2010年06月30日

チンパンジーもまた戦争をして領土を広げる


Chimps, Too, Wage War and Annex Rival Territory
( New York Times )

Every day, John Mitani or a colleague is up at sunrise to check on the action among the chimpanzees at Ngogo, in Uganda’s Kibale National Park. Most days the male chimps behave a lot like frat boys, making a lot of noise or beating each other up. But once every 10 to 14 days, they do something more adult and cooperative: they wage war.

A band of males, up to 20 or so, will assemble in single file and move to the edge of their territory. They fall into unusual silence as they penetrate deep into the area controlled by the neighboring group. They tensely scan the treetops and startle at every noise. “It’s quite clear that they are looking for individuals of the other community,” Dr. Mitani says.

The objective of the 10-year campaign was clearly to capture
territory, the researchers concluded. The Ngogo males could control more fruit trees, their females would have more to eat and so would reproduce faster, and the group would grow larger, stronger and more likely to survive. The chimps’ waging of war is thus “adaptive,” Dr. Mitani and his colleagues concluded, meaning that natural selection has wired the behavior into the chimps’ neural circuitry because it promotes their survival.


【 まずは準備運動 】

・penetrate 貫く、突き進む
・objective 目標、目的
・adaptive 適応性の(のある)
・neural 神経(系)の(neuron:神経細胞、ニューロン)
・circuitry 回路網(circuit:回路、サーキット)



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Every day, /
毎日 /

John Mitani or a colleague is up at sunrise
ジョン・ミタニはあるいは同僚は日の出に起きている

to check on the action among the chimpanzees
チンパンジーの間の行動をチェックするために

at Ngogo, in Uganda’s Kibale National Park.
ウガンダのキバレ国立公園におけるンゴゴでの

Most days the male chimps behave a lot like frat boys,
ほとんどの日にオスのチンパンジーはきわめてフラットボーイズのように振る舞う

making a lot of noise or beating each other up.
たくさんの音を立てながらあるいは互いに叩き合いながら

But once every 10 to 14 days,
しかし10〜14日毎に一度

they do something more adult and cooperative:
彼らはもっと大人的なそして協調的なあることをする

they wage war.
彼らは戦争を遂行する


A band of males,
オスのバンドは

up to 20 or so,
20あるいはそのくらいまでの

will assemble in single file
単一の縦列において集まる

and move to the edge of their territory.
そして彼らのテリトリーの端へと動く

They fall into unusual silence
彼らは珍しい沈黙に落ちる

as they penetrate deep into the area
彼らは地域へと深く突き進みながら

controlled by the neighboring group.
近隣のグループによって支配された

They tensely scan the treetops and startle at every noise.
彼らは緊張して梢をスキャンしそしてあらゆる音にびっくりする

“It’s quite clear
まったく明らかだ

that they are looking for individuals of the other community,”
彼らは他のコミュニティーの個体を探している

Dr. Mitani says.
ミタニ博士は言う


The objective of the 10-year campaign
10年のキャンペーンの目的は

was clearly to capture territory,
明らかにテリトリーを獲得することだった

the researchers concluded.
研究者たちは結論した

The Ngogo males could control more fruit trees,
ンゴゴのオスはもっと果樹を支配できるだろう

their females would have more to eat
彼らのメスは食べるためのもっと多くを持てるだろう

and so would reproduce faster,
そしてそのようにより速く再生するだろう

and the group would grow larger, stronger
そしてグループはもっと大きく強く育つだろう

and more likely to survive.
そしてもっと生き延びそうだ

The chimps’ waging of war
チンパンジーの戦争の遂行は

is thus “adaptive,”
従って「適応性がある」のだ

Dr. Mitani and his colleagues concluded,
ミタニ博士と彼の同僚は結論した

meaning
意味している

that natural selection has wired the behavior
自然選択はその振る舞いを配線している

into the chimps’ neural circuitry
チンパンジーの神経回路網の中へと

because it promotes their survival.
なぜならそれは彼らの生存を促進するからだ


【 英語ってどんな海? 】


ウガンダ・キバレ国立公園の「ンゴゴ」だそうです。というわけで今回は、戦争の起源はチンパンジー時代にあるのかもしれないというお話を。

■ wage

見出しにもある「wage」は「(戦争などを)遂行する」。なぜか名詞で「賃金」という意味もあります。

「annex」は「(領土などを)併合する」。ホテルなどの「別館、離れ」でもあります。

「frat boys」の「frat」は「fraternity」の略で、米国の大学の「男子学生社交クラブ」。女性の方は「sorority」。僕も詳しくはありませんので、ウィキペディアでどうぞ。そう言えば、この「fraternity」(友愛)は鳩山前首相の好きな言葉でしたね。

http://tinyurl.com/26fxxab

■ edge

第2パラグラフです。「file」は「縦列」です。「横列」は「rank」。「rank and file」と言えば「兵卒、兵員(の)」、転じて「庶民」。「corporate ranks」などと言えば、重役を除いた「一般サラリーマン」です。

