2010年02月22日

「9・11以後ゆえに」ブレア前首相の弁明


Citing 9/11, Blair Defends Legacy at Iraq Inquiry
( New York Times )

Almost seven years after he ordered British troops to join the
American-led invasion of Iraq, former Prime Minister Tony Blair
mounted an unwavering defense of his actions on Friday, saying he would take the same steps again to counter what he depicted as a threat from Saddam Hussein that had assumed far greater dimensions after the attacks of Sept. 11, 2001.

In an appearance before an official inquiry into Britain’s role in the Iraq conflict, Mr. Blair sought to reshape the unflattering legacy molded since he left office in 2007 by his many critics in Britain. He has been accused, often bitterly, of pliantly following former President George W. Bush’s lead into an illegal and unpopular war, and of misleading his countrymen about his reasons for doing so.

“This isn’t about a lie or a conspiracy or a deceit or a
deception,” Mr. Blair said. “It’s a decision. And the decision I had to take was, given Saddam’s history, given his use of chemical weapons, given the over one million people whose deaths he had caused, given 10 years of breaking U.N. resolutions, could we take the risk of this man reconstituting his weapons program or is that a risk it is responsible to take?”


【 まずは準備運動 】

・counter 立ち向かう、反対の
・inquiry 調査、審理、問い合わせ
・mold (型に入れて)作る
・bitterly ひどく、痛烈に
・pliantly (人の)言いなりになって、(物が)曲げやすく



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Almost seven years /
ほぼ7年 /

after he ordered British troops
彼がイギリスの軍隊に命じた後で

to join the American-led invasion of Iraq,
アメリカが導いたイラクへの侵攻に加わるように

former Prime Minister Tony Blair
トニー・ブレア元首相は

mounted an unwavering defense of his actions
彼の行動の揺るがない防御を始めた

on Friday,
金曜日に

saying
言いながら

he would take the same steps again
彼は再び同じ手段を取るだろう

to counter what he depicted as a threat from Saddam Hussein
彼がサダム・フセインからの脅威として描いたものに立ち向かうために

that had assumed far greater dimensions
はなはだより大きい容積を呈していた

after the attacks of Sept. 11, 2001.
2001年9月11日の攻撃の後で


In an appearance before an official inquiry
公式の調査の前への出席において

into Britain’s role in the Iraq conflict,
イラク衝突でのイギリスの役割への

Mr. Blair sought to reshape the unflattering legacy
ブレア氏はおもねらない遺産を再形成することを求めた

molded since he left office in 2007
彼が2007年にオフィスを去って以来作られた

by his many critics in Britain.
イギリスでの彼の多くの批判者によって

He has been accused,
彼は非難されてきた

often bitterly,
しばしば厳しく

of pliantly following former President George W. Bush’s lead
ジョージ・W・ブッシュ元大統領の導きを言いなりになって従うことを

into an illegal and unpopular war,
違法な不人気の戦争への

and of misleading his countrymen
そして彼の国民をミスリードすることを

about his reasons for doing so.
彼のそうすることへの理由について


“This isn’t about a lie
これは嘘についてではない

or a conspiracy or a deceit or a deception,”
陰謀やごまかしやいつわりでも

Mr. Blair said.
ブレア氏は言った

“It’s a decision.
それは決定だ

And the decision I had to take
そして私が取らなければならなかった決定は

was,
だった

given Saddam’s history,
サダムの歴史を与えられれば

given his use of chemical weapons,
彼の科学兵器の使用を与えられれば

given the over one million people
百万人以上を与えられれば

whose deaths he had caused,
その死を彼が引き起こした

given 10 years of breaking U.N. resolutions,
国連の決議を違反することの10年を与えられれば

could we take the risk
私たちはリスクを取りうるか

of this man reconstituting his weapons program
この男が彼の兵器プログラムを再構成することの

or is that a risk
すなわちそれはリスクであるか

it is responsible to take?”
それが取るために責任ある


【 英語ってどんな海? 】

といわけで今回は、B-Liarと呼ばれている散々な元首相についての記事を。もちろんliarは「嘘つき」。英語圏では最大級の罵倒語です。

■ mount

mount は「登る」「(馬などに)乗る」ですが、政治的な活動や戦闘を「開始する」「仕掛ける」という意味でもよく使います。

unwaveringのwaverは「(炎・信念などが)揺れる、揺らぐ」。un-は否定の意の接頭辞。この文で一番重要なのはこの語でしょう。試訳で述部に置いた所以です。

assumeは「(証拠はないが)〜を事実だとする、思い込む、(責任・任務)負う、引き受ける、ふりをする、(様相を)帯びる」等々。ちょっと難しい単語です。名詞形のassumptionともどもよく使われます。

dimensionは「(長さ、幅、高さの)寸法」、複数形で「容積、大きさ」、3D映画(three-dimensional movies)のDです。比ゆ的に「(問題などの)様相、面」。had assumed far greater dimensionsの意味上の主語はthreatです。訳すのは骨が折れますが、なかなかうまい表現です。

