2009年09月28日

国連総会、温暖化対策は後退する


Proposals Lag Behind Promises on Climate
( New York Times )

World leaders gathered here for a global summit meeting on climate change made modest proposals on Tuesday for combating the problem, underscoring the way domestic political battles still trump what United Nations officials had hoped would be a sense of global urgency.

In speech after speech, presidents and prime ministers of countries large and small spoke with soaring promises about the importance of confronting the problem for future generations. But when it came down to the nuts-and-bolts promises of what they were prepared to do in the next decade, experts and analysts were disappointed that there were no bold new proposals, particularly from the United States.

A few leaders did make significant commitments.

Prime Minister Yukio Hatoyama of Japan, who took office last week, said that his country would seek to cut greenhouse gas levels 25 percent, to 1990 levels, by 2020, and that Japan would provide significant financial and technical aid for green development.


【 まずは準備運動 】

・domestic 国内の、家庭(内)の
・urgency  緊急
・disappoint 失望させる
・bold 大胆な、力強い



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

World leaders /
世界のリーダーたちは /

gathered here for a global summit meeting on climate change /
気候変動について地球のサミットミーティングのためにここに集められた /

made modest proposals on Tuesday /
火曜日に控えめな提案をした /

for combating the problem, /
その問題と闘うために /

underscoring the way /
道を強調しながら /

domestic political battles still trump what
国内の政治の闘争がまだモノを負かす /

United Nations officials had hoped /
国連の役人たちが望んでいた /

would be a sense of global urgency. /
地球の緊急の感覚になるだろう /


In speech after speech, /
スピーチに次ぐスピーチにおいて /

presidents and prime ministers of countries large and small /
大きいそして小さい国々の大統領や首相は /

spoke with soaring promises /
高く上がる約束を持って語った /

about the importance of confronting the problem /
その問題に直面することの重要性について /

for future generations. /
将来の世代のために /

But when it came down to the nuts-and-bolts promises /
しかしそれがナットやボルトの約束に下がってくると /

of what they were prepared to do in the next decade, /
彼らが次の10年間にするために準備させられるモノの /

experts and analysts were disappointed /
専門家やアナリストは失望させられた /

that there were no bold new proposals, /
大胆な新しい提案がなかった /

particularly from the United States. /
米国からは特に /


A few leaders did make significant commitments.
少しのリーダーたちが意義のあるコミットメントをした /


Prime Minister Yukio Hatoyama of Japan, /
日本の鳩山由紀夫首相は /

who took office last week, /
先週オフィスに就いた /

said /
言った /

that his country would seek /
彼の国は求めるだろう

to cut greenhouse gas levels 25 percent, to 1990 levels, by 2020, /
2020年までに1990年レベルに対して温室ガスを25パーセント切ることを /

and that Japan would provide significant financial and technical aid /そして日本は意義のある財政的なそして技術的な支援を提供するだろう /

for green development. /
緑の開発のために /


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、鳩山首相も外交デビューを果たした国連の記事を。

■ trump

見出しにあるlagは「遅れる、立ち遅れる」ことで、lag behind〜で「〜よりも遅れる」。よく使われます。

make modest proposalsは「控えめな提案をする」なのですが、日本語なら「控えめな提案しかできなかった」と否定形で書くほうがフツウですよね。何しろ、「温暖化と闘うために控えめな提案をした」ですから。ここではforですが、前置詞(for)というのもクセモノなのです。

underscoreはunderlineと同義で「下線を引く」ですから、そこから「強調する」。これも英字新聞によく出てくる単語です。このwayは「状況、様子」といった感じでしょう。

trumpは「トランプ」ではなくて、「(トランプの)切り札」のことです。ここは動詞で、「(切り札・奥の手を出して相手を)負かす、勝つ」。英語で「トランプ」は(plaing)cardsです。

■ nuts-and-bolts

soaring promisesのsoarは「(鳥や飛行機が)高く上がる、舞い上がる、急上昇する」ですから、soaringで「(理想などが)遠大な、高邁な」

when it came down to the nuts-and-bolts promises of… は面白い表現ですね。このitは漠然とした状況を表します。nuts and boltsは「ナットとボルト」のことで、そこから「(物事や仕事の)基本、勘所、土台」を意味します。ここでは形容詞として使われています。nutには口語で「バカ」という意味もありまして、こちらは「木の実」のnutから来ているのかもしれません。

■ green development

greenhouse (effect) gasは「温室効果ガス」ですね。green developmentで「緑化に配慮した開発」。global warming(地球温暖化)、climate change(気候変動)ともども、いまや時事英語に必須の単語です。


【 日本の陸に上がってみると 】

国連総会、温暖化対策は後退する
( New York Times )

気候変動についての世界首脳会合のために国連に集まった各国の指導者たちは火曜日、この問題と闘うにしては控えめな提案をした。結局、各国が抱える国内の政治闘争には、国連当局が地球的規模での危機意識をと望んでいた問題も依然としてかなわないということを浮き彫りにした。

次々と続く演説の中で、大小の国々の大統領や首相は、将来世代のためにこの問題に取り組むことがいかに重要であるかを高邁な約束として語った。だが、次の10年間に行わなければならないことを具体的に約束する段になると、米国を筆頭に大胆な新提案が出されることもなく、専門家や評論家は失望した。

真剣に取り組んでいくと確約した指導者も多少はいた。

先週、政権に就いた日本の鳩山由紀夫首相は、日本は2020年までに1990年比で25パーセントの温室効果ガスの削減を追求し、緑化に配慮した開発のために財政および技術支援も大々的に提供すると述べた。


【 もう一度、泳ごう 】

Proposals Lag Behind Promises on Climate
( New York Times )

World leaders gathered here for a global summit meeting on climate change made modest proposals on Tuesday for combating the problem, underscoring the way domestic political battles still trump what United Nations officials had hoped would be a sense of global urgency.

In speech after speech, presidents and prime ministers of countries large and small spoke with soaring promises about the importance of confronting the problem for future generations. But when it came down to the nuts-and-bolts promises of what they were prepared to do in the next decade, experts and analysts were disappointed that there were no bold new proposals, particularly from the United States.

A few leaders did make significant commitments.

Prime Minister Yukio Hatoyama of Japan, who took office last week, said that his country would seek to cut greenhouse gas levels 25 percent, to 1990 levels, by 2020, and that Japan would provide significant financial and technical aid for green development.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/ybpuo7u


● 編集後記

実際の国連総会はどんなものなのかということを紹介した報道番組を見たのですが、持ち時間を無視して延々と演説する人がいたり、嫌いな国の代表による演説だったのか、途中で退席する人がいたりと、かなりルーズな会議だったのには驚きました。



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。