2009年04月20日

金融業界の失墜で、どんな職業が花形に?


With Finance Disgraced, Which Career Will Be King?
( New York Times )

In the Depression, smart college students flocked into civil
engineering to design the highway, bridge and dam-building projects of those days. In the Sputnik era, students poured into the sciences as America bet on technology to combat the cold war Communist challenge. Yes, the jobs beckoned and the pay was good. But those careers, in their day, had other perks: respect and self-esteem.

Today, the financial crisis and the economic downturn are likely to alter drastically the career paths of future years. The contours of the shift are still in flux, in part because there is so much uncertainty about the shape of the economic landscape and the job market ahead.

But choosing a career is a guess about the future in which economics is only part of the calculation. Prestige, peer expectations and the climate of public opinion also matter. And early indications suggest new career directions that are tethered less to the dream of an immediate six-figure paycheck on Wall Street than to the demands of a new public agenda to solve the nation’s problems.


【 まずは準備運動 】

・flock 群れ、群がる
・beckon 手招きする、合図する
・esteem 貴ぶ、重んじる、尊敬
・contour 輪郭、等高線
・flux 不安定さ、流動
・indication 指示、兆候



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

In the Depression, /
大恐慌時代に /

smart college students flocked into civil engineering /
利口な大学生は土木工学に群がっていった /

to design the highway, bridge and dam-building projects /
幹線道路や橋やダム建設のプロジェクトをデザインするために /

of those days. /
その時代の /

In the Sputnik era, /
スプートニクの時代に /

students poured into the sciences /
学生たちは科学に注いでいった /

as America bet on technology /
アメリカがテクノロジーに賭けていたので /

to combat the cold war Communist challenge. /
冷戦の共産主義圏の挑戦と戦うために /

Yes, the jobs beckoned and the pay was good. /
そう仕事は手招きしたし給料も良かった /

But those careers, in their day, /
しかしそうしたキャリアはその時代に /

had other perks: /
他の特典も持っていた /

respect and self-esteem. /
尊敬と自負心 /


Today, the financial crisis and the economic downturn /
今日金融危機と経済下降は /

are likely to alter drastically the career paths of future years. /
将来の時代のキャリアの道を大々的に変えそうだ /

The contours of the shift are still in flux, /
その変更の輪郭はまだ流動の中にある /

in part /
部分において /

because there is so much uncertainty /
あまりにも大きな不確かさがあるから /

about the shape of the economic landscape and the job market ahead. /
前方の経済の風景と労働市場の形について /


But choosing a career is a guess about the future /
キャリアを選ぶことは将来についての推測だ /

in which economics is only part of the calculation. /
その中で経済学は計算のただの一部だ /

Prestige, peer expectations and the climate of public opinion /
信望や同輩の期待や世論の風潮は /

also matter. /
また重要だ /

And early indications suggest new career directions /
そして早い兆候は新しいキャリアの方向を示唆している /

that are tethered less /
より少なくつなげられている /

to the dream of an immediate six-figure paycheck on Wall Street /
ウォール街での即座の6ケタの給料の夢に

than to the demands of a new public agenda /
新しい公共的な議題の要求によりも /

to solve the nation’s problems. /
国の問題を解決するための /


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、米国の若者たちの就職戦線異状あり、という記事を。

■ Depression

動詞のdepressは「押し下げる、低下させる」で、転じて経済活動や心の状態にも使われます。depression で「不景気、恐慌、うつ病」。

ただ、記事はthe Depressionですから、1929年のニューヨークの株式大暴落から始まった「世界大恐慌」を指しています。そして、highway, bridge and
dam-building projectsというのが、ルーズベルト大統領のニューディール政策による公共事業のことなのでしょう。

Sputnikは、ソ連が世界で初めて打ち上げに成功した人工衛星です。これに米国が衝撃を受けて、ソ連に対抗して宇宙開発に本格的に乗り出したというわけです。

それから、最初のsmart college studentsは「スマート(やせている)な大学生」ではなくて「賢明な(利口な)大学生」ですので改めて確認。やせている場合は、slimやslenderです。