■ unflattering

第2パラグラフです。unflatteringのflatterは「おもねる、お世辞を言う、うれしがらせる」。「(絵画・写真などが)人を実物以上によく見せる」という使い方もあります。

This photo flatters her.
(この彼女の写真は実物よりも写りがいい)

モノが対象に影響を与える。英語の発想がよく現れている表現だと思います。

見出しにもあるlegacyは「遺産」ですが、政治記事では、大統領や首相が在任中になした業績という意味でよく使われます。

■ given

第3パラグラフです。conspiracyは「陰謀」、動詞形がconspireです。deceitとdeceptionはまあ同義語で「だますこと、あざむくこと」、動詞がdeceiveです。

Appearances can be deceiving.
(人は見かけによらぬもの)

このgivenの用法も重要です。「〜を与えられて」という元の意味から見当がつく思いますが、すでに何らかの事情があるからという意味です。「〜を考慮すると、仮定すると」



======================================================

ところで・・・

I believe him.

I believe in him.

両者の違いが分かりますか?

英単語、役に立つ英文・・・そして成功する学習術。
その全てが無料で学べるチャンスが、あります。

世界23カ国の日本人がこのメールで英語の「起死回生」を果たしました。

無料ですぐにサンプルを読んでいただけます。

あなたがすることは、とても簡単です。
ここをクリックして、実際に中身を読んで登録して下さい。

→ http://www.catiksp.net/
(実際のメール本文も上記で見られます)

======================================================


【 日本の陸に上がってみると 】

「9・11以後ゆえに」ブレア前首相の弁明
( New York Times )

約7年前、英国軍に米国主導のイラク侵攻に加わるよう命じたトニー・ブレア前首相が金曜日に開始した自らの行動についての弁明は揺るがなかった。再びサダム・フセインの脅威なるものと立ち向かうためでも、同じ手段を取ることを辞さないし、2001年9月11日のテロ事件後、その脅威には圧倒的な立体感が伴っていたと述べた。

イラク戦争での英国の役割についての公式の調査委に出席したブレア氏は、2007年の退任以来、国内の多くの批判によって変わり果てた自身の歴史的評価の再構成に努めた。氏はジョージ・ブッシュ前大統領の指揮に唯々諾々と従って国際的支持のなかった違法な戦争に突入し、その大義についても国民を欺いたことで激しく非難されていた。

「嘘や陰謀やごまかしや偽りといった話ではない」とブレア氏は言う。「それは決断だった。私は決断しなければならなかった。サダムのそれまでの行状、すなわち化学兵器の使用、100万人以上の犠牲者、10年来の国連決議の違反を考慮したとき、この男に核兵器開発計画を再構築させるという危険を冒すことができるのか。それが責任ある者の冒す危険だと言うのか」


【 もう一度、泳ごう 】

Citing 9/11, Blair Defends Legacy at Iraq Inquiry
( New York Times )

Almost seven years after he ordered British troops to join the American-led invasion of Iraq, former Prime Minister Tony Blair mounted an unwavering defense of his actions on Friday, saying he would take the same steps again to counter what he depicted as a threat from Saddam Hussein that had assumed far greater dimensions after the attacks of Sept. 11, 2001.

In an appearance before an official inquiry into Britain’s role in the Iraq conflict, Mr. Blair sought to reshape the unflattering legacy molded since he left office in 2007 by his many critics in Britain. He has been accused, often bitterly, of pliantly following former President George W. Bush’s lead into an illegal and unpopular war, and of misleading his countrymen about his reasons for doing so.

“This isn’t about a lie or a conspiracy or a deceit or a
deception,” Mr. Blair said. “It’s a decision. And the decision I had to take was, given Saddam’s history, given his use of chemical weapons, given the over one million people whose deaths he had caused, given 10 years of breaking U.N. resolutions, could we take the risk of this man reconstituting his weapons program or is that a risk it is responsible to take?”


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/y8k5zrz


● 編集後記

日本は犠牲者が出なかったからよかったものの、小泉元首相はブレアさんのこの言葉をどのように聞いたことでしょう。今朝の朝日新聞が社説で大々的に取り上げていたので、この記事を選びました。バンクーバー五輪は真央ちゃん、ミキティの結果を待ちましょう。



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。