時事英語としては、「書類(ばさみ)」からの「file a lawsuit」(訴訟を起こす)などの使い方が重要でしょう。動詞としては「(書類を)提出する」という意味なわけです。

記事では「端、へり」ですが、「edge」も一筋縄で行かない単語です。刃物の「刃」からの連想なのでしょう。「鋭さ、強さ、効力、有利な立場」などの意味に広がります。

competitive edge(競争力)

He had the edge over his opponent.
(彼は相手より優位に立った)

Her voice set my nerves on edge.
(彼女の声で神経がいらいらした)

これも刃の上にあるというイメージなのでしょうか。確かにそんなところにいたら緊張します。その他、「edge」は「じわじわ進む」という動詞としてもよく目にします。

「startle」は「びっくりする・させる」。皆さんご存知のこれとそっくりの「start」(スタート)にも同じ意味があります。

The touch on his shoulder made him start.
(肩に触れたら、彼はびくっとした)

知らなかった人は、あ〜びっくりした?


【 日本の陸に上がってみると 】

チンパンジーもまた戦争をして領土を広げる
( New York Times )

ジョン・ミタニ氏や同僚が毎日、日の出と共に起きて確認するのは、ウガンダにあるキバレ国立公園のンゴゴに住むチンパンジーの行動だ。ほとんどの日、チンパンジーのオスは男子寮学生のように振る舞い、やかましく騒ぎ立てたり互いに叩き合ったりする。だが10〜14日に一度、大人びた協調的な行動をする。戦争をする。

最大20頭ほどのオスの一団が一列縦隊になって、自分たちの領土の外れに向かう。いつもと違って押し黙り、近隣の集団が支配する地域に深く分け入る。張り詰めた様子で梢に目を走らせ、どんな物音にもビクッと反応する。「まさしく彼らは他の集団の成員を探しているのです」とミタニ博士は言う。

10年間の作戦行動の目的は明らかに領土を獲得することだと、研究者たちは結論した。ンゴゴのオスが多くの果樹を支配し、メスが多くの食物を得られれば繁殖の速度は上がる。集団は大きく強くなり、生き延びる可能性も高くなる。従って、チンパンジーの戦争遂行は「適応的行動」だと、ミタニ博士や同僚は結論した。つまり、その行動は自然選択によって神経回路に組み込まれており、チンパンジーの生存に寄与している。


【 もう一度、泳ごう 】

Chimps, Too, Wage War and Annex Rival Territory
( New York Times )

Every day, John Mitani or a colleague is up at sunrise to check on the action among the chimpanzees at Ngogo, in Uganda’s Kibale National Park. Most days the male chimps behave a lot like frat boys, making a lot of noise or beating each other up. But once every 10 to 14 days, they do something more adult and cooperative: they wage war.

A band of males, up to 20 or so, will assemble in single file and move to the edge of their territory. They fall into unusual silence as they penetrate deep into the area controlled by the neighboring group. They tensely scan the treetops and startle at every noise. “It’s quite clear that they are looking for individuals of the other community,” Dr. Mitani says.

The objective of the 10-year campaign was clearly to capture territory, the researchers concluded. The Ngogo males could control more fruit trees, their females would have more to eat and so would reproduce faster, and the group would grow larger, stronger and more likely to survive. The chimps’ waging of war is thus “adaptive,” Dr. Mitani and his colleagues concluded, meaning that natural selection has wired the behavior into the chimps’ neural circuitry because it promotes their survival.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/2dvrtex


● 編集後記

残念! 惜しかった。日韓共催大会から2大会ぶりの決勝リーグ進出で、今回は延長・PK戦まで持ち込めた。一歩前進。でも、決まって一歩ぐらいしか進めないのは世界の壁か、日本の奥床しさか。嗚呼、前半40分の本田の左足が決まっていればなあ・・・。




posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154879045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。