2010年05月24日

韓国軍艦「天安」の沈没


The Sinking of the Cheonan
( New York Times )

Nearly 60 years ago, the Korean War concluded with an armistice. North Korea’s attack on a South Korean navy ship, which killed 46 sailors, is a reminder of the continued fragility and danger of that less-than-peace.

The two Koreas have more than one million troops on their border and the North has thousands of artillery tubes pointed at Seoul. With an erratic (that’s generous) leader like Kim Jong-il in Pyongyang, the risk of miscalculation is very high. The fact that Mr. Kim also has nuclear weapons makes it all the more frightening.

South Korea deserves credit for its prudent response to the late March sinking of the Cheonan, which was sailing in disputed waters. Instead of lashing back, it assembled an international team of experts to determine the cause. On Thursday, the government produced forensic evidence that a torpedo sank the ship, including part of a torpedo propeller with what the investigative team says is a North Korean serial number.


【 まずは準備運動 】

・artillery 大砲、砲兵隊
・lash むち、激しく打つ
・assemble 集める、組み立てる
・forensic 法廷の、法医学の
・torpedo 魚雷



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Nearly 60 years ago, /
60年近く前に /

the Korean War concluded with an armistice.
朝鮮戦争は休戦で結論した

North Korea’s attack on a South Korean navy ship,
北朝鮮の韓国の海軍の船への攻撃は

which killed 46 sailors,
46人の船員を殺した

is a reminder of the continued fragility and danger
続けられている脆さと危険を思い出させるものだ

of that less-than-peace.
その平和未満の


The two Koreas have more than one million troops on their border
2つの朝鮮は彼らの国境に百万より多い軍隊を持っている

and the North has thousands of artillery tubes pointed at Seoul.
そして北は大砲の筒をソウルに向けさせている

With an erratic (that’s generous) leader
とっぴな(それは寛大だ)リーダーを持って

like Kim Jong-il in Pyongyang,
ピョンヤンの中の金正日のような

the risk of miscalculation is very high.
計算違いのリスクはとても高い

The fact
事実は

that Mr. Kim also has nuclear weapons
金氏が核兵器もまた持っているという

makes it all the more frightening.
それをますます怖がらせるものにする


South Korea deserves credit for its prudent response
韓国はその慎重な反応に対する称賛に値する

to the late March sinking of the Cheonan,
3月下旬の天安の沈没への

which was sailing in disputed waters.
争われている水域の中で航海していた

Instead of lashing back,
打ち返す代わりに

it assembled an international team of experts
それは専門家の国際的なチームを組み立てた

to determine the cause.
その原因を決定するために

On Thursday,
木曜日に

the government produced forensic evidence
政府は法的な証拠を生み出した

that a torpedo sank the ship,
魚雷が船を沈めた

including part of a torpedo propeller
魚雷のプロペラの部分を含んでいる

with what the investigative team says
調査チームが言うところのものを持って

is a North Korean serial number.
北朝鮮のシリアルナンバーである


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、韓国の哨戒艦沈没事件をめぐるニュースを社説で。

■ reminder

armisticeは「休戦、停戦」。朝鮮戦争は正式には終わっていないんですね。同義語にtruceというのもあります。

reminderはカタカナの「リマインダー」でもうおなじみですね。何かを思い出させたり、気づかせたりするもの。僕はケータイのアラームを使っていますが、それでもテレビの録画をよく忘れます。動詞のremindなら、

Oh, that reminds me.
(そうそう、それで思い出した)

日常会話の定番表現です。remind A of… で「Aに・・・を思い出させる」。

less-than-peaceはthatが付いていますから名詞扱いです。名詞中心発想という英語の特徴がよく現れている文です。

fragilityは「壊れやすいこと、脆いこと」。形容詞がfragileです。

■ credit

第2パラグラフです。erraticは「(行動が)一貫していない、とっぴな、常軌を逸した」。

that’s generousと但し書きが付いています。どういう意味でしょう。generousは「寛大な、気前のよい、物惜しみしない」ですから、「大目に見ても」ぐらいでしょうか。でも、訳文は大目に見ませんでした^^;

miscalculationは「計算違い、見込み違い」。何気に分かりにくい文章です。計算違いをするのは金総書記なのか、それとも私たちの方なのか。次の文のitがthe risk of miscalculationを指すとすれば、後者が正解でしょう。all
the more・・・ は「ますます、より一層・・・」。

第3パラグラフです。deserveは「〜の価値がある、受けるに値する」。よく使われます。

You deserve a promotion after all the hard work you have done.
(あんなに一生懸命働いてきたのだから、君が昇進するのは当然だ)

「信用、信頼、名誉、称賛」などのcreditも難しい語です。

I have to give him credit for trying.
(挑戦したのだから彼はたいしたものだ)

こういう使い方でよく出てきます。辞書で要チェックです。

prudentは「慎重な、賢明な」。disputeは「論争する、紛争」。このへんも重要な単語です。

一番最後のところは、the investigative team saysをカッコでくくると分かりやすくなります。



■ おすすめEブック ■

果たして、800冊から選ばれた13冊とは?

英語はお金をかけなくたって上達します。
2004年からメルマガで英語本のレビューを続けている方の著書です。

Eブック『英語本のホンネのホンネ』(1500円)

⇒⇒ http://123direct.info/tracking/af/249820/XJWLDZwx/

(K.Andoh)


【 日本の陸に上がってみると 】

韓国軍艦「天安」の沈没
( New York Times )

60年近く前、朝鮮戦争は休戦協定で終わった。北朝鮮による韓国の軍艦の攻撃で46人の乗組員が死亡した事件は、和平に達していない関係の脆さと危険性が存続していることを改めて浮き彫りにした。

南北朝鮮は100万人以上の軍隊を国境地帯に集め、北朝鮮は何千もの大砲の筒をソウルに向けている。ピョンヤンの金正日氏のようにどう見ても常軌を逸している指導者の場合、見込み違いのリスクはとても大きい。金氏は核兵器も持っているのだがら、その脅威はいや増す。

韓国が慎重に対処したことは称賛するに足る。3月下旬に沈没した天安は、係争水域を航行していた。反撃する代わりに、韓国は専門家からなる国際チームを作って、原因の究明に当たった。木曜日に政府が提出した法的な証拠によれば、魚雷で艦は沈没した。証拠には魚雷のプロペラの一部も含まれ、調査チームの話では北朝鮮のシリアルナンバーが付いていた。


【 もう一度、泳ごう 】

The Sinking of the Cheonan
( New York Times )

Nearly 60 years ago, the Korean War concluded with an armistice. North Korea’s attack on a South Korean navy ship, which killed 46 sailors, is a reminder of the continued fragility and danger of that less-than-peace.

The two Koreas have more than one million troops on their border and the North has thousands of artillery tubes pointed at Seoul. With an erratic (that’s generous) leader like Kim Jong-il in Pyongyang, the risk of miscalculation is very high. The fact that Mr. Kim also has nuclear weapons makes it all the more frightening.

South Korea deserves credit for its prudent response to the late March sinking of the Cheonan, which was sailing in disputed waters. Instead of lashing back, it assembled an international team of experts to determine the cause. On Thursday, the government produced forensic evidence that a torpedo sank the ship, including part of a torpedo propeller with what the investigative team says is a North Korean serial number.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/26syuhk


● 編集後記

我らがスワローズが交流戦に入ってから勝てません。8連敗で借金18。今年は優勝する!と、友達に大見得を切ったのに、これでは大損です。おっと、野球賭博はいけません。



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151061120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。