2010年05月26日

携帯電話が伝える北朝鮮の秘密


North Koreans Use Cellphones to Bare Secrets
( New York Times )

North Korea, one of the world’s most impenetrable nations, is facing a new threat: networks of its own citizens feeding information about life there to South Korea and its Western allies.

The networks are the creation of a handful of North Korean defectors and South Korean human rights activists using cellphones to pierce North Korea’s near-total news blackout. To build the networks, recruiters slip into China to woo the few North Koreans allowed to travel there, provide cellphones to smuggle across the border, then post informers’ phoned and texted reports on Web sites.

The work is risky. Recruiters spend months identifying and coaxing potential informants, all the while evading agents from the North and the Chinese police bent on stopping their work. The North Koreans face even greater danger; exposure could lead to imprisonment ― or death.

But the fact that such news is leaking out at all is something of a revolution for a brutally efficient gulag state that has forcibly cloistered its people for decades even as other closed societies have reluctantly accepted at least some of the intrusions of a more wired world.


【 まずは準備運動 】

・defector 離反者、亡命者(動詞:defect)
・evade 避ける、よける、逃れる
・exposure さらすこと、(秘密などの)露見、暴露(動詞:expose)
・gulag (旧ソ連の)矯正労働収容所
・cloister 修道院(に閉じ込める)、回廊
・reluctantly 不承不承に、しぶしぶ



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

North Korea, /
北朝鮮は /

one of the world’s most impenetrable nations,
世界の最も見通しにくい国の一つ

is facing a new threat:
新しい脅威に直面している

networks of its own citizens
それ自身の市民のネットワーク

feeding information about life there
そこでの生活についての情報を供給している

to South Korea and its Western allies.
韓国やその西側の同盟国に


The networks are the creation
ネットワークは創造だ

of a handful of North Korean defectors
一握りの北朝鮮の亡命者の

and South Korean human rights activists
そして韓国の人権活動家

using cellphones
携帯電話を使っている

to pierce North Korea’s near-total news blackout.
北朝鮮のほぼ完全な報道ブラックアウトに穴を開けるために

To build the networks,
ネットワークを作るために

recruiters slip into China
リクルーターは中国に滑り込む

to woo the few North Koreans allowed to travel there,
そこにトラベルすることを許された少ない北朝鮮人にせがむために

provide cellphones to smuggle across the border,
国境を越えて持ち出すための携帯電話を提供する

then post informers’ phoned and texted reports on Web sites.
それから情報屋の電話されたりテクストされたりするレポートをウェブサイトに投稿する


The work is risky.
仕事はリスキーだ

Recruiters spend months
リクルーターは何ヶ月も費やす

identifying and coaxing potential informants,
潜在的な情報屋の身元を確かめそしてなだめすかしながら

all the while evading agents
エージェントを避けている間ずっと

from the North and the Chinese police
北や中国の警察からの

bent on stopping their work.
彼らの仕事を止めることに傾いている

The North Koreans face even greater danger;
北朝鮮人はもっと大きな危険に直面する

exposure could lead to imprisonment ― or death.
暴露は投獄または死につながりかねない


But the fact
しかし事実は

that such news is leaking out at all
ともかくそうした情報が漏れ出している

is something of a revolution
ちょっとした革命だ

for a brutally efficient gulag state
残酷に効率的な矯正労働収容所国家にとって

that has forcibly cloistered its people for decades
何十年も強制的にその人々を閉じ込めている

even as other closed societies
他の閉じられた社会が・・・時でさえ

have reluctantly accepted at least some of the intrusions
不承不承に少なくとも侵入のいくつかを受け入れている

of a more wired world.
もっとワイヤー化された世界の


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回も、北朝鮮に関する記事です。

■ woo

impenetrableの元になっている単語はpenetrateです。「突き刺す、突き進む貫く、通る」。転じて、「(物事の真相などを)見抜く、見通す」。これに否定の接頭辞のim-(in-)と「できる」の-ableが付いた語です。

