2010年05月31日

「切り裂きジャック」研究生の殺人容疑


Student of Homicide Is Charged in Three Murders
( New York Times )

In a grisly case that British newspapers have compared to the
Yorkshire Ripper murders of the 1970s, the police on Thursday charged a 40-year-old man pursuing a Ph.D. in 19th-century homicides with the murders of three women identified by the police as prostitutes.

The man charged with the killings, Stephen Griffiths, is a former van driver with a psychology degree who was enrolled in a postgraduate course in criminology. The Times of London reported that he had told a neighbor in Bradford, the rundown industrial city in West Yorkshire where he lived until his arrest on Monday, that he was studying for “a Ph.D. in murder and Jack the Ripper,” the pseudonym given to the unidentified serial killer of prostitutes in London’s Whitechapel slum district in the 1880s.

But it was the resonance of another serial murder case involving a man from the Bradford area that helped make the latest killings a newspaper sensation. In a case that terrorized much of northern England and led to years of inquiries about police investigative failures, Peter Sutcliffe, the so-called Yorkshire Ripper, was convicted in 1981 of murdering 13 women, including several prostitutes, and of attempting to murder 7 others.


【 まずは準備運動 】

・grisly ぞっとさせる、恐ろしい
・prostitute 売春婦
・criminology 犯罪学(crime:犯罪)
・rundown 価値を下げる、衰えさせる
・convict 有罪と宣告する、受刑者



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

In a grisly case /
恐ろしい事件において /

that British newspapers have compared
イギリスの新聞が比べている

to the Yorkshire Ripper murders of the 1970s,
1970年代のヨークシャーのリッパー殺人と

the police on Thursday charged a 40-year-old man
木曜日に警察は40歳の男をチャージした

pursuing a Ph.D. in 19th-century homicides
19世紀の殺人においてPh.Dを追っていた

with the murders of three women
3人の女性の殺人によって

identified by the police as prostitutes.
警察によって売春婦として身元確認されている


The man charged with the killings,
殺人によってチャージされている男は

Stephen Griffiths,
スティーブン・グリフィス

is a former van driver with a psychology degree
心理学の学位を持った元バンの運転手だ

who was enrolled in a postgraduate course in criminology.
犯罪学において大学院のコースに登録されていた

The Times of London reported
ロンドンのタイムズ紙はレポートした

that he had told a neighbor in Bradford,
彼はブラッドフォードでの近隣者に言っていた

the rundown industrial city in West Yorkshire
西ヨークシャーの中の衰えた都市

where he lived until his arrest on Monday,
彼が月曜日の彼の逮捕まで住んでいた

that he was studying for “a Ph.D. in murder and Jack the Ripper,”
彼は殺人とジャック・ザ・リッパーにおいてPh.Dを求めて勉強していた

the pseudonym
仮名

given to the unidentified serial killer of prostitutes
売春婦の正体未確認の連続殺人者に与えられた

in London’s Whitechapel slum district in the 1880s.
1880年代にロンドンのホワイトチャペルのスラム地区においての


But it was the resonance of another serial murder case
しかしもう一つの連続殺人事件の反響だった

involving a man from the Bradford area
ブラッドフォード地区からの男を含んでいる

that helped
助けたのは

make the latest killings a newspaper sensation.
最新の殺人を新聞のセンセーションにするのを

In a case
事件において

that terrorized much of northern England
北イギリスの多くを恐ろしがらせた

and led to years of inquiries about police investigative failures,
そして警察の調査の失敗についての調査の数年へとつながった

Peter Sutcliffe,
ピーター・サトクリフは

the so-called Yorkshire Ripper,
いわゆるヨークシャー・リッパー

was convicted in 1981
1981年において有罪判決を宣告された

of murdering 13 women,
13人の女性を殺したことで

including several prostitutes,
幾人かの売春婦を含んでいる

and of attempting to murder 7 others.
そして7人の他人を殺そうとしたことで


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、英国で起きた恐ろしい事件についての記事です。

■ compare

見出しにあるhomicideは、法律用語的な「殺人」です。一般的にはmurderですね。ちなみに、killは殺意の有無を問いませんから、事故などで「殺された」場合にも用います。

compareは「比べる」ですが、前置詞にtoとwithを使う場合の違いがよく指摘されます。下の辞書の説明によれば、「異種間の類似性を述べるときはtoで、同じ範疇の物同士を比較するときはいずれも可」だそうです。なるほど、だからtoの場合は「たとえる」と訳せるわけですね。

Scientists sometimes compare the human brain to a computer.
(科学者は時々、人間の脳をコンピューターにたとえる)

The police compared the forged signature with the original.
(警察は偽造されたサインを現物と比べた)

Ph.DはDoctor of Philosophyの略語で「博士号」。直訳すれば「哲学の博士」なのになぜ?と疑問を持たれた方は以下のウィキペディア(日本語)でどうぞ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Ph.D.

