。この形の方が落ち着くわけです。

さて、この記事にゾッとするようなところがあると書いたのは、何も「検視」や「死体」などの言葉が出てくるからではなく、実はこの第5パラグラフの結論が腑に落ちなかったからです。

天才でも月並みな病気で死ぬことを知って私たちが安心するだなんて、フツウそんなこと思わないですよね。でも、どこか『アマデウス』を連想させます。

宮廷作曲家のサリエリがモーツァルトの才能に嫉妬して神を呪うというお話。映画はアカデミー賞も取りました。個人的にはそれほど好きではありませんが、世評の高い作品ですので、未見の方はご覧あれ。


【 日本の陸に上がってみると 】

モーツァルトの死、その終わりなきコーダ
( New York Times )

明白な医学的証拠はない。検視はしていない。カルテも見つかっていない。遺体も消えた。

それでも学術誌に発表された最近の論文によると、研究者たちに少なくとも118の死因仮説を立てられているのがヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトだ。

質素な研究ながらも医学的な考察がこのテーマの周辺で繰り広げられてきたのは、私たちが歴史的な芸術創作者の死の謎に魅了されている証しなのだろう。モーツァルトの場合、そうした考察が出版されたのは1791年の死後1月も経たない頃からで、以来、音楽学者や開業医、医学者が絶えずこの論争に加わった。

これらもろもろから浮かび上がってくる疑問がある。すなわち、なぜ人はこのテーマに強く惹かれるのか。例えば今年始め、マウントサイナイ医科大学の研究者がベートーベンの頭蓋骨片とされたものを検査したのだが、その結果、疑問視されることになったのも、ベートーベンは鉛中毒で死んだとする学説だった。

人生に大いなる美をもたらした卓越した個人が月並みな病気、とりわけ今日では簡単に治る病気で死ぬこともあるという考えには、本質的に人を魅了するものがある。そのように感じることで、天才は私たちにとって身近な存在になるのかもしれない。


【 もう一度、泳ごう 】

After Mozart’s Death, an Endless Coda
( New York Times )

Direct medical evidence? None. Autopsy? Not performed. Medical records? Nowhere to be found. Corpse? Disappeared.

Yet according to a recent article in an academic journal, researchers have posited at least 118 causes of death for Wolfgang Amadeus Mozart.

A modest industry of medical speculation has grown up around the subject, evidence of our fascination with what cut down great creative artists in history. In Mozart’s case published speculation began within a month of his death in 1791, and musicologists, physicians and medical scholars have regularly joined the fray ever since.

All this gives rise to a question: Why does the subject arouse such intense interest? Earlier this year, for example, a researcher at Mount Sinai School of Medicine, after testing what are believed to be shards of Beethoven’s skull, called into question the theory that he died of lead poisoning.

The very idea that remarkable individuals who gave life so much beauty could be brought down by ordinary physical ailments, particularly diseases that are now easily treatable, is inherently fascinating. That perception makes people of genius seem closer to us.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://nyti.ms/9nai3V


● 編集後記

ポワ〜ンといい心地。昼ビールってこんなにうまかったんだなあ^^




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161182218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。