2010年01月20日

グーグルと中国


Google in China
( New York Times )

Google has taken a bold stand by saying that it would stop
cooperating with China’s online censorship and may pull out of the country entirely. Google had many reasons to reconsider its presence, but the discovery that it was a victim of a cyberattack aimed at Chinese human rights activists added a powerful one. There are limits to the price an American company should be willing to pay for access to 300 million Web users.

When Google took its Web site to China in early 2006, it argued that the positive benefit of giving the Chinese people more open access to the Internet outweighed the negative. But Google said that it would monitor the situation, including what restrictions were imposed upon its delivery of information.

The government’s policies proved to be deeply troubling. In China, search requests on Google for terms that offend the government, such as “Tiananmen Square massacre,” do not work. YouTube, the company’s user-generated video site, has repeatedly been blocked.


【 まずは準備運動 】

・censorship 検閲
・presence 存在、ある・いること
・benefit 利益、ためになること
・offend 怒らせる、感情をそこなう
・massacre 大虐殺



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

Google has taken a bold stand /
グーグルが勇敢な立つことを取った /

by saying /
言うことによって /

that it would stop cooperating with China’s online censorship /
それは中国のオンライン検閲との協力を止めるだろう /

and may pull out of the country entirely. /
そして完全に国から引くかもしれない /

Google had many reasons to reconsider its presence, /
グーグルはその存在を再び考える多くの理由を持っていた /

but the discovery /
しかしその発見は /

that it was a victim of a cyberattack /
それがサイバー攻撃の犠牲者だった /

aimed at Chinese human rights activists /
中国人の人権活動家を狙った /

added a powerful one. /
強力なひとつを加えた /

There are limits to the price /
価格には限界がある /

an American company should be willing to pay /
アメリカ企業が喜んで払うべき /

for access to 300 million Web users. /
3億のウェブユーザーへのアクセスのために /


When Google took its Web site to China in early 2006, /
グーグルが2006年の初めにそのウェブサイトを中国に持っていったときに /

it argued /
それは主張した /

that the positive benefit /
ポジティブな利益は /

of giving the Chinese people more open access to the Internet /
中国の人々により開かれたインターネットへのアクセスを与えることの /

outweighed the negative. /
ネガティブなものより重い /

But Google said /
しかしグーグルは言った /

that it would monitor the situation, /
状況をモニターするだろう /

including /
含んでいる /

what restrictions were imposed upon its delivery of information. /
どんな制限がその情報の配達に課せられるのか /


The government’s policies proved to be deeply troubling. /
政府の政策は深くトラブルになるものであることが判明した /

In China, /
中国では /

search requests on Google for terms /
用語に対するグーグルでの検索要求は /

that offend the government, /
政府を怒らせる

such as “Tiananmen Square massacre,” /
天安門広場虐殺のような /

do not work. /
働かない /

YouTube, /
ユーチューブは

the company’s user-generated video site, /
会社のユーザーによって制作されたビデオのサイト /

has repeatedly been blocked. /
繰り返しブロックされた /


【 英語ってどんな海? 】

第1パラグラフ、standは名詞としても用います。「立場、態度、主張」。困難な状況でも倒れずに立っているというイメージなのでしょう。

I can't stand this noise.
(この騒音には我慢できない)

The regulation still stands.
(その規定はまだ有効だ)

なじみの薄いところでは、こんな用法もあります。

His bank balance stands at two million yen.
(彼の預金残高は2千万円だ)

He stands 180 centimeters.
(彼の背は180センチだ)

standの基本概念は、be upright in placeだそうです。

boldは「大胆な、勇敢な」。中国は世界一大きい市場ですから、そうでしょうね。ちなみに、baldは「頭がはげた」です。僕はまだあります。

pay a priceは「代価を払う、代償を払う、犠牲を払う」

■ outweigh

outweigh〜 は「〜より重い」で、価値や重要性に関しても使います。これまでも、接頭辞にout-が付いた単語はよく出てきました。「〜より頭がいい、出し抜く」のoutsmartや「〜より数で勝る」のoutnumberなど。

restrictionは「制限、制約」、動詞がrestrictです。imposeは「(義務・負担・税などを)課す、負わせる、(意見などを)押し付ける、強いる」。このへんも時事英語の必須単語です。

■ prove

proveは「証明する、立証する」。何らかの経験を経て、「〜だと分かる、判明する」という意味にもなります。

His story proved(to be)false.
(彼の話は嘘だと判明した)

proveの名詞形がproof(証拠、証明)。water-proofと言えば「防水性の」。何とか‐proofで「防〜性の、耐〜性の」。つまり、水に触れても大丈夫なことは証明済みというわけです。

workは、人ではなくて物事が主語の場合は「きちんと動く、機能する」。ですから、モノの仕組みや操作の方法を、

How does it work?

などと聞いたりします。モノが自ら動くかのよう。英語らしいところです。


【 日本の陸に上がってみると 】

グーグルと中国
( New York Times )

グーグルが勇敢な態度を取った。同社は中国のオンライン検閲への協力を停止し、同国から完全に撤退する可能性もあると言う。グーグルには同国でのあり方を見直す理由が数多くあったが、このたび発覚した中国人人権活動家を標的にしたサイバー攻撃の被害者になったことで、強力な理由が加わった。一米国企業が3億人のウェブユーザーのために進んで払える代価は限られている。

2006年初頭、中国にウェブサイトを開いたグーグルが主張したのは、中国の人々にインターネットの利用機会を広げるプラス面の方がマイナス面よりも大きいということだった。だが、状況を監視するとも述べた。例えば、情報の提供にどんな制限が課せられるのか。

政府の方針はひどく厄介なものだった。中国では、政府の不興を買う「天安門広場虐殺」などの用語の検索要求は通らない。同社のユーザー投稿型ビデオサイトであるユーチューブは、何度も遮断された。


【 もう一度、泳ごう 】

Google in China
( New York Times )

Google has taken a bold stand by saying that it would stop
cooperating with China’s online censorship and may pull out of the country entirely. Google had many reasons to reconsider its presence, but the discovery that it was a victim of a cyberattack aimed at Chinese human rights activists added a powerful one. There are limits to the price an American company should be willing to pay for access to 300 million Web users.

When Google took its Web site to China in early 2006, it argued that the positive benefit of giving the Chinese people more open access to the Internet outweighed the negative. But Google said that it would monitor the situation, including what restrictions were imposed upon its delivery of information.

The government’s policies proved to be deeply troubling. In China, search requests on Google for terms that offend the government, such as “Tiananmen Square massacre,” do not work. YouTube, the company’s user-generated video site, has repeatedly been blocked.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/yb8nvhr


● 編集後記

今日は暖かかったのに、鼻は詰まるし、鼻水は出るし。他に調子の悪いところはないのですが、やっぱり風邪なのかなあ。今夜は早く寝ることにします。



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術・IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138897818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。