■ career

最近「キャリアウーマン」は耳にしませんが、careerはもう日本語になっていますね。「身を立てる道、職業(人生)、経歴」。career home runsと言えば、「(生涯)通算ホームラン」です。「キャリアアップ」は和製英語で、正しくは、develop (improve、enhance)one's careerかと思います。

perkは、正しくはperquisiteで、「(通常の給料以外にもらえる)手当て、特典」のことです。一般的にperkで通っています。

■ matter

「事柄、問題、物質」のmatterは動詞で「重要だ、重要な問題だ」という意味になります。

prestigeは「威信、名声」といった訳語が出ていますが、要するに、何らかの仕事の達成などによって社会的に高く評価されることなのでしょう。

peer expectationsのpeerは「同輩、同僚」で、身分や地位や年齢などが同じ人のことを指します。peer pressureという言葉がありますね。周囲から浮いてしまわないように同じように振舞わないといけないという、仲間内での「同調圧力」のことです。

「気候、風土」のclimateは、人間社会や時代の「風潮、思潮」の意味でも用います。

最後の一文は訳すのに苦労しました。動物をつなぐ「縄、鎖(でつなぐ)」を意味するtetherのゆえで、ニュアンスを含ませることができませんでした。英語は、即物的な単語を組み合わせて新しい意味を生み出すのに長けていると言われます。それにしても、「一場の夢」なども情緒的すぎてヘンです^^;

最後に、ドルのsix-figure(6ケタ)は米国での高給取りの代名詞として使われる数字です。six-figure incomeなどと言います。年収数10万ドルです。


【 日本の陸に上がってみると 】

金融業界の失墜で、どんな職業が花形に?
( New York Times )

世界大恐慌の時代、優秀な大学生たちは土木工学の分野に群がった。当時の道路や橋、ダム建設計画を考案するためだ。スプートニクの時代には、科学に押し寄せた。米国全体がテクノロジーに賭け、冷戦下の共産圏からの挑戦に立ち向かおうとしていたからだ。そう、仕事は向こうから手招きし、給料もよかった。しかも、そうしたキャリアには今と違って他にも特典があった。尊敬と自負心だ。

今日の金融危機と景気の低迷によって、将来を見据えたキャリアの道は大幅に変わりそうだ。この転換の輪郭がいまだおぼろげなのは、ひとつには経済や労働市場の先行きがあまりにも不確かだからだ。

だが、キャリアを選ぶことは将来について推測することでもあり、その中で経済はひとつの関数に過ぎない。ステータスや同世代の期待、世論の風潮もまた大きく関わってくる。そして早くも現れてきた兆候によれば、これからのキャリアの関心は、一場の夢のようにウォール街で6桁の給料を稼ぎ出すことにではなく、新たな公共的な課題の求めに応じて国内の問題を解決する仕事に向けられている。


【 もう一度、泳ごう 】

With Finance Disgraced, Which Career Will Be King?
( New York Times )

In the Depression, smart college students flocked into civil
engineering to design the highway, bridge and dam-building projects of those days. In the Sputnik era, students poured into the sciences as America bet on technology to combat the cold war Communist challenge. Yes, the jobs beckoned and the pay was good. But those careers, in their day, had other perks: respect and self-esteem.

Today, the financial crisis and the economic downturn are likely to alter drastically the career paths of future years. The contours of the shift are still in flux, in part because there is so much uncertainty about the shape of the economic landscape and the job market ahead.

But choosing a career is a guess about the future in which economics is only part of the calculation. Prestige, peer expectations and the climate of public opinion also matter. And early indications suggest new career directions that are tethered less to the dream of an immediate six-figure paycheck on Wall Street than to the demands of a new public agenda to solve the nation’s problems.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/ctjvax


● 編集後記

「読者さんの本棚」はご存知ですか?
このメルマガを気に入ってくれた方はぜひ <(_ _)>
    ↓ ↓ ↓
http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.html



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国−社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117826414
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。