2009年04月13日

酒飲みの赤ら顔はガンの合図


Drinkers’ Red Face May Signal Cancer Risk
( New York Times )

People whose faces turn red when they drink alcohol may be facing more than embarrassment. The flushing may indicate an increased risk for a deadly throat cancer, researchers report.

The flushing response, which may be accompanied by nausea and a rapid heartbeat, is caused mainly by an inherited deficiency in an enzyme called ALDH2, a trait shared by more than a third of people of East Asian ancestry ― Japanese, Chinese or Koreans. As little as half a bottle of beer can trigger the reaction.

The deficiency results in problems in metabolizing alcohol, leading to an accumulation in the body of a toxin called acetaldehyde. People with two copies of the gene responsible have such unpleasant reactions that they are unable to consume large amounts of alcohol. This aversion actually protects them against the increased risk for cancer.

But those with only one copy can develop a tolerance to acetaldehyde and become heavy drinkers.


【 まずは準備運動 】

・nausea 吐き気、むかつき
・enzyme 酵素
・trait 特色、特徴
・accumulation 集積、蓄積
・toxin 毒素
・aversion 反感、嫌悪



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

People whose faces turn red /
その顔が赤くなる人々は /

when they drink alcohol /
彼らがアルコールを飲むときに /

may be facing more than embarrassment. /
困惑よりも大きなものに直面していくかもしれない /

The flushing may indicate an increased risk /
フラッシングは増大したリスクを示すかもしれない /

for a deadly throat cancer, /
致死的なのどガンに対する /

researchers report. /
研究者たちは報告する /


The flushing response, /
フラッシング反応は /

which may be accompanied by nausea and a rapid heartbeat, /
吐き気や急速な鼓動によって伴われるかもしれない /

is caused mainly /
主に引き起こされる /

by an inherited deficiency /
遺伝で受け継がれた欠損によって /

in an enzyme called ALDH2, /
ALDH2と呼ばれる酵素において /

a trait /
特徴 /

shared by more than a third of people of East Asian ancestry ― /
東アジア系の3分の1以上の人々によって共有される /

Japanese, Chinese or Koreans. /
日本人と中国人と朝鮮人 /

As little as half a bottle of beer /
ボトル半分ほどの少ないビールが /

can trigger the reaction. /
その反応の引き金を引きうる /


The deficiency results in problems /
その欠損は結果として問題になる /

in metabolizing alcohol, /
アルコールを代謝することにおいて /

leading to an accumulation in the body /
体の中での蓄積につながる /

of a toxin called acetaldehyde. /
アセトアルデヒドと呼ばれる毒素の /

People with two copies of the gene responsible /
原因である遺伝子の2つのコピーを持った人々は /

have such unpleasant reactions /
そのような不快な反応を持つので /

that they are unable to consume large amounts of alcohol. /
彼らは大量のアルコールを消費することができない /

This aversion actually protects them /
この嫌悪が実際に彼らを保護する /

against the increased risk for cancer. /
がんに対する増大したリスクに対して /


But those with only one copy /
だが1つのコピーだけ持つ人々は /

can develop a tolerance to acetaldehyde /
アセトアルデヒドへの耐性を発達させうる /

and become heavy drinkers. /
そして大酒飲みになりうる /


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、個人的にも大変気になる話題を。

■ red

turn redで「顔が赤くなる」。病気や恐怖で「青くなる」場合は、turn blueかと言えばそうではなくて、turn pale、またはturn whiteです。欧米人は白くなるのです。

redを使った成句としては、red-handed(現行犯の・で)、red tape(官僚的な、形式的な、お役所的な)などがあります。英字新聞を読むのに覚えておくといいですよ。

お酒を飲んで顔が赤くなる現象を、flushing responseと言うのですね。blushという語も「赤面(する」です。flushはおトイレのお水ジャ〜のことも指します。flush toiletで「水洗トイレ」。

カメラの「フラッシュ」は、一語違いのflashですので要注意。ちなみに、ヘンなものちらっと見せてダ〜と逃げていくヘンタイさんのことを、flasherと言ったりします。

■ ancestry

今回の英文にも、読解問題に出題されそうな単語がたくさん出てきます。
inheritは「遺伝で受け継ぐ、相続する」、deficiencyは「欠乏、欠陥、欠損」。

ancestryは集合的に「祖先、先祖、家系」で、個々の先祖を言う場合は
ancestorで、その反対の「子孫」がdescendantです。

■ metabolize

最近はやりの「メタボ」ですが、正式にはメタボリック・シンドローム
(metabolic syndrome)。metabolismで「新陳代謝、代謝作用」、その動詞がmetabolizeで「(新陳)代謝する・させる」。念のため、メタボリック・シンドローム(代謝症候群)とは、「内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態」(ウィキペディア)とのことです。

People with two copies of the gene responsibleという部分はちょっと分かりにくいでしょうか。つまり、ALDH2の欠損の原因となる(responsible)遺伝子のコピーを両親から2個(two copies of the gene)受け継いだ人々ということです。

■ tolerance

toleranceは「寛容、寛大、我慢、忍耐」で、そこから、毒物などに対する「耐性」という意味もあります。反対語のintolerance、形容詞のtolerantなどもよく使われます。


【 日本の陸に上がってみると 】

酒飲みの赤ら顔はガンの合図
( New York Times )

酒を飲んで顔が赤くなる人は、そのうち狼狽で青くなるかもしれない。赤面は咽喉ガンで死亡するリスクが高いことを示す兆候かもしれないと、研究者らが報告した。

フラッシング(赤面)反応と、それに伴うことが多い吐き気や脈拍の上昇は、主にALDH2と呼ばれる酵素の遺伝的な欠損に起因する。これは東アジア系の人々、つまり日本人、中国人、あるいは朝鮮人の3分の1以上に共通する特徴で、彼らはわずか瓶半分ほどのビールでもこの反応を引き起こす。

ALDH2の欠損はアルコール代謝の弊害をもたらし、その結果、アセトアルデヒドと呼ばれる有毒物質が体内に蓄積される。原因遺伝子のコピーを2個持った人は、こうした不快な反応があるためアルコールの大量摂取ができない。実際、この嫌悪のおかげで彼らはガンのリスクの上昇から守られている。

だが、遺伝子のコピーを1個しか持たない人はアセトアルデヒドへの耐性ができ、酒が大量に飲めるようになってしまう。


【 もう一度、泳ごう 】

Drinkers’ Red Face May Signal Cancer Risk
( New York Times )

People whose faces turn red when they drink alcohol may be facing more than embarrassment. The flushing may indicate an increased risk for a deadly throat cancer, researchers report.

The flushing response, which may be accompanied by nausea and a rapid heartbeat, is caused mainly by an inherited deficiency in an enzyme called ALDH2, a trait shared by more than a third of people of East Asian ancestry ― Japanese, Chinese or Koreans. As little as half a bottle of beer can trigger the reaction.

The deficiency results in problems in metabolizing alcohol, leading to an accumulation in the body of a toxin called acetaldehyde. People with two copies of the gene responsible have such unpleasant reactions that they are unable to consume large amounts of alcohol. This aversion actually protects them against the increased risk for cancer.

But those with only one copy can develop a tolerance to acetaldehyde and become heavy drinkers.


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/c2pyq4


● 編集後記

ビールと焼酎、お酒はよく飲みます。顔も赤くなります。う〜む・・・。



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117405862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。