第2パラグラフに出てきますが、このdegreeは「学位」です。doctor's degree(doctorate)が「博士号」、master' degreeが「修士号」、bachelor's degreeが「学士号」です。

enrollのrollは「名簿」のことで、これで「(人を)名簿に載せる、会員にする、(学生を)入学させる」。軍隊に入れたい場合はenlistになるかと思います。ちなみに、roll callで「点呼、出欠を取ること」。

第2パラグラフの2番目の文のthat以下は、he had told a neighbor・・・ , that he was studying〜(彼は〜勉強していると近隣の人に言っていた)という形です。

pseudonymのpseud(o)は「偽りの、仮の」という意味で、nymは「名前」です。name(ネイム)がなまったみたいな音で「ニム」。全体で「スードニム」と読みます。他に「ニム」の付いた語を挙げますと、anonymity(匿名)、synonym(同義語)、antonym(反意語)。

■ resonance

第3パラグラフ最初の文は強調構文です。it was〜 that helped… という形で「・・・助けたのは〜だった」。「〜」の部分の意味が強調されているわけです。

resonanceは音が鳴り響くことで、「反響、余韻」。もちろん、ここでは実際に鳴っているわけではなくて、心理的・感情的な「反響」ですね。形容詞のresonant、動詞のresonateともども、こういう使い方はよく目にします。

make A B で「AをBにする」。加えて無生物主語ですから、とても英語的な文です。でも、makeにはこんな用法もあります。

She will make him a good wife.

最近は「専業主夫」になる男性も増えているそうですが、この場合は「彼女は彼にとって良い妻になるだろう」。但し、このhimがはるな愛ちゃんみたいな場合にどうなるのかは定かではありません。


【 日本の陸に上がってみると 】

「切り裂きジャック」研究生の殺人容疑
( New York Times )

この陰惨な事件を、英国の新聞各紙は1970年代の「ヨークシャーの切り裂き魔」事件と比べている。警察は木曜日、19世紀の殺人事件の研究で博士号を取得中の40歳の男を女性3人を殺害したとして起訴した。警察は女性たちを売春婦と確認している。

殺人で起訴された男はスティーブン・グリフィスと言い、元トラック運転手。心理学の学位を持ち、犯罪学の大学院課程に在籍していた。英国のタイムズ紙の報道では、男は月曜日に逮捕されるまでヨークシャー州西部のさびれた工業都市に住み、近所の人に「『切り裂きジャック』で博士号を取るために勉強している」と語っていた。切り裂きジャックとは正体不明の連続殺人者の異名で、1880年代にロンドンのホワイトチャペルという貧民街で売春婦を次々に殺害した。

だが、ブラッドフォード地区の男が関わったもう一つの連続殺人事件の生々しい記憶こそが、この事件の新聞各紙での衝撃的な扱いに一役買った。広く英国北部を震撼させ、その後何年間も警察の捜査ミスが追及されたその事件では、ピーター・サトクリフ、通称「ヨークシャーの切り裂き魔」が1981年、女性13人の殺害容疑で有罪判決を受けた。その中には数名の売春婦も含まれ、さらに7人の殺害未遂もあった。


【 もう一度、泳ごう 】

Student of Homicide Is Charged in Three Murders
( New York Times )

In a grisly case that British newspapers have compared to the Yorkshire Ripper murders of the 1970s, the police on Thursday charged a 40-year-old man pursuing a Ph.D. in 19th-century homicides with the murders of three women identified by the police as prostitutes.

The man charged with the killings, Stephen Griffiths, is a former van driver with a psychology degree who was enrolled in a postgraduate course in criminology. The Times of London reported that he had told a neighbor in Bradford, the rundown industrial city in West Yorkshire where he lived until his arrest on Monday, that he was studying for “a Ph.D. in murder and Jack the Ripper,” the pseudonym given to the unidentified serial killer of prostitutes in London’s Whitechapel slum district in the 1880s.

But it was the resonance of another serial murder case involving a man from the Bradford area that helped make the latest killings a newspaper sensation. In a case that terrorized much of northern England and led to years of inquiries about police investigative failures, Peter Sutcliffe, the so-called Yorkshire Ripper, was convicted in 1981 of murdering 13 women, including several prostitutes, and of attempting to murder 7 others.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/2bpl8lw


● 編集後記

gooメールがやっとシンプル版も使えるようになりました。これまでは、クリックしてもなかなかメールが開かなかったり、開いても別のメールだったり、ゴミ箱が空にできなかったりと散々でした。天下のNTTといえども、苦情1万件には重い腰を上げざるをえなかったようです。あ〜、良かった。



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151818665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。