2010年07月26日

いじめをなくす唯一の方法


There’s Only One Way to Stop a Bully
( New York Times )

HERE in Massachusetts, teachers and administrators are spending their summers becoming familiar with the new state law that requires schools to institute an anti-bullying curriculum, investigate acts of bullying and report the most serious cases to law enforcement officers.

This new law was passed in April after a group of South Hadley, Mass., students were indicted in the bullying of a 15-year-old girl, Phoebe Prince, who committed suicide. To the extent that it underlines the importance of the problem and demands that schools figure out how to address it, it is a move in the right direction. But legislation alone can’t create kinder communities or teach children how to get along. That will take a much deeper rethinking of what schools should do for their students.

Involving the legal system makes a strong statement that a society won’t tolerate bullying. But for laws like the one in Massachusetts to succeed, they have to be matched by an educational system that
teaches children not only what’s wrong, but how to do what’s right.


【 まずは準備運動 】

・institute (制度・習慣などを)設ける、制定する
・investigate 調査する
・indict 起訴する、告発する(発音は「インダイト」)
・legislation 立法、法律制定



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

HERE in Massachusetts, /
マサチューセッツにおけるここで /

teachers and administrators are spending their summers
先生や管理者たちが彼らの夏を費やしている

becoming familiar with the new state law
新しい州の法律に親しくなりながら

that requires schools to institute an anti-bullying curriculum,
学校に反いじめカリキュラムを設けることを要求する

investigate acts of bullying
いじめの行動を調査することを

and report the most serious cases to law enforcement officers.
そして最も深刻なケースを法執行官にレポートすることを


This new law was passed in April
この新しい法律は4月に通された

after a group of South Hadley, Mass., students were indicted
マサチューセッツのサウスハドリーの生徒のグループが起訴された後で

in the bullying of a 15-year-old girl,
15歳の少女のいじめにおいて

Phoebe Prince,
フィービー・プリンス

who committed suicide.
自殺をした

To the extent
範囲まで

that it underlines the importance of the problem
それが問題の重要性の下に線を引く(=強調する)

and demands that schools figure out how to address it,
そして学校がそれの扱い方を考え出すことを要求する

it is a move in the right direction.
それは正しい方向の中の動きだ

But legislation alone can’t create kinder communities
しかし法律制定だけではより親切なコミュニティーを作れない

or teach children how to get along.
あるいはうまくやっていく方法を生徒に教える

That will take a much deeper rethinking
それはもっとより深い再考が要る

of what schools should do for their students.
学校は彼らの生徒のために何をすべきかについての


Involving the legal system makes a strong statement
法律のシステムを含めることは強い声明になる

that a society won’t tolerate bullying.
社会はいじめを許容しない

But for laws like the one in Massachusetts to succeed,
しかしマサチューセッツにおけるもののような法律が成功するためには

they have to be matched by an educational system
彼らは教育のシステムによって合わせられなければならない

that teaches children not only what’s wrong,
子供たちに悪いことだけを教えるのではなく

but how to do what’s right.
しかし正しいことをする方法もまた


【 英語ってどんな海? 】

いじめ問題は洋の東西を問わないようです。というわけで今回は、オピニオン欄から。

■ extent

「bully」は「いじめっ子」「いじめる」。でも、語源的には「恋人」。本来は親愛の言葉だったそうです。

「familiar」は「よく知っている、親しみがある」の形容詞。この文は「spend 〜(in)doing…」という形で、「・・・しながら〜を費やす」。

「law enforcement」は直訳すれば「法の執行」ですが、要するに「警察」のことです。よく使われます。ですので、ここの「report」も夏休みの宿題の「レポート」ではなくて、ズバリ「通報」です。

第2パラグラフです。「to the extent(that…)」は「・・・の範囲内において、の限りでは、の程度まで」などと辞書では訳されていますが、その状況がかなり重大なレベルにまで達したという含みがあります。

「that」は「extent」の関係代名詞で、その次の「it」はいじめの法律ができたことを指しています。ちょっと難しい文章ですね。

「figure out」は「理解する、解決する、考え出す」。

■ tolerate

第3パラグラフは記事の結びの段落です。「tolerate」は「寛大に扱う、許容する、耐える」。形容詞が「tolerant」(寛大な)と「tolerable」(耐えられる)。反対の意味の「intolerance」(不寛容)では、往年の米映画(『イントレランス』)を思い出します。1916年製作のスペクタクル無声映画です。今見ても、そのスケールの大きさに度肝を抜かれます。

「match」は「合う、合わせる、匹敵する、対抗させる」で、名詞なら「試合、競技」ですが、その他にも面白い使い方があります。

He is more than a match for me.
(彼は私より実力が上だ)

She will make a good match for you.
(彼女はあなたのいいお嫁さんになるよ)


【 日本の陸に上がってみると 】

いじめをなくす唯一の方法
( New York Times )

ここマサチューセッツで教師や役員たちが夏の間、新しい州法を学んでいる。この法律によって、いじめ防止のカリキュラムの導入といじめの実態調査、深刻な事案の警察への通報が義務づけられるからだ。

この新しい法律は4月に可決された。マサチューセッツ州サウスハドリーの生徒のグループが15歳の少女をいじめたことで訴追されたからだ。その少女、フィービー・プリンスさんは自殺した。問題の重大性を強く訴え、学校にいじめの対処法を見つけるよう求めた点において、この動きは正しい方向にある。だが、法律だけで思いやりのあるコミュニティーは築けないし、子供たちに仲良くやっていく術を教えることもできない。肝心なのは、学校が生徒のために何をすべきかをもう一度深く考えることだ。

法制度を導入することで、社会はいじめを許さないという強い態度を示した。だが、マサチューセッツのこうした法律が実を結ぶためには教育システムとの調和が欠かせない。子供たちに何が悪いことなのかを教えるだけでなく、どのように正しいことをするのかを教えなければならない。


【 もう一度、泳ごう 】

There’s Only One Way to Stop a Bully
( New York Times )

HERE in Massachusetts, teachers and administrators are spending their summers becoming familiar with the new state law that requires schools to institute an anti-bullying curriculum, investigate acts of bullying and report the most serious cases to law enforcement officers.

This new law was passed in April after a group of South Hadley, Mass., students were indicted in the bullying of a 15-year-old girl, Phoebe Prince, who committed suicide. To the extent that it underlines the importance of the problem and demands that schools figure out how to address it, it is a move in the right direction. But legislation alone can’t create kinder communities or teach children how to get along. That will take a much deeper rethinking of what schools should do for their students.

Involving the legal system makes a strong statement that a society won’t tolerate bullying. But for laws like the one in Massachusetts to succeed, they have to be matched by an educational system that
teaches children not only what’s wrong, but how to do what’s right.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/23gtzyd


● 編集後記

英語の海で一泳ぎして少しは涼しくなったでしょうか? なりませんね。それじゃなくても暑いのは苦手なのに、今年の夏は越せないかもしれません。あいむ・めるてぃ〜んぐ!



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157659690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。