第2パラグラフには類義語のpierce(ピアス)が出てきました。pierceは「穴を開ける」という動詞ですから、「ピアスを付ける」ことができるのは日本人だけでしょう。

blackoutは「停電、失神、灯火管制、報道管制」。

何となく面白い形をしていますが、woo(ウー)は「せがむ、懇願する、(男が女を)口説く」。似たような語にwoeというのもあります。こちらの発音は「ウォゥ」で、意味は「悲哀、災難」。「女性」がwomanで、「子宮」がwombですね。これらが似ている理由は知りません。

travelの基本の意味は「移動」です。なのでここで使われています。smuggleは「密輸する」。

携帯電話の「メール(を打つ」)」はtext(text message)と言うのですね。なので、texted reportsで「メールによる報告」。

■ at all

第3パラグラフです。coaxは「(なだめたり、おだてたりして)説得する」。coax A to do という形でよく使われます。「Aをおだてて〜させる」。

bentは「曲げる、傾ける」のbendの過去・過去分詞形です。心が傾いているわけですから、bent on・・・ で「・・・に熱心な、と決心して」。

第4パラグラフです。at allは否定文での用法はおなじみでしょうが、肯定文や疑問文でも使います。声に出して読むと、感じが掴めます!

Do you know him at all?
(いったい彼を知っているのですか)

If you do it at all, do it well.
(どうせやるのなら、しっかりやりなさい)

最後のwiredは「針金で補強した、有線の」。もちろん今の時代ですから、「情報通信網の備わった、ネットワークでつながっている」といった感じです。

even as・・・ のニュアンスが移せなかった最後のところは誤訳です(ーー;)



■ おすすめEブック ■

果たして、800冊から選ばれた13冊とは?

英語はお金をかけなくたって上達します。
2004年からメルマガで英語本のレビューを続けている方の著書です。

Eブック『英語本のホンネのホンネ』(1500円)

⇒⇒ http://123direct.info/tracking/af/249820/XJWLDZwx/

(K.Andoh)


【 日本の陸に上がってみると 】

携帯電話が伝える北朝鮮の秘密
( New York Times )

世界でも有数の厚いベールに包まれた国家である北朝鮮が、新たな脅威に直面している。同国での生活に関する情報を韓国や西側同盟国に提供する市民らによるネットワークの存在だ。

そのネットワークを形成するのは一握りの脱北者と韓国の人権活動家で、携帯電話を使って北朝鮮の水も漏らさぬ報道管制に風穴を開けている。ネットワークを築くためにリクルーターたちは中国に潜入し、同国への入国を許された数少ない北朝鮮人に接触して携帯電話を渡し国境越えを要請する。そして、彼らからの通話やメールによる報告をウェブサイトに掲載する。

この任務は危険だ。リクルーターは何ヶ月もかけて情報提供者になりそうな人物の身元を確かめ説得に当たる。その間、北朝鮮や中国の警察から身をかわさなければならない。彼らの任務を阻止しようと躍起になっているからだ。北朝鮮人はもっと大きな危険に直面する。秘密の暴露は投獄、もしくは死につながる恐れがある。

だが、ともかくこのように情報が漏出しているというのは革命的な事態だ。残酷なまでに効率的な収容所国家は、何十年間も人々を強制的に隔離してきたからだ。いまや他の閉鎖的な社会では、その浸透をある程度受け入れざるをえないほど世界のネットワーク化は進んでいる。


【 もう一度、泳ごう 】

North Koreans Use Cellphones to Bare Secrets
( New York Times )

North Korea, one of the world’s most impenetrable nations, is facing a new threat: networks of its own citizens feeding information about life there to South Korea and its Western allies.

The networks are the creation of a handful of North Korean defectors and South Korean human rights activists using cellphones to pierce North Korea’s near-total news blackout. To build the networks, recruiters slip into China to woo the few North Koreans allowed to travel there, provide cellphones to smuggle across the border, then post informers’ phoned and texted reports on Web sites.

The work is risky. Recruiters spend months identifying and coaxing potential informants, all the while evading agents from the North and the Chinese police bent on stopping their work. The North Koreans face even greater danger; exposure could lead to imprisonment ― or death.

But the fact that such news is leaking out at all is something of a revolution for a brutally efficient gulag state that has forcibly cloistered its people for decades even as other closed societies have reluctantly accepted at least some of the intrusions of a more wired world.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/28dl9zy


● 編集後記

NHK・BSで放映された『フォッグ・オブ・ウォー Fog of War』という映画を見ました。キューバ危機やベトナム戦争の時代に米軍を率いたマクナマラ国防長官のインタビューを中心にしたドキュメンタリーですから、見応えがありました。再放送のときにでも見てください。オススメです。



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151061375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。