2008年12月22日

誘拐事件の専門家がメキシコで誘拐される


Kidnapping Negotiator Is Now a Victim in Mexico
( New York Times )

An American security consultant who has helped negotiate the release of scores of kidnapping victims in Latin America was himself kidnapped last week in northern Mexico after delivering a seminar there on how to avoid that fate, officials said Monday.

The F.B.I. and Mexican law enforcement officials are investigating the abduction, which took place Wednesday evening in Saltillo, an industrial city a three-hour drive from the Texas border.

“I do a lot of security consulting, and the last thing I think of is being a victim in the process,” said Jon M. French, a former State Department official who runs his own security company in Mexico City, Problem Solvers. “Talk about turning the tables.”


【 まずは準備運動 】

・negotiate 交渉する、協定する
・victim 犠牲(者)、被害者
・avoid 避ける、逃れる
・investigate 調査する、捜査する



【 泳ぐときには息継ぎしなくちゃ 】

An American security consultant /
アメリカ人の保安コンサルタントが /

who has helped negotiate the release /
解放を交渉するのを助けてきた /

of scores of kidnapping victims in Latin America /
ラテンアメリカでの多数の誘拐の被害者の /

was himself kidnapped last week in northern Mexico /
彼自身北部メキシコで先週誘拐された /

after delivering a seminar there /
そこでセミナーを投げたあとで /

on how to avoid that fate, /
その運命を逃れる方法についての /

officials said Monday. /
当局者たちは月曜日に言った /


The F.B.I. and Mexican law enforcement officials /
FBIとメキシコの法執行当局は /

are investigating the abduction, /
誘拐を調査している /

which took place Wednesday evening /
水曜日の夕方に起きた /

in Saltillo, /
サルティージョで /

an industrial city a three-hour drive from the Texas border. /
テキサスの境界から3時間のドライブの工業都市 /


“I do a lot of security consulting, /
私はたくさんの保安コンサルティングをする /

and the last thing I think of /
そして私が考える最後のことは /

is being a victim in the process,” /
その過程で被害者になることだ /

said Jon M. French, /
ジョン・M・フレンチは言った /

a former State Department official /
元国務省職員 /

who runs his own security company in Mexico City, /
メキシコシティーで彼自身の保安会社を経営している /

Problem Solvers./
プロブレムソルバーズ /

“Talk about turning the tables.”/
テーブルを引っくり返すことについて話せ /


【 英語ってどんな海? 】

というわけで今回は、無事に救出されることを祈るばかりですが、ちょっと皮肉な事件を。

■ deliver a seminar

名詞のdelivery(デリバリー)でおなじみのdeliverは「配達する」だけでなく、「(意見を)述べる、(演説)する、(評決を)下す、(約束・願望を)果たす、(ボールを)投げる、救う、出産する」等、いろいろな意味があります。

ここはdeliver a lecture(講義をする)に類する表現です。partyも投げることができて、throw a partyで「パーティを開く」

law enforcementは「法の執行・実施」ですが、要するにpolice(警察)のことです。「警察権力」っていう感じでしょうね。

「誘拐」のabductionやkidnappingは、北朝鮮の拉致問題を報じる記事でよく目にしましたから、覚えていますね!

■ a three-hour drive from・・・

これは「・・・から車で3時間の距離」ということです。意味の担い手として名詞が力持ちな英語は、こうした言い方も大好きです。

The station is ten minutes' walk from my house.
(駅は私の家から歩いて10分です)

■ the last thing

これなどもよく使われる英語的な表現です。「最後のこと」、転じて「最もしそうにないこと、最も不適切なこと」といった感じです。

Taro is the last person I want to see.
(タロウは私が最も会いたくない人物だ)

・・・アソウさんかしら。

また英語には、日本語からすると否定的な内容を肯定文で表すという傾向がありますね。

My wallet's gone!
(私の財布が行った!→財布がない!)

Remember Pearl Harbor.
(真珠湾を覚えていろ→真珠湾を忘れるな)

■ Talk about・・・

直訳すれば「・・・について話せ」ですが、反語的な表現なのでしょう。意味は「・・・とはまさにこのことだ」。これと似ているのか、似ていないのか、口語にはこんな言い方もあります。自分が望んでいたことなどをついに相手が飲んでくれるという話になって、

Now you are talking!

「今やあなたは話している!」。どういうことかと言うと、「そう来なくっちゃ!」なのです。

turn the tablesは、直訳すれば「テーブルを引っくり返す」(常に複数形のようですが)で、星飛雄馬のお父さんが得意としていた行動です・・・って、古いかな。意味は「形勢を逆転する、主客を転倒する」です。


【 日本の陸に上がってみると 】

誘拐事件の専門家がメキシコで誘拐される
( New York Times )

中南米で多発する人質誘拐事件の犠牲者の解放交渉に協力してきた米国の保安コンサルタントが先週、メキシコ北部で誘拐された。そうした巡り合わせからいかに逃れるかについてのセミナーを現地で開いた後での出来事だったと、月曜日、当局は述べた。

FBIとメキシコ警察が調査中のこの事件は水曜日の夕方、テキサス州との境界線から車で3時間の工業都市サルティージョで起きた。

「私は数多くの保安コンサルティングを手がけているが、いつの間にか自分がその被害者になっているだなんて想像もしたくない」と話すのは、元国務省の職員で現在はメキシコシティーで保安会社プロブレム・ソルバーズを経営するジョン・M・フレンチさんだ。「まさか、それが実際に起こるとは」


【 もう一度、泳ごう 】

Kidnapping Negotiator Is Now a Victim in Mexico
( New York Times )

An American security consultant who has helped negotiate the release of scores of kidnapping victims in Latin America was himself kidnapped last week in northern Mexico after delivering a seminar there on how to avoid that fate, officials said Monday.

The F.B.I. and Mexican law enforcement officials are investigating the abduction, which took place Wednesday evening in Saltillo, an industrial city a three-hour drive from the Texas border.

“I do a lot of security consulting, and the last thing I think of is being a victim in the process,” said Jon M. French, a former State Department official who runs his own security company in Mexico City, Problem Solvers. “Talk about turning the tables.”


● 続き? 後は自力で英語の大海へ泳ぎ出そう。溺れても命は取られないからダイジョーV!
(古っ)
 ↓ ↓ ↓
http://tinyurl.com/65nppb


● 編集後記

昨夜はM-1グランプリで大いに笑わせてもらいました。最近のお笑いは、昔に比べて高度になっているような気がします。個人的にはナイツがいちばん面白かったんだけどなあ。



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。